toggle
運勢
2017-02-01 | 運勢

2017年2月の運勢(九紫火星)

九紫火星(運勢パワー ☆☆☆)

今月(2/4〜3/4)の九紫火星は再度激烈な忙しさがやってくる。
たくさんの声がかかり、皆が九紫火星を求める。
元来、義理人情に深い九紫火星は、この忙しさを喜びとして受け取るだろう。

忙しいながらも思ったように進まずに心が折れそうになることもある。
だけども、九紫火星の信念は間違っていない。
だから、負けないように。
つまづいたら、立ち上がって前を向きたい。

つまり、今月必要なのは積極性と前進力。
今九紫火星はやりたいことが両手では収まりきらないほどになっているだろう。
それを全部可能していく力が今月はある。
体裁にこだわらず、泥臭く進んでいこう。

そんな生活の中で九紫火星の実力が明らかになってくる。
その輝きに、さらに引き立てがくる。
これを好循環というのだろう。
逆に言えば、こういう循環を起こすにはかなりの自力が必要だから、くじけないこと。

ときに孤独を感じる今月。
それでも、自分の想いに向かって歩み続けよう。
ほとんど休みはない。
上手に休憩しながら、声がかかったらすぐに飛び出す。
そんな生き方が求められるひと月だ。

忙しさの合間を縫って、奉仕的な行動を。
特に目上や父親への奉仕はかなり重要だ。
その姿勢が、さらなる運勢の向上を生み出す。

今月の頭、母とともに韓国に旅行に行った。
お互いに仕事をしているので、なかなか時間がとれないからこそ、こういう時間は大切だ。
母をガイドブックには載っていないような路地裏のごはん屋さんに連れて行った。
食事の量が年々減っているが、旅行中はたくさん食べれたようだ。
2泊3日のささやかな旅だが、母の子供で良かったと心から思った。

帰りの空港で母が
「あと何回海外に行けるかな?」
とつぶやいた。
そうなのだ。
「親孝行 したいときには 親はなし」
と言うが、その通りだ。
だからこそ、出来るときに出来るだけの奉仕をしたいと願う。

あんまんは大吉。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年2月の運勢(八白土星)

八白土星(運勢パワー ☆☆★)

今月(2/4〜3/4)の八白土星は一旦停止。
風邪もひきやすいので、注意したい。

今月は、先月のような勢いはない。
運勢が悪いわけではないけど、停滞感はある。
この停滞感、実は八白土星にとって重要だ。

止まるから周りが見える。
もともと八白土星は先の見通しが良い。
いつも上から物をみているような雰囲気があり、頭は良い。

今月はその上で頭を下げれたら最高だ。
上を見るのは上手いが、下を見るのは下手な八白土星。
今月は下を見ること。

もっといえば、自分の生活態度を改めることだろう。
今年は忙しい一年。
だからこそ、毎日の生活態度の正しさが求められる。
周りが騒がしく、色々なことを言われるからこそ、自ら律しておきたい。
そんな年の年頭に、こういう運勢がくるのも天の計らいなのだと思う。

僕は伯母に育てられた。
伯母は書道の先生で、筆の持ち方と箸の持ち方に厳しい人だった。
僕は筆圧が高く、筆もすぐに潰れてしまっていた。
その都度、伯母は僕に「優しく筆を持つように」と指導した。

大人になって、伯母の指導の成果を感じた。
力を入れずに書くことが出来るから、ペンを持って疲れを感じることはほとんどない。
PCを打っていても同様だ。

箸の使い方も綺麗な方だと思う。
おせちの黒豆も、苦にせずとれる。
こういうことも出来ない人はいるもので、当時の伯母の厳しい躾が僕の中に息づいていることを感じる。

ときとして人間には厳しい指導が必要だ。
それは、今は気づけなくても、あとからきっと生かされる。
なんでも好きなようにさせれば良い、という現代の風潮は理解は出来るが、もろ手を挙げて賛成は出来ない。

今、八白土星は幼少期の僕と同じところにいる。
それは幼いというわけではなく、また新たに学び直すところに来たのだ。
ここは師を訪ね、教えを請い、自分の至らなさを知るべきだ。
未熟さに気づかなければ、成長はない。
さらにもう一つ上のステージにいくために、今一度指導を受けたいと思う。

小腹が空いたら、ヨーグルトとドーナツでブレイク。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年2月の運勢(七赤金星)

七赤金星(運勢パワー ☆☆☆)

今月(2/4〜3/4)の七赤金星は最高に運勢が強い。
今年一年は運勢が強いけども、立春からこれほどに運勢が強いのがなんとも嬉しい。

思えば去年は本当に辛かった。
それが今はどうだろう?
去年の今頃とは比べられないくらい心が明るい。

運勢の強いひと月。
チャンスはかなり来ているから乗ってみたい。
特に自己変革のチャンスが来ているのが嬉しい。
じっくり考えながら、自己変革に取り組みたい。

今、環境は整っている。
七赤金星の決意に呼応して、世の中は動いていく。
ただし、来月になると一旦停止だから、この高運期を逃したくない。

かといって、今月焦ってはいけない。
大きく大胆に変化するというよりも、小さな変化を丁寧に積み重ねたい。
毎日の丁寧な生き方を求められるひと月だろう。
それには日盤吉方というテクニックも有効だから、気になる方はお問い合わせ頂きたい。

今年は一年運勢が強い。
それを実感できる今月。
来月から徐々に運勢は低下するが、それでも環境が七赤金星を引き上げる。
秋からはさらなる運勢の上昇を感じる。
自分も向上し、周囲に支えられる一年。
いよいよ楽しみな一年が始まった。

まだまだ寒いから、ストレッチなどで体を緩めたい。
朝の日差しを浴びながらの朝ヨガも最高だ。

トムヤムヌードルは大吉。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年6月の運勢(六白金星)

六白金星(運勢パワー☆☆★)

今月(2/4〜3/4)の六白金星は従来の明るさが戻ってきた。
今年一年は運勢が弱いけども、今月はまだ明るさが強い。
4月を境に運勢は徐々に落ちていくけど、心の中はすでにかなり不安が覆っているだろう。

今月は特に下からの要求が多い。
足元をすくわれるようなトラブルに見舞われることもあるだろう。
だから、まだ運勢は強さがあるとはいえ、慎重に歩みたい。

些細な口論からトラブルに発展しやすい。
特に部下との話し合いの中からトラブルが出やすいから、そうなる前に早めに妥協点を見つけよう。
あまりコチラの要求を通そうと無理をすると、全てが壊れる。

仕事は一人では成し得ない。
だからこそ、周囲との協調が欠かせないが、六白金星は妥協を好まない。
けど、どれだけ理想を追い求めようと、トラブルになれば成果は一つもない。
今月は思い通りにいかなくても、自己を抑え、相手の要望を聞いてみたい。

また、部下や家族と出来るだけコミュニケーションをとりたい。
活力は足から生まれる。
支えられることによって、生命は躍動する。
自分を支えてくれる人たちがシラけていては、何も成せない。

健康面では足の冷えが心配。
まだまだ寒い日が続くから、足元をしっかりと温めて。
事務仕事の人は、座りっぱなしで下半身が冷える。
時折足を動かしたり、オフィスの廊下を歩くなどして、血流を悪くしないように。
足の冷えはお腹に上がり、消化器の不調や腰痛の原因になるから、軽くみないこと。

牛肉のステーキを酸味のあるソースで食べれば、運勢は上がる。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年6月の運勢(五黄土星)

五黄土星(運勢パワー ☆☆★)

今月(2/4〜3/4)の五黄土星は先月から一転。
一気に運勢が上昇。
やることは満載で、腕まくりをしている五黄土星も多いだろう。

今月は差し上げることが重要になる。
自分のことは後回しにして、上に仕えるひと月としたい。
自分の持っているものを上に差し出さねばならないのだ。

差し出すというのは結構辛い。
特に五黄土星は自力型で、成果は確かに自分が積み重ねてきたものが多い。
だから、それを手放すのは身を切るように痛い。

だけども、それは大したことじゃないよ、と易は語る。
大したことない、というよりも、おそらく大したことではなかったと思えるように、ステージが上がる。
今月は確かに「損した。。。」という気持ちになりやすいが、後ほど「大した損ではなかった」と思えるだろう。

また、二回差し出すことになる。
もしくは、二つ差し出す。
つまり損した感覚は一つではすまない。
が、喜んで損をしようじゃないか。

また、今月は意見の合わない人がいる。
が、それを排斥しないように。
陰があって、陽がある。
陰陽はいつもセットなのだから、自分と違う人を否定した瞬間、自分も否定することになることを忘れてはいけない。

だから、今月は不満も怒りも捨ててしまおう。
何かを差し出すという行為は、そういった人格の向上が欠かせない。
喜んで差し出せる人こそ、十分に利益を受け取れる人だ。

雑多なことが多く、忙しい中で、差し出すひと月。
このひと月を超え、五黄土星はさらに人格を向上させる。
楽しみなひと月が始まった。

キムチチャーハンが大吉。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年6月の運勢(四緑木星)

四緑木星(運勢パワー ☆★★)

今月(1/5〜2/3)の四緑木星は気分が落ち込む。
体調もイマイチで、人によっては風邪をひきそう。
風邪をひくと高温の発熱もあるから、十分に気をつけたい。

そんな不調のなかでも、四緑木星は活動を止めない。
ゆっくりとでも確かに目標に向かって歩みを進めるだろう。
もうちょっとで成果が出そう。

でも、目に見えて成果は出ない。
だから、四緑木星は不満に思うだろう。
今月一番いけないのは、成果が出てこないことにイライラすることだ。

成果が、小さな障害に阻まれて形になってこない。
雲が集まって、黒くなっているのに、風が吹いてまた広がるような。
雨がいつになっても降ってこないのが、とても不満に思える。

ゆっくりでも良いから諦めずに進み続ける。
もう少しで四緑木星の誠意が結実し、恵の雨を降らせるのは間違いない。
成果が約束されているのだから、何を慌てる必要があるのだろうか。

何が四緑木星を不満に思わせるのだろう?
それはきっとつまらないこだわりなのだと思う。
「もう成果が出るべき」
「こうやった方がいいはず」
今、空には風が吹いている。
だとすれば、その風に乗せてこれらのこだわりを吹き流そう。

ついでに、昔あった嫌なことも、全部流してしまおう。
心を空っぽにして、スッキリと目の前の使命に向き合うこと。
時として、引き返すことが吉となる。
また、自分自身の原点に戻るのもオススメ。

スープ餃子は体を温めてくれるから大吉。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年2月の運勢(三碧木星)

三碧木星(運勢パワー ☆☆★)

今月(2/4〜3/4)の三碧木星は運勢は強い。
まるで太陽を背負っているような強さがある。
だけども、今年一年は運勢が下降気味だ。
だから、そろそろ冬支度を始めておきたい。

もともと前進性が強い三碧木星だが、そろそろブレーキを踏んでおきたい。
高運期にブレーキを踏むのは難しい。
だけども、車の運転の上手さは、ブレーキの踏み方にある。
三碧木星はアクセルを踏むのは上手いのだから、そろそろブレーキの踏み方を覚えてはどうだろうか?

始めるより終える。
大きくするより、小さくする。
上がるより、下がる。
とかく前者がもてはやされる昨今だが、実は後者の方がはるかに難しい。
だが、それを教える先人が少なくなってきた現状が寂しい。

今月やるべきは、何かを始めるよりも、問題を止めることだ。
先月に引き続き、トラブルの多いひと月。
問題が起こる前に抑え込む。
そういう方向に積極性を発揮したい。

でも、三碧木星は下がることをよしとしない。
だから、運勢は強いのに、テンションは低いだろう。
それでも、心に明るさを失ってはいけない。
三碧木星が落ち込むと、トコトン落ちるから、嫌な流れだとしても受け入れて明るく過ごしたい。

問題を小さく抑え込むこと。
問題なんて見たくもない三碧木星だけど、今月は自分が積極的に動かないと、この問題は解決できない。
ここは一つ覚悟を決めて取り組みたい。

ただし、「やってあげた」は禁句。
立つ鳥は後を濁さない。
自分のしたくない仕事を解決し、かつ誰にも褒められなくてもサラリと去る。
三碧木星の哲学にはない行動を求められるけど、ここは我慢のしどころだろう。

そうやって、問題を抑え込んでいく三碧木星。
でも、まだまだ実は実力が足りていない。
本当に目指すべきところは、この程度ではない。

ときとして、目上から褒め言葉をもらう。
仕事の話も来るかもしれない。
今月はそんなことに目をくれずに、自分の実力を蓄えるひと月として大吉。

エビのチーズ焼きが最高。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年6月の運勢(二黒土星)

二黒土星(運勢パワー ☆☆★)

今月(2/4〜3/4)の二黒土星は転換期を迎える。
春先に一旦運気は落ち込むけど、今月はまだまだ運勢が強い。
だから二黒土星は立春を迎えてヤル気に満ちているだろう。

どうやら、去年の蓄積が二黒土星に自信をもたらしたようだ。
今年の発展は去年の蓄積に比例する。
去年、思ったように動けなかった人ほど、今年は運勢が強い。

今月、まだまだ運勢は強いといっても、順風満帆ではない。
いきなり大きな仕事が来るとか、そういう発展は夏以降だろう。
今月は小さな仕事を積み上げ続けることだ。

そういう二黒土星の姿を身近に見ている上司がいる。
その人との関係を大切にするように。
その上司に従いつつ、ともに上昇したいひと月。

時として、かなり難しい案件が生まれる。
でも、今の二黒土星にはクリアできる問題だから、情熱をもってクリアしていきたい。
もともとかなり実力派ある星だから、頼まれた仕事は何としてもこなしたい。

今は不安になるときではない。
確かに目に見える成果は少ないひと月だが、この積み重ねが未来を作っていく。
一ヶ月終わった後、自分でも考えられないくらい成長を実感できるひと月だ。

元々積極性を持たない二黒土星。
上昇のきっかけは、いつも上に引き上げてもらうこと。
今月は特に「上」との関係性に気をつけながら、目上に従い、一つずつ難問をクリアしていくひと月。

そろそろ筍が市場に出始める。
筍のパスタで運気を上げよう。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

2017-02-01 | 運勢

2017年2月の運勢(一白水星)

一白水星(運勢パワー☆☆★)

今月(2/4〜3/4)の一白水星は忙しさが継続。
先月ほどではないが、電話もメールもひっきりなしだ。
どうやら今月も、一白水星は休ませてもらえない。

一白水星はやる気に満ちている。
だが、状況が思ったように動いてくれない。
どうやら今月は慎重に進むべき月なのだと思う。
ただし、それは運勢の悪さではないから、心に不安を持たないように。
あくまでも明るい笑顔で振る舞いたいものだ。

今月は自分が前に出るよりも、誰かリーダーを立てたい。
一白は暗そうに見えて、実は積極的な面が強い。
今月は一歩引いて、じっくりと周囲を見渡したい。

状況は動かない。
でも、状況の下にある組織の動きや、メンバーの心境は絶えず動いている。
その動きをじっくりと見たい。
そのためには、自分が前に出るのではなく、下に降りる必要がある。

自分がトップであれば、現場に降りて従業員を鼓舞したい。
現場に降りなければ見えないものがある。
現場でしか、実際に売れている商品の「売れる理由」は掴めない。
とにかく、今月は上よりも下、積極よりも丁寧さが重要なひと月だろう。

そのためにも、パーティや食事会を企画してみたい。
従業員や家族の本音を確認することは、今月とても有意義だ。
お酒を飲みつつ、語らう。
このひと月を有意義なものとしたい。

夕食にはタコのキムチを添えて。

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

1 2 3 4