toggle
運勢
2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(九紫火星)

九紫火星(運勢パワー ☆☆★)

今月(6/5〜7/6)の九紫火星はつらいひと月になる。
それでも、運勢はまずまずだから不安になりたくない。
特に心配なのは体調面で、今月頭痛・発熱などを起こせばかなり辛い。
休息を十分に取るようにしたい。

また人間関係や金銭面にも不安あり。
ただし、長くは続かないから、安心したい。
目上とのトラブルは避けたい。

また、今月はどうも勘が冴えない。
九紫火星は直感が九星の中で最も鋭い。
いつも周囲にアンテナを張り巡らせるからだろう。
脳は常にフル回転しているから、その分疲れる。

その九紫火星が今月はどうしたことか判断を間違える。
特に新規事業に打って出るのは反対で、新しい動きや希望はことごとく潰される。
無理に進めようとすると、隠れいていた事実が次々と表に出て、トラブルを引き起こす。
だから、今月は攻めではなく守りの姿勢で生きたいのだ。

九紫火星はもともと南を本籍地に持つ星だ。
真昼の太陽を表す星でもある。
だから、沈むことを考えない。
寒さも大嫌いで、冬が無くなれば良いとさえ考えている人もいるだろう。

だが、太陽が沈まなければ、人間はいつ休めば良いのだろうか?
冬が来なければ、日本の美しい四季はあり得ない。

九紫火星は太陽で輝いているけれど、それにより出来る影には想いを寄せない。
その影により救われている人もたくさんいるのにも関わらず。

今月はその九紫火星が影に入る。
ならばどう過ごそうか?

今月のポイントは「謙虚さ」だろう。
外ではなく内。
陽ではなく陰。
今まで自分に身についていなかった考え方を身につけるチャンスでもあるのだ。

そしてその姿勢を見て、周囲に人が集まってくるだろう。
つまり、つらさによって、救いが来るという事実を知ることだ。
チャンスというのはピンチの顔をしてやってくるもの。

そして、今月集まった人たちは、自分よりも遥かにレベルの高い人達だ。
そういった人たちが、九紫火星がの周りに集まり、九紫火星の号令を待ってくれる。
こんな嬉しいことは無いだろう。

だから、今月は不満を持たないこと。
そして、集まってくれた人々に感謝を。
そういう意味では飲みニケーションも大賛成。
感謝を表しながら、心を通わせたい。

九紫火星はお腹が冷える人が多い。
ワンタンスープで身体を温めよう。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(八白土星)

八白土星(運勢パワー ☆☆★)

今月(6/5〜7/6)の八白土星は今月も停滞のひと月。
物事が思ったように進まない。
それでイラつくこともあるだろうが、今月は我慢だ。

太陽の光が眩しい季節になった。
同時に、自身の周囲にある問題もよく見えるはずだ。
どうやら、この問題、八白土星が解決するしかない。

つまりこの停滞感は、八白土星の気づかなかった問題に気づかせ、解決へと向かわせるお手配なのだと思う。
忙しいときには見えなかった自分自身の心の動きが、今月の停滞によって明確に見えてくる。
外が動かなかったときほど、中がよく見える。
この陰陽の働きに感謝のひと月だろう。

それでも悩んだときは、母の元に走りたい。
特に用事が無くても構わない。
先方に用事があることだってある。
そういう意味でも、やはり今月は「内面」に目を向けるひと月なのだ。

また、組織の内部、つまり上下の関係性も見直しておくこと。
物事は陰と陽、上と下があって初めて成り立つ。
組織というのは必ず階段のようになっている。
上下の連絡が上手く進まなければ、この問題は解決は不可能だろう。

また、今月は感情を爆発させないように。
急に頭に血が昇るような感覚が出る。
そのときも、グッと我慢したい。

口を閉じていると、そのうち意見を求められる。
そのときに初めて口を開こう。
実は周囲は八白土星をとても頼りにしていて、期待している。

大事なのは、口を開くべきときに開き、そうでなければ閉じておくこと。
八白土星は閉じるのは得意だが、開くのが苦手だ。
今月は口を開くチャンスを見逃さないように。
それも、止まっていて初めて見えることなのだ。

この停滞の中での過ごし方は、秋頃には芽を出す。
その光を信じて、今月を乗り切りたい。

ピーマンにソーセージとチーズを乗せて。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(七赤金星)

七赤金星(運勢パワー ☆☆★)

今月(5/5〜6/4)の七赤金星は転換期に入る。
環境や人間関係は整っているから、楽しくひと月を過ごすと思う。
体調も悪くないけど、油断すると風邪を引いたり、病気になったりする。
それが原因で、周囲との関係が悪くなることもあり得るから、十分に注意しておきたい。

それにしても、良いひと月だ。
なによりも、精神状態が良いのだろう。
だから、毎日がとても楽しい。

ただし、仕事ではかなりの重圧を経験する。
七赤金星は割りと心が軽い星だけど、今月は責任が思い。
心が遊びに向かっても、後ろ髪を引っ張られるような、そんな感覚があると思う。

どうやら今、自分は周囲に大きな期待を持たれている。
それが何とも息苦しく感じる。
だけども仕方ない。
これは天のはからいと思って、荷物を背負い続けて歩むしかない。

今、後退を考えてはいけない。
荷物を背負ったまま、前を向くしかない。
天は出来る人にしか試練を与えない。
脳は自分のキャパシティの中でしか、悩みを感知しない。

荷物で足元から崩れそうになる。
でも大丈夫。
ここまで歩んできたのだから、崩れることはない。

すると、この荷物、自分で選んで背負ったことに気づく。
これは使命なのだと思う。
正直、ちょっと荷物を背負いすぎた。
実力を越えている気がする。
でも、苦しければ、周囲に手伝ってもらえば良い。
周りで「それは背負いすぎだ」と笑う人がいても、これは自分の使命なのだから、何と言われても構わない。
自分の命を生きれるのは、自分しかいないではないか。

「世の人は 我を何とも 言わば言え 我成すことは 我のみぞ知る」

こんな坂本龍馬のような心境だろう。
この苦境は必ず成果に直結してくる。
途中で道中を歩むの止めないように。

その中で新しい動きが起こる。
それは最初は小さくても大きな動きになるから、楽しみだ。

ごぼ天うどんが最高。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(六白金星)

六白金星(運勢パワー☆☆★)

今月(6/5〜7/6)の六白金星は楽しいひと月だ。
仕事も忙しく、よく電話も鳴る。
また、その電話の中には飲み会の誘いなどもあり、スケジュールのやりくりが大変だ。
でも、出来るだけ前向きに参加したい。

今月は忙しさの中を無心で生活したい。
下手な計算は厳禁だ。
いつしか、人の世は計算だらけになってしまった。

地域の有志の会合に参加しているとき、他の参加者から

「商売してるなら、名刺とチラシ持っておいでよ」

と言われた。
別に商売のために参加しているのではない。
広告活動は、地域の活動とは何ら関係ない。

ところが、参加者の一部の商売人は、その会合を営業活動ととらえ、広告活動に余念が無かった。
そういったさもしい計算にうんざりした。
それ以降、僕のその会合への参加の頻度は下がった。

いつも人の世は計算だらけだ。
だから、いつも心には疑惑の念が起こり、相手を信用せずに生きていく。
そんな生き方は、今月の六白金星にふさわしくない。

もっと心をオープンにして、すっからかんな心で人と向き合いたい。
それは人を、そして、我々を包む宇宙を信頼することだろう。
それが大事だと、易は語る。

一方で、自分の周囲には対立がたくさん起こっている。
離婚問題や、労働問題。
様々な対立に巻き込まれないように。
契約などもまとまりにくい日々が続くが、感情的にならないように。

この現状は六白金星に原因があるのではない。
また、環境のせいでもない。
誰のせいでもないから、解決などしようとする必要はない。
これも宇宙の働きと、慌てず焦らずに推移を見守りたい。

天の働きを無心に受け取るひと月。
我々が出来ることは、無心に努力することだけ。

レモンソーダにアイスを乗せて。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(五黄土星)

五黄土星(運勢パワー ☆☆☆)

今月(6/5〜7/6)の五黄土星は再び忙しい生活に入る。
ただし、今月の忙しさはどうも納得がいかない。
あまり成果につながるとは思えないし、何より五黄土星は自分のタイミングで生きる星だから、指示を好まない。

その五黄土星に今月は、細やかな用事がたくさん舞い込んでくる。
どれもやりたくないことばかりだろうけど、不満を持たずに生活したい。
何だか自分だけ損している気になるけれども、そういった陰と陽のバランスで世の中が回るのだから、おろそかにしたくない。

個人事業主だとしたら、集まりに呼ばれたり、協働の仕事が立ち上がったりする。
サラリーマンだとしても、新しいプロジェクトチームに参加させられたりする。
メンバーの顔を見渡すと、

「なんで自分がこの人達と・・・」

と思う人もいるだろうが、ここは我慢だろう。
それが必ず吉になるから、安心して乗りたい。
場合によっては、チームリーダーに抜擢される。
最大の成果を出せるように、最善を尽くすこと。

それでも、今月は非常に運勢が強い。
運勢をさらに強めるなら、自分の足元を支えて下さる方との時間をたくさん取ること。
家に帰って、家族と食卓を囲んだり。
早めに仕事を切り上げて、部下やチームスタッフと食事に行くのも良いだろう。
自分が一人ではないこと。
それを確認しながら、一歩ずつ着実に成果を目指して歩み続ける。
そんな我慢と根気と協調が大事なひと月。

同時に今月は、迷いのひと月でもある。
自分のキャリアか、家族の進路か?
何かしら心迷う場面に遭遇する。
事業をしている人は、事業の転換期が来るのかもしれない。

そういった事態に遭遇しても、五黄土星は強い。
動じない本来の実力を存分に発揮して、解決に当たりたい。

餡子餅が大吉。

 

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(四緑木星)

四緑木星(運勢パワー ☆☆★)

今月(6/5〜7/6)の四緑木星は落ち着いて周囲を見渡したいひと月になる。
先月までのように、飛び跳ねるときではない。
どっかり腰を据えて、周りの人々に動いてもらおう。

閉塞感を感じるひと月で、体調面も少し心配。
夏風邪が流行る時期でもあるから、体調管理はしっかりと。
今年は全国的に平年よりも気温が高いらしい。
エアコンをつけっぱなしで寝るなどしないように。

閉塞感を感じるとはいえ、今月は今までの積年の課題が解決に向かうひと月でもある。
だから、暗くなる必要はない。
今月の四緑木星にとって、明るい表情は何よりも大吉だから、それを忘れないように。

ただし、問題が解決に向かうために知っておきたいことがある。
それは、この問題解決のチャンスは向こうからやってくる。
つまり、チャンスの船が来るということで、それに乗らなければ何もならない。

また、そのチャンスの船は一体誰が運転して来てくれたのだろうか?
今までお世話になった方々に感謝を伝えるひと月としたい。
そして、同時にお墓参りや、年始に参拝した神社にお礼参りに足を運びたい。

人間は一人で生きなければならない。
でも、人間は一人で生きることは出来ない。
自力と他力の絶妙な呼吸を知るひと月としよう。

プライベートでは喜びが多いときでもある。
出費も多いが、あまり困窮感はないはずだ。
だから、少し早めに夏休みをとって、出かけるのも悪くない。
友人たちを誘って、川下りやライン下りなんかも最高だ。
ただし、独身であれば、火遊びには気をつけること。

今月はお金を使うことは全て吉になる。
ただし、それは自分のための出費でなく、周囲を喜ばせるための出費だ。
不安感、閉塞感、楽しみ。
様々な感情を楽しみつつ、周囲に喜びを与え、問題解決のきっかけを見逃さないように。
実力が試されるひと月だ。

アジのチーズ焼きが美味しい。

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(三碧木星)

三碧木星(運勢パワー ☆☆☆)

今月(6/5〜7/6)の三碧木星は先月よりさらに運勢が強い。
今年は大勝負に出られない一年。
だけど今月は勝負して吉。
7月〜9月にかけて仮吉方を考えている三碧木星はかなり運勢は強いだろう。
思い切って、勝負したいひと月だ。

この勝負、早く決着をつけたい。
少なくとも、早めに着手をしたい。
この高運気は長くは続かないことを知っておこう。

そして、今月は明るさを失わないこと。
今月は驚くようなトラブルが多い。
そのトラブルによって、心を暗くしないこと。
トラブルや障害を喜んで受け入れる姿勢を天は支持しているのだ。

今は心に不安を持つ必要はない。
トラブルがあっても、退く必要はない。
いつも前を向いて、発展的に物事を考えたい時期なのだ。
それは三碧木星にとって、得意なところだろう。
だから、今月の三碧木星の活躍には大注目なのだ。

ただし、今月は感情的にならないように。
対立は絶対にNGだ。
また、選択を慎重に。
優先順位をしっかりと考えて生活したい。

トラブルは多いといえども、今月の三碧木星はやっぱり運勢は盛大だ。
それは、おそらく陰で支えてくれている実力者のおかげだ。
家では主人に感謝。
仕事は上司に感謝。
自分を支えてくれる存在は前に出てこない。
だからこそ、三碧木星がそれに気づけて、感謝の気持ちと言葉を伝えると、この高運気はさらに加速する。

エビ天きしめんが大吉。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(二黒土星)

二黒土星(運勢パワー ☆☆★)

今月(6/5〜7/6)の二黒土星は運勢が強い。
心もやる気に満ちていて、夏を迎えるにふさわしい精神状態だ。
朝から軽やかに生活しているだろう。

そんな二黒土星だが、今月は言葉に気をつけたい。
元々二黒土星は軽々しい星ではないけれど、なぜだか今月は言葉の使い方でトラブルがでる。
それは、おそらく社会的活動においてだから、特に仕事の報連相は丁寧にすることだ。
丁寧かどうかは、先方が決めることだから、自分が「出来ている」などと慢心しないこと。
特に早番と遅番のある職業などにいる場合、業務の引き継ぎは丁寧すぎるほどに丁寧に。

また、今月は出費も多い。
金の使い方に、人間性が出る。
私的な支出を経費で落とそうなどとはしないこと。
また、飲み会などの割り勘で損だ得だ、などと考えないこと。

僕が支払えば、相手が豊かになっている。
つまり、「支出」というのは、相手を富ませる行為なのだから、気持ちよく行いたい。
それを忘れずに、気持ちよい出費を行うように。
もちろん、無駄遣いを奨励している訳ではない。

お金というのは、稼ぐよりも使うほうが難しい。
だから、人は貯蓄に走りがちだけど、易の地山謙はそれは違うと説く。
水が上から下に流れるように、金も多い方から少ない方に流れるもの。
流すためには、稼ぐ必要があり、それには大きな努力が欠かせない。
だから、お金を使える人ほど、収入はさらに高まる。
「生活が出来るように、このくらいあれば良い」という考え方は、一方で成長をとめる原因になりかねない。
お金だけが全てではないが、お金から目をそむける生き方も奨励できない。

だからこそ、お金の使い方にこだわりたい。
どこに何をどのくらい投資するのか?
それによって、必要な収入が決まり、努力の程度も決まる。
お金を使うということは、必ず自己の成長が求められる。
より高い目標を設定し、それに向けた道のりを歩み出したいひと月。

また、親族を含めた人間関係を今一度見直したい。
今月は特に人間関係でトラブルが起きやすい。
金の貸し借りにも十分気をつけること。
詐欺に会ったりもしやすいから、オイシイ話に食いつかないこと。

牛肉をポン酢でさっぱりと頂いて。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-06-01 | 運勢

2017年6月の運勢(一白水星)

一白水星(運勢パワー☆☆★)

今月(6/5〜7/6)の一白水星は体調は回復。
どうやら、最低運気は抜けたらしい。
仕事の依頼も増えてきた。

ところが、今月はささやかな仕事が重なる。
やりたいことばかりではないから、気持ちも滅入る。
それでも、人間生活でやりたくないことを排除することほど可能性を失うことはない。
それが積み重なって、大事に至る。
何よりも、細事をこなしてこそ身につく人間性の向上がもっとも重要だろう。

また、遠方との取引も増える。
だいたい整った内容だから、積極的に仕事を受けたい。

一白水星の最も重要な人生の課題は、自己評価を高めることだろう。

「私には、そんな話もったいない」
「私には、そんな大きな仕事は受けられない」

こういう精神で、いったいどれほどのチャンスを逃してきたのか?
そろそろ不幸のスパイラルから抜け出したほうが良い。
今月はそのチャンスに来ているのだ。

人間には節度というものがある。
「分を越える」という言葉があるが、越えないことが節度と思い込んでいる一白水星は多い。
そうではないと易は語る。

大事なのは、努力をせずに分を越えようとしてはならないということだ。
人はどうしても、楽をして成果を上げたがる。
それでは、分を越えていくことは出来ない。
本当は自分に実力があり、もうちょっと努力すれば届くのに、その努力を厭い、自分に実力が無いかのように振る舞う。
それでは、本当の幸せにたどり着くのは難しいだろう。

努力を値引きしようとせず、自分の可能性の節度を守るのではなく、越えていきたい。
そして、「節」を越えるには必ず苦労がつきまとう。
どうやら、天は一白水星にさらなる努力を今月求めている。

人によっては、縁談が起こる。
とても良い内容だろうから、この話、乗ってみたい。
自分の好みのタイプじゃないとしても、一度会ってみよう。
相手は変わらない。
自分の受け取り方は変えられる。
変化できる人こそ、豊かになれる人だ。

あずきバーで、涼をとって。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-05-01 | 運勢

2017年5月の運勢(九紫火星)

九紫火星(運勢パワー ☆☆★)

今月(5/5〜6/4)の九紫火星は問題解決がポイントになる。
新しい期もひと月を過ぎ、様々な課題が明らかになってきている。
問題の一つ一つは大したことではない。
九紫火星にはそれを解決するだけの力量はあるはずだ。
だが、どうにも気分が落ち着かない。

こんなときは、思い切って旅に出よう。
大した問題でないのだから、心をざわつかせたくない。
サラリと流したいのだが、それが出来ないところが九紫火星のウィークポイントか。
だったら、それが気にならないように旅行を楽しんだ方がいい。

幸いにも、今年はG.Wが長い。
5/7まで休みをとって家族と出かけたい。
山に出かけて、キャンプファイヤーを楽しむのも良いだろう。
とにかく、離れることで見えてくることもある。
つまり、旅によって人間性の向上があるのだ。
それを易では、「止まって明に麗く」と言い、「旅の時義大いなるかな」と言う。

G.W明けからは、すっきりとした気持ちで仕事に向かいたい。
今月は大きな成果はあまり見込めない。
だからこそ、一歩ずつ丁寧に歩むことが重要なのだ。
そんなときに、心のささくれは邪魔でしか無い。
それを知れば、旅行に出かける意義も分かるというものだろう。

九紫火星にとって、目に見えないものは存在しないに等しい。
だから、愛を知る九紫火星は少ないし、旅行が仕事にプラスになることを知る九紫火星も少ない。
だけど、考えてもみて欲しい。
私の仕事は、見えない人たちの努力によって成り立っている。
自分だけが為したことを成果とするなら、人間一人で作り上げられる成果などたかが知れている。

陰と陽とは、互いに支え合って存在している。
休みがあるからこそ、仕事も成果が上がるのだ。
今月は、成果が上がらない。
ということは、成果が大きく上がる月もあるわけだ。
だからこそ、今月はゆっくりと休みながら、一歩ずつ丁寧に歩みを進めたい。

来月はさらに運勢は低下する。
特に体調を崩しやすいから、今月はたっぷりと睡眠もとっておくこと。

エビ、ウィンナー、ピーマンを炒めて、チーズを乗せれば、今月のラッキーフードになる。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-05-01 | 運勢

2017年5月の運勢(八白土星)

八白土星(運勢パワー ☆☆★)

今月(5/5〜6/4)の八白土星は変革のときに入った。
ここから3ヶ月で、さらなる成長を宇宙は八白土星に求めている。
秋からの本格的な発展期に向けて、今、旧来からある悪癖を取り去るひと月としたい。

今月は環境も整っている。
こういうときこそ、八白土星は変革をしたい。
整っているからこその変革。
八白土星というのは、なかなか難しい生き方を求められる星なのだな、と思う。

ところが、当の八白土星は変革への気持ちが立ち上がらずにいる。
今までの慣習を変えられず、何となくで過ごしているかもしれない。
生命の基本は「継続」にあるから、「変革」というのは難しいものだ。

ただ、ここで変わらなければ、秋以降の発展はないと断じておきたい。
木は放っておくと、葉が広がりすぎて、根を腐らせる。
そうなるまえに、手を入れなければ山は人間とともに共生できない。

ここは一つ腹を据えて、変革への一歩を踏み出そう。
八白土星は動くまでは遅いが、動き出すと早いから、そのパワーに期待したい。
もともと「変革」という気をもった八白土星がここから3ヶ月程度でどのくらい変革出来るか?楽しみだ。

一方でどうやら新しい動きが始まっている。
G.W明けからは、新規の計画が立ち上がったり、新しい提案がなされたりと忙しい。
もう逡巡している時間はない。
自己改革と新規事業が並行して、八白土星を追い立てるだろう。
来月から運勢は落ち込むから、今月は出来るだけ背伸びして過ごしたい。

ただし、家庭内の雰囲気はかなり大事。
仕事が早めに切り上げられたら、家に帰って団欒を。

明太パスタが美味しい初夏。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-05-01 | 運勢

2017年5月の運勢(七赤金星)

七赤金星(運勢パワー ☆☆★)

今月(5/5〜6/4)の七赤金星は運勢が向上。
先月までの体調不良は何だったのか?
朝の風が心地よく感じる。

この運勢の強さに乗って、この2ヶ月の不調を取り返したい。
先月、おそらく何か新しいアイディアがあったと思う。
でも、それはきっと実行出来ていない。
今月は、それを形にしたい。

大きなスタートでなくてもいい。
ほとんどの事業はささやかにスタートする。
それで構わないのだけど、やはり0を1にするのは相当な困難だ。
そこに挑戦したい。

例えば、ボンヤリしたイメージをノートに書いてみる。
飲食店であれば、イメージした料理をレシピにしてみる。
ささやかでいいから、実際的な動きとして始めてみたい。

また、今月は融資を受けるのも最適だ。
明確なイメージがあるのであれば、金融機関に相談してみるのも良い。
その場合は、経営計画書をきちんと添えて、アイディアをプレゼンしてみよう。
金融機関の方からアドバイスがあれば、しっかりと耳を傾けよう。

ただし、運勢が強いからと言って一発逆転は狙わないこと。
今月の宇宙の気は、七赤金星に着実な歩みを求めている。
そういう意味では、家庭内もしっかりと目を向けておきたい。
また、地域のボランティア活動なども積極的に関わりたい。

七赤金星はここに来て大きく成長したのだろう。
思ったように仕事を進め、成果をとっている。
上司などが、それを脅威に思うかもしれない。
コミュニケーションをしっかりととって、相手を不安にさせないこと。

今月は活動が忙しい。
だからこそ、報連相をおざなりにしないこと。
そういった誠実な七赤金星の姿を見て、部下も従ってくる。

チキンソテーにレモンを添えて

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

1 2 3 4