toggle
Blog

変わらないために、変わり続ける

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
昨日、今日と少し気温は上がっているのでしょうか?
今日は少し曇り空だけど、ちょっと前のような冷たい風がなく。
春はすぐそこ、といったところかな。

さて、昨日は久しぶりに友人の主催するセミナーに参加しました。
日程が合わなかったり、僕が体調を崩していたりと。
実に10ヶ月ぶりに参加したわけだけど。

昨日、「細切れ時間を活用しよう、、、の罠」ていうブログを更新したのですが。
それと同じような内容の話があってビックリしました。
やっぱり西洋のマーケティング理論も易も結論は一緒なんだな、と。

また、セミナーの中で

「経済的成功の85%は人間工学(コミュニケーション力など)により、専門知識は15%の要因に過ぎない」

というカーネギー・インスティチュート・オブ・テクノロジーの調査が紹介されていました。
つまり人間力と経済は切り離して考えられないということ。
これが一番得意なのは易なんですよね。

易は人間形成の学問でありつつ、経世済民の道を説く学問ですから。
経済と人間形成を同時に語る書って、易以外ほとんど無いと思う。
結局、東洋の結論って易なんだろうな、と最近思うわけです。

またセミナーの中で

「コモディティ化してはならない」

というのもありました。
これは大企業は例外ですが。
コモディティとは凡庸と訳されます。
つまり

・あなたらしくいること
・独自性を持つこと
・相手の期待を越える価値を提供すること

3番目は相手の評価だから僕は気にしていないんだけど。
あなたらしいっていうのは意識しているというか。
やりたくないことは遣りたくない。
60分3000円とかで整体をしたくないので。
僕は僕がやっていて、一番僕自身の能力を発揮できることをしていくつもりです。

独自性というのも意識しているわけではないけど。
整体師で東洋思想をこのくらい活用している整体院はほとんどありません。
少なくとも僕の知っている範囲では一つもない。
だから、結果的に独自性は発揮できているのかもしれないと思います。

これらは易の「化」という考え方。
とりわけ「雷風恒」という卦から学んだわけですが。
やはり東洋思想ってものの凄みを知るわけです。

だから、気学や易というものをきちっと学んでいくと本当に自在だなと思います。
伸びて有頂天になることもないし、上手く行かなくて沈み込むこともない。
まことに自在な生き方が出来るのだと思います。

だって、いつでも本当の意味での自分らしさを手に入れられるのだから。
自分らしさっていうのは、スピリチュアルとか、前世がどうとか。
そんなことはどうでもよくて。
今、ここから自分で創り上げるものだと思えるものです。

自分らしくある

書いてしまえば一言だけど、なかなか難しい。
「自分らしさ」でまっさきに頭に浮かぶのは日蓮さんだ。
易では自分らしさを固持しようとするとき、必ずたくさんの批判と非難の嵐がくると書いてある。

日蓮さんもその通り、何度も殺されかけ、死にかけながらも法華経への帰依を揺るがせることはなかった。
そして、日本で第1位(神社庁除く。創価学会や立正佼成会などを入れれば)の宗教団体を作っていった。
たくさんの変化の中で、変わらない自分を作っていったんですね。

ポイントは、頑固さではないってことですね。
単純な頑固さだけではダメです。
変わり続けながら、変わらない。

これを 仏教では有恒といいます。
ラーメンの一風堂がこれに感化されて「変わらないために、変わり続ける」という企業理念を打ち立てております。
そういえば五行っていうラーメン屋さんもありますね。
まちがいなく、一風堂は気学と易を勉強されてるな、と思うわけですが。

話がそれましたが、とにかく、自分らしくいつづけるためには変化を恐れてはならない。
僕自身、整体師だか鑑定士だかコンサルタントだか。
一体何屋かよく分からんわけですが。
それで良いんですね。

どんどん変わっていく中で、自分らしさが確立されていく。
だから僕以外のスタッフの個人的活動は全て制限しておりません。
家でサロンしてる人あり、出張で整体している人あり、祭りで踊りの先生してる人あり。
何でも構わない。
そこに自分らしくあるための可能性があるのであれば。
その中で、きちんとウチの仕事をしてくれるのであれば、それで良い。

法華経は

「善哉、善哉、釈迦仏」

という無量義経の一節で始まっていく。
「お前のまんまでいい、お前のまんまでいい」と言っているように思えるんです。
自分のまんまで、自分の可能性を突き詰めていった先に、本当の個性があると信じています。
もっと経営上の管理をきちんとすべきとか色々アドバイス頂いたりしますが。
ウチはこのやり方を曲げることはない。
一人ひとりの独自性と可能性を信じぬいていこうと思います。

4/15(日)に「般若心経を詠みながら目標に進もう(仮)」のセミナーをします。
こちらも九紫火星にふさわしいセミナーになるかと思います。
般若心経って、日本人なら一度は名前くらいは聞いたことあるお経。
でも、その内容について知っている人は少ないと思います。

この般若心経は、古代の大冒険か玄奘がインドへ向かう途中で授けられたお経。
人生という冒険を歩む中で、きっと誰にとっても勇気をもらえるお経だと思います。
こちらも詳細が決まりしだい、また告知しますね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

みなさま、今年の恵方は南の東10°ですよ。
そこにアロマを置きましょう。
で、ぜひご自身の最大吉方のアロマオイルを。
当店オリジナルの開運アロマオイルはコチラから

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

足ツボの部屋♪~水虫注意報!~

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の和世です。

ちょっと暖かく成って来ましたね。

自転車で最寄り駅まで行ってるので、春の陽気が待ちどうしいです(^^)

今日は足ツボの部屋です。

お付き合い下さい。

本日のお題は足裏チェックで癌予防!です。

癌細胞は低い体温に好んで増殖します。

なので足ツボなどで老廃物を動かして血流を良くすると、体温は次第に上がって来るので癌予防への期待を高める事が出来ます。

ここでポイントになるのが足ツボをしても足が温まらない、直ぐに冷たく成ると言う状態です。

当然足ツボでもかなりの痛みを感じる状態です。

癌疾患予備軍とも言えます。

この時足裏が一見柔らかく見える方も、押すと硬い鉄板の様になっています。

表面の柔らかさは浮腫みです。

指先がコリコリ、ぱーんとしているのも血流が良くない証拠ですが、指が柔らかく大きい浮腫んでいる方が要注意です。

リンパの流れが悪く老廃物の処理が上手く行ってないので既に癌細胞が増えている事も考えられます。

こんな風に書くと怖いですが、やはり早期発見、治療が大切なんです。

足裏の改善に時間がかかる方はふくらはぎ、膝裏、股関節のリンパ節のケアを合わせると早いですね。

 

足の水虫は、発癌注意報です。

水虫は足裏の角質に生息しますが、角質は老廃物が蓄積してできます。

そして豊富な老廃物を水虫の餌になります。

書いてる私も気持ち悪いんですが、事実なんです。

それは同時に全身の血流の悪さを意味しているので、水虫は早々に撃退して下さいね。

簡単です。

餌が無ければ死滅するので、足ツボ!やっちゃって下さい(^^)v

水虫薬は要らないかな。

 

足裏って言うけど、足の甲はリンパの反射区が集中しています。

軽い力でさすっても痛い場合は要注意です。

とくにリンパ節や胸腺は免疫細胞を作り、育てて処理をする場所なので、癌細胞を封じ込む砦です。

扁桃腺を子供の頃に取っている方は、ここも免疫に大切な箇所なので、足ツボ、足の甲、親指の甲側の扁桃腺をしっかり解して下さいね。

 

こんな感じで是非、足裏チェックしてみて下さ~い(^_^)ノ

 

足ツボの部屋♪でした~。

 

 

さて、今日もご予約お待ちしておりますよ~。

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

細切れ時間を活用しよう、、、の罠

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
何だか久しぶりの更新になってしまいました。
ぶっちゃけ、仕事が全然終わらない。
正直、逃げ出したいです。w

でも、やはり使命から逃げるのはよくない。
目を逸したいけど、そむけずにきちんと向き合おうと思います。
昨日も遅くまで仕事してたけど、今日もちゃんと店に来てます。

今している仕事は、世に出るのはもう少し先。
でも、出ることは確定しているからがんばれる。
にも関わらず、成果はまだ先だから辛い。

こういう状況を易では「需」という。
これは「需(ま)つ」と読むとおり、待たなければならないことを表している。
待つのって、なかなか辛い。

小学生のとき、算数と国語で50問テストっていうのが毎週あった。
1問2点で、僕はほとんど100点だったな。
50問を45分で解くのは、かなりのスピードが必要。

それはそれで大事なことなんだけど。
全てスピードだけで、人間の能力なんて測れるものじゃない。

給食当番ていう係があって、月に何回か回ってくるんだけど。
配膳から片づけまでを担当していて。
だから、チンタラ食べている子がいるといつまでも待たなきゃいけない。
クラスに一人、ゆうすけくんという子がいて、この子がとんでもなくご飯を食べるのが遅かった。

昼休憩が終わっても食べきらなくて、給食の後の掃除の時間にまで食い込むことがほとんどで。
給食当番は終わるまで、給食の容器を給食室に持っていくことは出来ないから、待つしか無かった。
掃除の後の休憩時間まで待たされて、外に遊びにいけないことがままあった。

まぁ、本当に腹が立ったわけだけど。
子供会が一緒だったこともあって、割りと仲は良かった。
うちにはないゲームを持ってたから、何度か遊びに行ったこともある。

その中で驚いたのは、彼は隼を飼っていたのだ。
隼って飼えるものなの?
知らないけど。w
いや、鷹だったのかな?

とにかく、隼を飼っていた。
で、餌やりとかは彼がやっていたそうな。
ときおり、散歩(?)にも連れて行ってたらしい。
その姿は見たことがないけど。

「隼って飼っていて楽しいの?」
と聞いたことがある。
彼は「かわいいよ」と言った。

未だに猛禽類がかわいいと思えないのだけど。
でも、彼からしたら可愛かったのだろう。
「散歩に連れてってどうするの?」って聞いたら、「好きに飛ばせて待ってる」と彼は言った。
好きに飛んでいる姿を見てるのが好きなんだそうな。

彼は待つことが出来る人だった。
好きに飛ばせるっていうのは、相手を信じることだ。
もしかしたら戻って来ないかもしれないし。

だから、彼はその隼だか鷹だかを絶対的に信じていた。
僕にそんなことが出来るだろうか。

ペットだと分かりづらいけど、子育てで考えてみると、なかなか難しいことが分かる。
何曜日は習い事で、何時から何時まで宿題して。
何時にはご飯を食べて、何時にはお風呂に入って、何時には寝なさい。

いつも、子供を急かすように育てて来た気がする。
もちろん時間を守らせることはとっても大事なんだけど。
それ以上に、追い立てるばかりで待つことを以前は知らなかった。

そして、自分自身も、いつも人生を細切れにして捉えていることに慣れてしまっていた。
何日までにこれをやって。
何日までにそれを提出して。
タイムリミットは30日間あるから、毎日これだけやれば間に合うな、とか。

でも、そういう仕事の仕方は良くないと最近気づいた。
もちろん、〆切を守るのは当たり前のことだ。
だけど、カロリー計算するみたいに、一日の仕事量を考えるのは良くない。

特に僕は文章を書く仕事が異常に多い。
整体の施術をする傍ら、1日1万文字以上書かないといけない。
かといって、整体の合間の時間に500文字ずつ書くなんてのは不可能だ。

心が整うのを待って、どかんと一気に数千文字書く必要がある。
このブログだって、ここまで15分くらいかかってるけど、細切れで5分を3回で書けと言われたら絶対無理で。
心が向かったときに、一気に書かなければならない。

これを易では「水天需」という卦で表している。
待つということの裏には一気に進む、成長するということが潜んでいる。
だから、早く早く、効率良く、なんていう考え方に囚われるのはもうやめよう。

子供が期末試験の週間に入った。
子供は

「一日これくらいやれば出来る」

なんてのんきなことを言っているが。
そんな考え方では学問は出来ない。
心が本気になったとき、宿題なんてのは一気に片付けられるし、一気に理解も進む。
効率的に、能率的に学ぶなんてのは無駄なんです。
何の身にもならない。

全てのことにこういったことは言える。
だから、うちの気学の勉強会は三年で一回り。
以前は一年でやってたのに。

だけど、石の上にも三年でしょう。
そのくらい時間をかけて学ばないと無駄です。
ほとんど生活の中で活かせない人が多い。
時間をかけることに意味がある。

三年くらい勉強してると、一気に理解が進む時がある。
僕も易を読み始めて8年くらいだけど。
最近やっと、ちょっと読めるな、という実感が出てきた。

もちろん、以前から易の講師をしてたんだけど。
最近、ようやくその妙味というか、味わいが分かるようになってきて。
今までは一番茶で、最近は二番茶。
少し渋みが出てきた感じがする。

全てのものの育成に待つという行為は欠かせない。
それは信じるということであり、許すということである。
早く、楽に、便利に、ばかりを追求している資本主義社会の中にあり、こういった考えを持つこともときに大切なのだと思う。

あ、そうそう、またラジオに出ます。

2/22(木)10:30〜
コミュニティラジオ天神

話す内容は、まだ分かりませんが、おそらく気学・易学の話が中心となるかと。
お暇な方はお耳にかかりましょう。

そして4/15(日)に「般若心経を詠みながら目標に進もう(仮)」のセミナーをします。
こちらも九紫火星にふさわしいセミナーになるかと思います。
般若心経って、日本人なら一度は名前くらいは聞いたことあるお経。
でも、その内容について知っている人は少ないと思います。

この般若心経は、古代の大冒険か玄奘がインドへ向かう途中で授けられたお経。
人生という冒険を歩む中で、きっと誰にとっても勇気をもらえるお経だと思います。
こちらも詳細が決まりしだい、また告知しますね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

気学を活用して、また当てました。w
50円引きクーポン。www
使うの忘れてた。

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

観てて気持ちがいい~冬季オリンピック✨~

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の和世です。

少し暖かくなってきましたが、インフルエンザや風邪はまだまだ沈静化してないようですね。

我が家の息子達も弟、兄の順に罹り、建国記念日の連休と合わせて、遊びに行けない大型連休みたいに成っております(^^;)

 

冬季オリンピックが開催しましたね~。

開会式のスタジアムが吹きさらしで白い息が凄かったのを観て、明日からの競技に影響しそう~と心配しつつ、聖火リレーでアイスホッケーの韓国、北朝鮮の合同チームの2人が一緒に聖火台に上って行く姿には胸を熱くさせられました。

この2人の選手が、また顔が良く似てる。

同じ民族なんですよね。

感動なんてチープな言葉は当てはまらない、世界中に向けられた大きなメッセージが込められていると感じました。

2月4日から戊戌九紫火星の年に変わりました。

私はまだどんな特徴の年なのか良く理解できてはいないんですが、信念とかをちゃんと持ってないと、変化の波に翻弄されてしまいそうな気がしています。

参考にされないで下さいね、あくまでも私のただの主観(^^)

不安材料は探せば幾らでも有るのでしょう。

だからこそ今ある平和は当たり前では無く、有り難い事なんだと思うんです。

オリンピックだからって完全にフェアーで平和的とは言えないのでしょうが、少なくともニュースやワイドショー観るよりは気分が良いです。

長い年月と選手の努力、それを支え応援する人達の思い全てを、オリンピックの短い瞬間に賭けて行く。

観てて気持ちがいい。

そう誰だって、いい気分に成りたいですもんね。

 

では仕事に戻って、お客様をいい気分に出来るよう

頑張りま~す(^^)v♪

チャンピーズはいいね~❤

さて、今日もご予約お待ちしておりますよ~。

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

 

先日もお知らせしましたが、今年は年始のセミナーで「ペア割」を実施します〜。
お一人様通常8,000円のところ、ご夫婦、親子、ご兄弟などのご家族と一緒ならお二人で12,000円となります〜。
ぜひ、お越しくださいませ〜!!

 

詳細はコチラ

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

2018-02-11 | Blog

自分とは何か

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
今日から気学の新しいクラスが始まります。
にも関わらず、店から会場に向かう道は雪。
前途多難を暗示してるのかな?w

さて、昨日はお寺にライブを聴きにいきました。
年に一回開催されているのですが、3年連続で参加。
毎回学びがあって、面白いものです。最後に写真を貼っておきますね。

さて、今日は「自分」というものについて。
「自分」って言葉は本当によく出来ていると思う。
英語では「I」、中国語では「我」、韓国語では「ナ」。
色々あるけど、日本語の「自分」ほど意味が深いものは、僕は無い気がする。

自分の「自」というのは自由の自。
もしくは自然(じねん=ありのまま)の自。
つまり、人間というのはどこまでも広い可能性を持った存在だ。
制限のない可能性を持っている。

ところが同時に我々は宇宙の一部に過ぎない。
制限のない可能性を持ちながら、例えば地球の上でしか生活は出来ない。
必ず制限は受けているわけです。
どこまでも分際に過ぎないものでもある。

その矛盾をクリアしながら生命を進めていくという意志が「自分」という言葉に込められている。
どこまでも広がる自分というものと、どこまでも宇宙の一部にしか過ぎない自分。
どちらも自分なんですね。

どこまでも向上出来るんだけど。
どこまで行っても、宇宙の一部。
だったら、向上を目指さなければ、どうにもならないんですね。

それでも、向上したって、所詮は分際じゃないか。
それだと救いがない。

僕だって、毎日向上したいとがんばっているわけだけど。
だけど、「お前バツ2だろ。離婚歴ついてるやつが偉そうなこと言うな」と言われたら、ぐうの音も出ない。w
救いが無いんです。

いくらがんばって黒字を出しても、
「役員借入金が多すぎますね」
と言われたら、もうお金が借りれない。
救いが無いですね。

だけども、太陽は絶対に今日も我々の上に輝いてくれる。
宇宙は絶対に我々を見捨てない。
それを仏教では「阿弥陀仏」と呼ぶわけですね。
だから「南無阿弥陀仏」と阿弥陀さんを呼べば、誰でも救われる。
そういう考え方が浄土真宗なんだけど。

つまり、我々は分際だ。
だけども、どこまでも可能性を信じて向上せねばならない。
その向上の心に、宇宙の救いが来る。

これは仏教と気学に共通の概念。
自力のないところに他力は来ない。
でも、自力を発揮することによって、絶対に他力が来る。
我々は天の一部であり、天はその一部である我々を絶対に見捨てない。

自分の自は自力の自であり。
分は全体の一部であるという自覚。
だから、自分という言葉には、

「自分に備わった無限の可能性」

「自分は必ず全ての環境に愛され包まれている」

という意味になる。
なんて素晴らしい言葉なんだろうと思う。
本当に日本語というのはすごいと思いますよ。

人は一人では生きられない。
だけど、一人で生きるしかない。

自己の向上と、環境との調和。
本当に日本人というのは、仏教と気学から出来ている。
そんな風に思います。

「自分」当たり前に使うけれど。
そのあたり前の言葉の中にある有り難さ。
宇宙に包まれているという安心感。
それを胸に、これからもただ向上を目指し生きていこうと思います。

4/15(日)に「般若心経を詠みながら目標に進もう(仮)」のセミナーをします。
こちらも九紫火星にふさわしいセミナーになるかと思います。
般若心経って、日本人なら一度は名前くらいは聞いたことあるお経。
でも、その内容について知っている人は少ないと思います。

この般若心経は、古代の大冒険か玄奘がインドへ向かう途中で授けられたお経。
人生という冒険を歩む中で、きっと誰にとっても勇気をもらえるお経だと思います。
こちらも詳細が決まりしだい、また告知しますね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

出演者の青谷明日香さん、バロンさんと。
青谷明日香さん、二年前に初めてお目にかかったけど、母になってまたパワーアップしてました。

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

婦、嬬、妻、エクレア

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
今日は雨。
少しずつ暖かくなってくるのかな?

昨日は平昌五輪の開会式がありました。
今日はレジェンド葛西紀明さんのノーマルヒルの決勝がありますね。
寒さが苦手な僕はウィンタースポーツにはほとんど興味がないのだけど。
スキーのジャンプは見てて迫力があるから好き。
選手の名前とかを覚えられないので、葛西さん以外の方のお名前は存じませんが、みなさんがんばってくださいね。

昨日、名古屋から帰ってまいりました。
名古屋行脚はスケジュール入れすぎで死にそう。w
でも、今月はスタッフとの時間がしっかりとれて良かった。

スタッフにも戊戌九紫火星の説明をしてまいりました。
その上で、ビジョンボードをもう一歩進めて経営計画書の作り方も。
ここらへんは気学の独壇場だな、とさえ思います。

僕自身もずいぶんとやるべきことが明確になってきて。
来年の今頃が楽しみです。
一体どんな人生が待っているやら。

それにしても、実際の作業が最近あまりに進んでいなくて、自分でもビックリしています。
特に文章を書く仕事があまりにも進みが悪く。
このあたりに、五黄土星に廻座していることを感じるわけだけど。

五黄土星に廻座するのを中宮するというのだけど。
流派によっては、これを凶とするのだけど。
それは本籍地に暗剣殺がかかるのと、五黄土星に「死」という意味があるからなのでしょう。
我々は、凶とは捉えません。

生命は五黄土星から生まれてくる。
そこに戻ってくるわけだから、自分の生命を、周囲の環境を丁寧に見直す一年としたい。
そのためには自由に飛び回るわけには行かず、一旦停止しなければならない。
物事が強く推進するわけではないから、運勢が弱いということだろうけど、そういった考えは好きではない。

前に進むことだけが人生の恵みではない。
前に進むことだけが素晴らしくて、後ろに下がることは良くないというのであれば、それこそ第二次世界大戦の日本と同じだと思う。
退いてこそ開ける道もあるのだし、止まってこそ見える世界もある。

元々日本人はそういった精神を持っていた。
日蓮は易の雷風恒を大切にし、捉えられ、流罪にされ、佐渡の風雪にさらされても、その中で偉大な功績を作っていった。
もし、日蓮が前進以外を凶と考えていたのであれば、佐渡に行ったときに死んでいる。

枯山水なんてのも、徹底的に華美を排したからこそ見える美しさがあるわけで。
夢窓国師も撤退の美学をもっていたからこそ、未だに美しい庭園をもつ寺院が残っているわけだ。
ところが今、それを教える人があまりに少ない。

学校では進学率と偏差値の話しか聞かないし。
塾に行けば、点数をとるテクニックを学ばされる。
切り取ってつぎはぎにしたような歴史を学び、その底流に存在する人々の生活と願いは学ぶ機会が少ない。

先日、鑑定の際に

「何か信仰を持たれると良いですね」

とお伝えした。
それに対して、その方は

「宗教は嫌いです」

と答えられた。
別に信仰というのは、父母に対してということでもかまわないんだけど。
宗教という言葉を聞いただけで、アレルギーのように反応される方は、決してこの方だけではないと思う。

無理もない話だ。
学校では宗教について、ほとんどの知識を教わることはない。
家でも、親さえ自分の家の信仰している宗教を知らないから、そういった話をすることさえない。
ところが、テレビで流れる宗教の話と言えば、カルト宗教の話が多いから、宗教は怖い・危険といった認識が育まれるのも無理もない。

でも、宗教はいつも政治とともにあった。
いや、今でもそういう面もなるだろう。
また、教育は宗教が行っていた。
つまり、生活とともにあったし、今でもそうだ。

そのことを忘れたくない。
僕は特定の宗教を持てと言ってるわけじゃなく、そういう歴史を知ることが大事なのではないだろうか?と思ってるわけですね。
日本人の精神を形作っていったものを学びたい。なぜ日本が小さな島国にも関わらず、世界の中で重要なポジションでいるのか?
そこには、日本人が持っている特有の思想があるからだと思う。

公用語を英語にする企業がある。
僕はそれ自体は素晴らしいことだと思っている。
人材の多様化が今後の日本企業のポイントであることは間違いないのだから、大切なことだろう。

それに伴い、英語教育も盛ん。
それも良いことだと思う。
僕自身、海外生活の中で、

「もっと生きた英語を学んでおけばよかった」

と思ったことは多い。
同時に、もう少し国語教育にも力を入れてみてはどうか。
数学、英語、物理。
これらは世界共通で評価出来るから、力が入るのは理解できる。
だけど、歴史、国語、これらは海外では評価しづらい。

だけど、漢字を学ぶほどに形象文字の素晴らしさを感じることができる。
アルファベットやハングル文字というのは、かなり合理的にできている。
逆に漢字というのは、徹底的に情緒的だ。
その分、慣れるまではやっかいで面倒なんだけど。

たとえば、家庭を守る女の人を「婦」という。
「妻」「嬬」とも書くけど。
僕は「婦」が好きだな。

女に箒を合わせた字なんだけど。
これはただ単純に掃除をする人って意味ではない。
掃除っていうのは、神道でいえば「はらい」であり「きよめ」である。
神道っていうのは祓いと清め、つまり女性の働きを重視している。
とても優しい宗教だ。
その本質を歪曲し、「神風」という概念をつくり若者たちを戦地に送り出した旧日本軍の愚かさを決して我々は忘れてはならないと思う。

話がそれたけど、婦っていうのは清潔さを表す。
それは物理的な清潔さはもちろん、精神の清潔さも表している。
そして、家が清潔で、そこにいる人の精神が清潔であればそれは平和であり、幸福である、と。
婦という字にはそういった平和と幸福を願う心が詰まっている。
たった11画の文字で、それだけの意味を込めるのが漢字であり、それを学ぶのが国語である、と。

では「嬬」はといえば、女と需からなる。
需は「もとむ」、すなわち需要の需であるから、嬬というのは家で求めるひと。
そして、需は「まつ」とも読む。
だから、家で待っている人でもある。

ここからが漢字の凄みなのだけど、必ず漢字には陰と陽がある。
だから、逆に嬬は求められている人であり、待たれている人でもある。
家庭において、無くてはならない存在である。
僕も、母が出張で家を空ける日は、帰りが待ち遠しくて仕方なかった。
これが男なら逆で、旦那が出張で出かけたら、奥さんも子供も羽を伸ばせて、

「次はいつ出張に出かけてくれるのかな?」

なんて思ったりするだろう。
これが男と女の徳分の違いというものだと思う。
決して男尊女卑ではなく。

そして、嬬は女が濡れるという意味でもある。
だから、女性の心はしっとり濡れていて欲しい。
感動の涙、悲しさの涙、そういう涙で頬を濡すたびに、心も濡れ潤いを持つ。
だから気学では二黒土星を母とし、涙とし、慈悲とする。

こんなことを小学生に教えるのは難しいと思われるかもしれないけれど。
昔の武士の子供は6歳までに論語を暗記出来たと言われるわけで。
このくらいのことは、人間の脳からしたら問題なく記憶は出来るはずで。
ただ、記憶する力があっても面白くないと覚えられるはずはなく。
だから、教育者というのは、どうやって感動を与えれるか?が重要になるわけで。

息子が小学生のときに、国語の授業に授業参観で行ったわけだけど。
先生は、漢字の成り立ちをちょうど教えてらっしゃった。
「本」と「末」は木の下の方、つまり育っていく最初の方を「本」。
最後に伸びる方を「末」と説明し、だから「一」は場所を表しているんだね、と教えていた。

それも良いことだけど、だったら「末」と「未」の違いを教えて欲しい。
線の長さが違うと怒られるじゃないか。
なぜ、そんな些細な間違いを×とするのか?
理由はちゃんとあるのだから、それを教えてあげて欲しいと思う。

漢字の根底には東洋思想がある。
5000年以上の月日をかけ、多くの天才たちの叡智が結晶となっている。
その心に沁みるようなストーリーを、情緒的に教えることが必要なのではないかな?と思う。

なんだかとりとめのない文章になってしまった。
とにかく、日本人は優しい調和する精神を持っている。
それは、根底に神道や仏教などの教えがあったからだ。
今年は教育改革の年になるだろう。
世界を見て、その標準に合わせる動きを取りつつ、初等教育では、日本人の持つ精神も学びたい。
日本人は退くことの難しさを知り、そこに美学を持っている民族だ。
そこが欧米人とは違う。
良いとか悪いとかじゃなく、違う。
両方知ることが大事なんじゃないかな。
そんなことを考えた、小雨の朝。

2/11(日)からはいよいよ新しい気学のクラスが始まります。

こちらは初心者の方から中級者の方、上級者の方まで、それぞれの参加者がそれぞれの学びがあるように講座を進めて行こうと考えております。
どなた様も、ぜひご参加くださいませ。

また、4/15(日)は「般若心経を詠みながら目標に進もう(仮)」のセミナーをします。
こちらも九紫火星にふさわしいセミナーになるかと思います。
般若心経って、日本人なら一度は名前くらいは聞いたことあるお経。
でも、その内容について知っている人は少ないと思います。

この般若心経は、古代の大冒険か玄奘がインドへ向かう途中で授けられたお経。
人生という冒険を歩む中で、きっと誰にとっても勇気をもらえるお経だと思います。
こちらも詳細が決まりしだい、また告知しますね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

お客様からエクレアを頂きました。
美味しかった〜!!

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

まめまめまーめまーめまめまーめ

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
雪の立春。
朝から恵方参りに行きました。

恵方参りはいつしか新暦と氏神信仰と結びつき、初詣となってしまい、本来の在り方を失ってしまったけど。
本来は立春後、恵方の神社仏閣に行くことを「初参り」と呼び、その年の出会いとチャンスを頂くことを言った。

そんな恵方について、簡単な解説動画をアップしてみました。
ぜひご覧ください。
で、良かったら、「ウラナイステーション」にいいね!してください。w

さて、今日から実質的な2018年がスタートします。
妻は六白金星で昨年は坎入しておりましたから、その一年を終え、かなりスッキリしたようでした。

僕はといえば、今年は中宮といい、いわゆる俗に言う「八方塞がり」の一年に入ったわけで。
一般的にはこれも「厄」などと呼ぶところも多いのですが。
我々社会運勢学会では、そのような捉え方はしません。

「八方塞がりだから、家は建てちゃダメ」
「八方塞がりだから、引越しはダメ」

とんでもないことです。
愛のある行動は全てすべきで、特に家族に対しては良いと思うことは全てやってみたい。

僕としては家を建てることはしませんが、車の買い替えを検討していたり。
引越しはしませんが、家族旅行を計画したり。
そういった家族のため、または支えてくれるスタッフのためになることであれば、精一杯の愛を送りたい。
そう思っております。

そういえば、昨日は節分でした。
豆を撒かれた方も多いのではないでしょうか?
この風習は論語にも記述があり、日本に入ってきたのはおそらく7世紀くらいと言われています。

豆は魔滅だから良いとか言われます。
それもその通りだと思うのですが、僕はやはり気学の立場を取っているので、そうは捉えておりません。

豆まきは年男がする。
これも、本来は正しい意味ではないと思っています。
もちろん、年男・年女が豆を撒くことを全く否定するつもりはありませんが。

節分の豆まきは正式には追儺式(ついなしき)と呼ばれます。
難を追い払う。
坎入を超えた先には二黒土星という南西の方位に廻座するわけですが。
今年で言えば六白金星。

その人が坎入を超え、難を追うという意味が節分の豆まきにはある。
だから、豆は二黒土星です。
そして、鬼は立春を担当する八白土星の象意。八白土星は北東の星です。

二黒土星と八白土星は対中しているわけですね。
だから、南西に廻座した人が、向こう側の鬼に向かって豆を撒く。
八白土星は丑寅の方。
この丑寅の方を鬼門と言うわけです。
ね、南西にいて、自分の向こう側、つまり外にいる鬼に向かって豆を撒くわけでしょ。

こう考えると、日本文化っていうのは気学と切っても切り離せないものなんです。
そして、勘違いしていけないのは、この鬼っていうのは、自分の中にある「強欲」を示している点です。
八白は別名「強欲の八白」と呼ばれます。
なんでか?はまた講座でお話しさせて頂きますね。

とにかく、南西に廻座するときは慎重に歩まねばならない。
階段を二段飛ばしで歩むような生き方はダメで、だからこそ心の強欲さ、慢心を絶たねばならない。
だから本当に大切なのは、厄払いではなく厄絶ち、すなわち役立ちであるということを気学は語っているわけです。

豆をまいたから、もう大丈夫、好きに生きて良いというわけじゃなく。
豆を撒き、心の鬼を排して、マメに生きることが大切。
六白金星を本命に持つ方には、この生き方が今年重要であるということなのです。

六白金星は勢いの強い星。
今朝も雪が降っていたから

「恵方参りは歩きで行けるとこにしない?」

と提案したのだけど、

「大丈夫でしょ!」

の一言で一蹴。w
予定通り、車で坂を登っていく神社に向かったのだけど、案の定滑って上りきれず。
愛知出身で、岐阜の道をよく走っていた僕には予想できたことだけど、福岡生まれ福岡育ちの妻は雪道にあまり縁がないのもあったのでしょう。
なんとか事故をせずに帰ってこれたから良かったけど。
こういうことが、今年の六白金星にはおうおうにしてありますから注意したいものです。

六白金星は今年

「自分が間違っているかも」

と立ち止まって慎重に考えることがとても大事になります。
自分の意識と周囲の意識がどうしてもリズムが合いませんから。
そのときに自分の欲求を通す、つまり鬼が出てくるとかなり危険な一年になりかねません。

でも、じっくり慎重に歩めば吉。
思いもよらない人生が待っていると思います。
危険あり、期待ありの一年でしょうか。

九紫火星も、六白金星同様足元を踏み固めるように生きたい一年。
六白金星、九紫火星、三碧木星の人は人生が大きく転換していく一年ですから。
楽しみな一年です。

各星の生きるポイントも要約した動画をアップしました。
ぜひこちらもご視聴くださいね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!
今夜2月分をアップする予定です〜。

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

今年も友人から一陽来復守りを頂きました。
いつも気にかけて頂き、ありがとうございます。
今年も良い一年としましょう。

 

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

足ツボの部屋♪~体温をあげあげ~③足ツボ最強説✨

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の和世です。

本日は足ツボの部屋♪です。

お付き合い下さい(^^)

 

免疫力を上げるには体温を上げるのが一番で、絶対条件なんですね~。

これまは深い呼吸と筋肉を使う事が大切ですって話でした。

どちらも目的は血流を良くする事でしたね。

この2つだけでも普通なら十分なのですが、体温を36.7~37度の健康最強値に引き上げたいって時

色々試しても35度台の低体温症から抜け出せない時には、「足ツボ」がオススメです。

 

反射区を刺激すれば各臓器、器官の細胞が活性化して、結果、身体の内側から温まってきます。

でもね~こんな言葉でいくら説明されてもね~じゃないですか。

体験してみるのが一番やね。

私事ですが

足ツボでセルフケアを始める前は35度台の低体温で、血圧も上がいつも95位でした。

18歳から発症した花粉症は薬で抑えていたのでドンドン悪化して、シーズンじゃない時も風邪を引く事が多くて薬漬けの日々。

本当にきつかった。

このままじゃ死ぬかも、薬もう飲みたくないって本気で思った時にセルフケアの近沢式足裏健康法に出会いました。

初めて副腎を指導の先生に押された時は、余りの痛さに言葉も出なかった。

薬を常用している方、ステロイドなども改善に時間が掛かるので副腎の硬さ、痛さが軽減するには少し時間が掛かります。

それでも毎日足裏を押して体温を毎日測って付けると、凄い事に!

1週間で体温が36度、3ヶ月後には37度になっていました。

花粉症やアレルギーは難病なので、簡単ではないけど、今は時々喉の痛痒さが酷い時に漢方薬を飲む位になり劇薬の花粉症の薬は飲まなくても良く成りました。

頑張りました(^^)v

そして冬でも何時も足がポカポカなんです。

35度台で薬漬けの私よ、さようなら。

この成功体験が私が皆さんに、足ツボや日々セルフケアの大切さをお伝えしたいって思う原動力になっています。

足ツボ最強です✨痛いけどね~ゴメンね~。

ど~しても健康に成りたいって方は何時でもOFFTOOONに居ますので、ご相談下さい。

 

ではでは、足ツボの部屋♪でした~(^_^)ノ♪

今日は九紫火星中宮なので店の香は五行アロマ【火】です。

アロマテラピーも良いですよね✨✨✨

 

さて、今日もご予約お待ちしておりますよ~。

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

 

先日もお知らせしましたが、今年は年始のセミナーで「ペア割」を実施します〜。
お一人様通常8,000円のところ、ご夫婦、親子、ご兄弟などのご家族と一緒ならお二人で12,000円となります〜。
ぜひ、お越しくださいませ〜!!

 

詳細はコチラ

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

どーじん、同人、動じん

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
今日も小雨。
明日は節分だから、張り切って恵方巻きを食べ…ません。

さて、冗談はさておき。
明日はいよいよ今年最後の「一年の流れセミナー」。
今回は急に開催が決まったこともあり、少人数でのセミナーとなりそうです。
再受講の方は半額ですので、よろしければご来場くださいませ。
今回は全編通して僕がお話させて頂きます。

2018年の一年の流れセミナーは、昨年の12/17に岐阜県の多治見市で行ったものが最初でした。
あれから一ヶ月半。
あっという間でしたが、世の中は気のとおりに動いていることを実感しています。

今年のポイントの一つに

「ジャッジしない」

ということを挙げました。
詳しくは明日のセミナーにお越し頂ければと思いますが。
自分の判断で白黒を決めないことが大切だと思うのです。

もちろん、白黒を決めなければ鳴らないことも有る。
だけども、そこで自分の先入観に囚われてはならないということなんですね。
全部やらなきゃいけない、ということでもなく。
自己の都合を捨てることがポイントなわけです。

九紫火星という星はジャッジメントの気を持つ。
だから裁判官とかは九紫火星になるんだけど。
でも、裁判官だって人なのです。
冤罪だって起こりうるのも当然です。

だけど、宇宙は絶対に間違いを起こさない。
宇宙が137億年前に生まれ、太陽はその90億年後くらいに生まれたらしい。
そして、地球が生まれ、人類が生まれるわけだけど。
その間、一度も太陽が昇らなかった日は無い。

宇宙は間違えない。
絶対的な真理に従って出来上がっているわけです。
でも、人間の知恵というものは、そこまで追いつきようがない。
だから、人間の浅はかな知恵で「ジャッジメントしてはならない」と申し上げたわけですね。

逆に言えば、人間はいつも間違えるもの。
失敗するもの。
だからどこまでも学び、向上しなければならないわけですね。

昨日は月初ということで、店で三人でミーティングを。
2/1は当社の期首にもなりますから。
年間の計画などもみんなで話し合ったわけですが。

もちろん計画通りには進まないことがほとんどで。
だからこそ、計画を立てておくことが重要です。

ビジョンボードも大切ですが。
経営では、それを経営計画書とします。
作り方はビジョンボードとほとんど変わりませんが、会社で行う時は少しコツがいります。
また、それをお伝えするセミナーを経営者さん限定で行ってもいいかもしれませんね。

で、経営計画書、会社ならどこでも毎年作ると思うんですね。
だけど、ほとんどが実行されることがないんじゃないですか?
その原因は色々だけど、その一つに「みんなの前でやらないから」ということが考えられます。

みんなの前でやらないと。
社長室に幹部がこもって作ったものなんていうのは、従業員から見たら机上の空論に過ぎないんですね。

易に天火同人という卦があります。
僕はこれを「クレド(Cred)の卦」と勝手に呼んでいるんですが。
経営計画書を作る時は、この卦を味わってから読むと良いと思います。
会社を良くするのに、肩書きなんて全く関係ないんだよ、ということが本当によく分かる。
また、イエスマンばっかりじゃだめだよ、ってことも良く分かるんです。
本当に易は味わい深いんです。

だから、うちはありがたいんです。
我々夫婦だけでなく、山本先生がいるから。
三人で家を切り盛りするように、経営ができているから。
こんな会社、なかなか無いと思ってます。

東海地方のお店は、どうしても一緒に過ごす時間が少ないから。
福岡の店のような経営スタイルが取れないのが辛いところだけど。
その中で、どんな形が作れるか?っていうのをいつも考えています。

そろそろ、現在の経営スタイルに限界が来てる気がします。
だから思い切って、今年から別の方向に舵を切ろうかな?とも考えております。
が、それもみんなと話し合って決めようと思います。

そういうことも、自分の肌感覚だけでなく、気学という視点も持って考えていくと非常に判断しやすいな、と思うのです。
うちの場合は、そこに家相も加味しつつ経営計画を立てるわけですが。
そうやって、生活の中で活かしていくことで、本当の学問になると思うんですね。

その上で、今年計画通りに進まないこともいっぱいあるだろうけど。
予想もしなかったことも沢山起きるだろうけど。
その中で、どんなものが出来るか?を注目しておきたいのです。
そこにジャッジメントをする必要はない。
自分にとって都合が良いものが出来るか?都合が良くないものが出来るか?
どっちでも構わない。
どちらにしても、天が求めた新しい当社の姿なのだ、と理解したい。

なぜそう考えるのか?
それは、明日のセミナーにお越しください。
きっとご自身の生活の中でも重要なヒントが盛りだくさんだと思います。

また、2/11(日)からはいよいよ新しい気学のクラスが始まります。
こちらは初心者の方から中級者の方、上級者の方まで、それぞれの参加者がそれぞれの学びがあるように講座を進めて行こうと考えております。
どなた様も、ぜひご参加くださいませ。

また、4/15(日)は「般若心経を詠みながら目標に進もう(仮)」のセミナーをします。
こちらも九紫火星にふさわしいセミナーになるかと思います。
般若心経って、日本人なら一度は名前くらいは聞いたことあるお経。
でも、その内容について知っている人は少ないと思います。

この般若心経は、古代の大冒険か玄奘がインドへ向かう途中で授けられたお経。
人生という冒険を歩む中で、きっと誰にとっても勇気をもらえるお経だと思います。
こちらも詳細が決まりしだい、また告知しますね。

どうやら2018年は、どなたにとっても本当に面白い一年となりそうです。
ぜひ、明日の「一年の流れセミナー」にお越しくださいませ。

そうそう、先日、一年の流れをざっくり(セミナーの1/100くらいの内容)と解説した動画をアップしました。
ぜひこちらもご視聴くださいね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

先日もお知らせしましたが、今年は年始のセミナーで「ペア割」を実施します〜。
お一人様通常8,000円のところ、ご夫婦、親子、ご兄弟などのご家族と一緒ならお二人で12,000円となります〜。
ぜひ、お越しくださいませ〜!!

再受講の方は半額となりますので、2/3もぜひお越しくださいね。
12/23、1/21とはまた違った切り口でお話をしますので、楽しいと思いますよ♪

写真探してたら、懐かしいのが出てきた。
一年前は、三人で野球してたらしい。w
バッター、紗里。w
このポーズで、10秒くらい止まってた、写真撮るために。

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

足ツボの部屋♪~体温をあげあげ~②筋肉を使うのだ!

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の和世です。

今日のブログは足ツボの部屋♪

前回の続きで、免疫力を高めるには体温を上げたいです。

前回は深呼吸で体温が上がりますって話でした。

今回は「筋肉を使うのだ!」です(^^)

 

ふくらはぎは第2の心臓と言われます。

動脈の血液は心臓のポンプ作用で身体の隅々まで血液を届ける事が出来ます。

一方、静脈やリンパ管は中に弁があって、筋肉を動かす事で、この弁と作用して血液を腎臓や心臓に戻して行きます。

特に、ふくらはぎの筋肉は強力なポンプ作用を弾き出すので大切ですね。

そして足は重力で老廃物が沈殿しやすく成っていますから血液を頑張って腎臓や心臓へ戻さないといけない。

じゃあ~ふくらはぎだけ動かしてれば良いのでしょうか?

身体の筋肉は全身にありますよね。

 

日々、お客様を施術していて感じる事ですが。

使わない筋肉は足でも肩でも、背中でも確実に堅くなって行くんです。

ちょっと怖い書き方でしたね~すいません。

出来るだけ身体中の筋肉を使ってみて下さい。

手のひらや、足の指をグーパーしたり。

準備体操みたいな軽いストレッチで身体の筋肉を曲げ伸ばし。

背骨に着いて硬く成ってる筋肉は、腕を広げて両腕をブンブン振って捻りを入れて行くと、段々とほぐれて来ます。

メチャクチャ踊りとかも良いですね~笑。

盆踊りなんかも動きが激しい物も有りますが、農作業で傷めた身体を解すのに良かったんじゃないかと、勝手に想像してます。

走ったり、スポーツも振動が細胞を震わせて血行が良くなるので悪く無いけど、老廃物は多く発生するから既に出来てる硬い筋硬結に邪魔されると筋肉痛になります。

準備体操で身体ほぐしてから、また終わってからのストレッチやメンテナンスは大人ほど必要って事ですね。

そうそう、デスクワークで上手く回らなくなった首をほぐす時は

急に首を回したり曲げたりしないで下さいね。

コツがありますので、これもまたその内ブログに書きますね~。

急ぎ知りたい方は、ご来店時にお伝えしま~す(^^)♪

つまり色んな筋肉を使って、解して、血流上げて、老廃物流して、体温あげあげだよ~って事ですね!

お試し下さ~い。

ではでは~足ツボの部屋♪でした~。

 

OFFTOOONのソファーがボルドーになりました(^^)v❤

 

さて、今日もご予約お待ちしておりますよ〜。

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

 

先日もお知らせしましたが、今年は年始のセミナーで「ペア割」を実施します〜。
お一人様通常8,000円のところ、ご夫婦、親子、ご兄弟などのご家族と一緒ならお二人で12,000円となります〜。
ぜひ、お越しくださいませ〜!!

 

詳細はコチラ

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

襲うって、どんな字?

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
今日はよく晴れてます。
でも、寒いね。

先日、高麗屋の襲名披露会見がありました。
松本幸四郎さんが松本白鸚さんに、市川染五郎さんが松本幸四郎さんに、市川金太郎さんが市川染五郎さんに、それぞれお名前を改められたわけですが。

襲名の襲は「襲う」と読みますから、怖い感じがするんだけど。
これは本来、竜の文様の衣を、位を受け継ぐときに着せることから出来た字なわけで。
韓国のドラマとかを見てると、王様は龍の文様が入った着物を着ているわけですが。
それを子供に継がせることを「襲」というわけです。
後から来た人が、その地位につくことから「襲う」という意味が出るんですね。

先日の歌舞伎座での公演で、松本白鸚さんが

「襲名の名は命ではないか」

とおっしゃっておりましたが、まさにその通りで。
名を継ぐだけでなく、命を継ぐ。
その名にふさわしい、魂を継ぐことだと思うわけです。

逆にいえば、名は体を表すといって、内容にふさわしい名前を纏うことは重要で。
染五郎さんの芸が、染五郎という名前が窮屈になってきたから、幸四郎という新しい名前に着替えられたといっても良いのかもしれません。

こういった伝統芸能というのは、確かに日本の伝統的な考え方を踏襲していて。
お役所的な「本名第一主義」とでも言いましょうか。
そういった窮屈な考え方をはるかに超えた、人間生命への敬意を感じます。

人間はどこまでも大きくならなければならないと思う。
生まれたての人間は、歩くこともままならないから、親に様々な支えとなってもらって歩む必要がある。
そのときに「名」という「命」を吹き込んでもらうわけだけど。

でも、一定の年齢になり、一定の生活力をつけたら、自分の足で歩む必要がある。
生活、すなわち人生が切り替わっていくときに、「命」すなわち「名」を改めるのは何の不思議もないと僕は思う。
もちろん、戸籍制度を無くすわけにもいかないから、自分で勝手に名乗ればいいんです。

通名の文化はこれからも残して欲しい。
今や、襲名なんて、一部の伝統芸能の世界にしか残っていないから。
歌舞伎や能やお茶などの先達が残した文化を、我々も大切に扱っていきたいものです。

さて、全然別件ですが、大きなプロジェクトが動き出してまいりました。
これが戊戌九紫火星の動きなのだろうな、と思いつつ。
精一杯の仕事をさせて頂こうと思いますが。
まだ公表は出来ませんが、また時期が来たらお伝えします。
今は黙々とやるべきことをやるのみ。

それにしても、やはり気の動きというのはすごいもので。
知っているといないとでは、まったく心の準備が変わってきます。
2018年の流れをあらかじめ掴み、生活に活かすために、ぜひ、2/3(土)の「一年の流れセミナー」にお越しくださいませ。
2/3がラスト開催ですから。
今回は、全編僕が話します。
再受講もぜひぜひ。

そうそう、先日、一年の流れをざっくり(セミナーの1/100くらいの内容)と解説した動画をアップしました。
ぜひこちらもご視聴くださいね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

先日もお知らせしましたが、今年は年始のセミナーで「ペア割」を実施します〜。
お一人様通常8,000円のところ、ご夫婦、親子、ご兄弟などのご家族と一緒ならお二人で12,000円となります〜。
ぜひ、お越しくださいませ〜!!

再受講の方は半額となりますので、2/3もぜひお越しくださいね。
12/23、1/21とはまた違った切り口でお話をしますので、楽しいと思いますよ♪

2/3(土)13:15〜16:45
商工会議所会議室305号です。
詳細はコチラ

写真はずっと行ってみたかった檳榔の夜
美味しいし、安かった。

 

 

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

どよどよどよーん

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
先ほども雪がちらついてました。
2/4の立春までは寒さも厳しいのでしょうね。

さて、昨日は家相の勉強会でした。
話すほどに新たな発見があるから、真理の勉強というのは面白い。
昨日もお伝えしながら、僕自身学ばせていただきました。
ありがとうございました。

午後からは妻の気学アドバンスクラスがありました。
こちらは大盛況で14名の参加者の方にお越しいただきました。
もっともっと学びたいという方がこんなにもいるのだと驚きを隠せません。
これからも、九州で気学を学びたい方が一番に当店の扉をノックして頂けるようにがんばってまいります。

当店は土日が勉強会なので、どうしても月曜日は静かに感じます。
お客様は来てくれるのですがね。
こういう静と動の中で、事業は成長していくのだな、と実感。

こういう静かな時間がなければ、自分自身の中に入っていくことはできない。
数十年、仕事一筋で生きてきた人が、定年後、急に老け込んでしまうのなんていうのは、ほとんどが自分を見つめる時間を取らなかったことに起因していると思う。
こういう土用の期間に、意識的にそういった時間をとっておくと良いですよ。

土用というのは、言葉だけが先行して、

「土を触るのは危ない」
「月建方位の旅行はいけない」

とか、凶の作用にばかりフォーカスされますが。
そうではなく、

「なぜ、そうなるのか?」

をしっかりと学びたい。
学ぶのは講座にお越し頂きたいわけですが、大切なのは、土用というのは支えが見えなくなるっていうことなんですよね。
だから、不安になったり、その不安ゆえに突飛な行動に出たりする。

コインチェックの事件を見ても、経営陣の歯切れの悪さに、思考がまとまっていないことを感じましたが。
僕は仮想通貨を利用しているけど、投資的な使い方はするつもりはないので、心配はないのですが。
それ以上に、ブロックチェーン技術に魅力を感じていて。
だから、仮想通貨の取引所のこういった不祥事で、ブロックチェーン技術自体が危険と思われるのが嫌なのですが。
そうした本質的なことを書くマスコミはほぼ皆無で、みな仮想通貨という実態の見えないものを相手に、コインチェックの責任追及ばかりしているように見えて仕方ない。
そうではなく、もっと深堀しないと、日本のブロックチェーン技術の利用がどんどん遅れてしまうことになるから心配。

ともかく、土用の時期をもっとしっかりと丁寧にお伝えする必要があると感じております。
それは、2/11からの気学の勉強会で行っていきますので、ぜひお越しください。
宇宙を、自然を、気学は5000年以上見つめ続けている。
その気学がたどり着いた真理に、我々は敬意を払って生きていきたいと思う。

そして、今月は丑の土用。
丑は収束の気で、糸をつければ紐。
この一年間の成果を紐でくくって確かなものとし、立春を迎えたいもの。
あと一週間、そういう生活の仕方をしようと思う。

では立春の後、どのように世界が動いていくか。
火山の噴火のニュースが世界中で起こっておりますが、これも九紫火星の年の特徴で、やはり気の通りに世界が動いている気がしてならない。
気学が全てを予測できるわけではない。
学問だから、完成はあり得ないのだから。
それでも、知っておいて損はない内容をお伝えできると思います。
ぜひ、2/3(土)の「一年の流れセミナー」にお越しくださいませ。

そうそう、先日一年の流れをざっくり(セミナーの1/100くらいの内容)と解説した動画をアップしました。
ぜひこちらもご視聴くださいね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

先日もお知らせしましたが、今年は年始のセミナーで「ペア割」を実施します〜。
お一人様通常8,000円のところ、ご夫婦、親子、ご兄弟などのご家族と一緒ならお二人で12,000円となります〜。
ぜひ、お越しくださいませ〜!!

再受講の方は半額となりますので、2/3もぜひお越しくださいね。
12/23、1/21とはまた違った切り口でお話をしますので、楽しいと思いますよ♪

2/3(土)13:15〜16:45
商工会議所会議室305号です。
詳細はコチラ

生徒さんから、猿田彦さんの飴を頂きました。
可愛らしいですね。

 

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

1 2 3 4 5 45