toggle
2015-11-26

継続こそ、生命の基盤

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は寒いですね。
やっと冬が来た、という感じでしょうか。

福岡は多治見と比べるとずいぶん暖かいです。
ので、冬に多治見に戻ると、本当に辛い。
明日の夜から多治見に向かいますが、すでに気が重い。笑

昨日は易のお勉強会でした。
普段あまり触れない「水風井」と「火雷ぜいごう」についての解説を「繋辞伝」と絡ませて解説。
このクラスは平日の夜ということで、ビジネスパーソンばかりなので、解釈もビジネス寄りになるので好き。
福岡で易はこのクラスしか担当していないので、力が入ります。
来月は12/16(水)にありますので、興味のある方はぜひお越しくださいね。
*日時が変更になりましたので、確認ください。

多治見も今度の土曜日に易の勉強会です。
多治見はまだ始まって間もないので、こういう解釈は出来ないでしょうが、少しずつ深めてまいりたいと思っております。
こちらも、経営者の方に特におすすめですよ。
特に事前申込みなどは不要ですので、気になる方はぜひお越しください。

<開催場所>
〒507-0071 岐阜県多治見市旭ケ丘8丁目23
長高寺 様
(TEL:0572-27-2505)

さて、水風井という卦はたくさんの示唆をくれる卦です。
水の下に成果がある、すなわち、困難さから逃げずに継続しろ、という卦です。
いや、あえて困難に飛び込んでいけ、という卦と言った方がいいかも。

そして、その先に、人生の大変革がある、とも言うわけです。
来年の一白水星は、ここに来るわけですが。
だから、ここ数ヶ月すでにずいぶんと苦労している方も多いのではないでしょうか?
そういう方は運勢強いですよ。

「継続」を表す卦は水風井、雷風恒、天沢履、などがあります。
もちろん、それぞれ継続の意味合いは違います。
また、他にも継続を示唆する卦もあります。
これほど継続を重要視するのは易の特徴かもしれない。

易はそもそも「死」を前提としない。
英語では「changes」と呼ばれるように、どこまでも人生を変化させていけ、という書です。
淮南子にも「六十にして六十化す」という言葉があるように、どこまでも変化なのです。

でも、その中で継続し続けるものがあることも確かです。
心臓はどこまでも動き続けなければならないし、肺も伸縮を続けなければ生命は成り立たない。
だから、「継続は力なり」というのは間違いない。

継続を表すのは、気学では二黒土星。
二黒の凶は地獄だ、と言います。
継続が出来ないものに、生命は無いのですね。
易と気学を知ると、こういったことがよく分かります。

毎朝と毎晩、仏さんに手を合わせます。
神棚に柏手を打ってから家を出ます。
こういった小さな継続を大切にすることから、人生の再構築が始まるのだな、と思う。

今日は恵方参りも済ませてから出勤しました。
あ、ジムも行きましたよ。
久しぶりに30分ほど泳いで、クタクタになってからの出勤です。
居眠りしないようにがんばりますね。
ぜひ、ご来店くださいませ。

ご予約はコチラから承ります〜。

btn_yoyaku

多治見に土日、おりますよ〜
ぜひ、ご来店くださいませ〜

btn_yoyaku

写真は妻が買ってきた名古屋のお土産。
第二子誕生なるか?!

12281739_1186568254691472_2016800841_o

関連記事