toggle
2016-01-26

鼻呼吸は大事です

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑(きょうすけ)です。
昨日は顔相のお勉強会、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
鼻一つとっても、そこにあるストーリーが面白いですね。
また、来月もよろしくお願いします。

昨日から、豊田に帰ってきております。
今日は豊田で施術をして、多治見で易の勉強会。
その後、多治見で施術をしてから、スタッフとの易の勉強会。
タフなスケジュールですが、がんばります。

明日は津島で易の勉強会が始まります。
こちらも楽しみ。
今回の旅は易ばっかりですね。
楽しくてしょうがないです。
講師をしながらも、学ばせて頂いております。

もちろん、整体もしっかりとやっておりますよ。
豊田もパンパンに予約を入れましたし。
多治見も予約がかなり入っているみたい。
ありがたいことです。

でも、多治見ではスタッフの育成の方に力を入れています。
僕が施術をする、というより、スタッフが喜んで頂けるような施術が出来るようになることが重要だと思っています。
このスタンスは変えるつもりはありません。

大事なのは、魂の継承。
こんな言い方は大げさかもしれませんが、でもそうなのです。
スタッフのみんなには、僕が学んできたこと、得てきたこと、全部伝えたい。

おそらく、かなり時間はかかる。
何年かかるか?わからない。
僕も日々学んでいるので、これは当たり前ですが。

でも、「もう大丈夫だね」というところまでは寄り添いたい。
僕はこれが苦手なのです。
だからこそ、課題ですね。
精進します。

そういえば、昨日は「鼻」の相についてお話をしました。
顔相では西洋でも東洋でも、「鼻」というものをとても重要視します。
「鼻は肺の霊苗なり」と言いまして、肺気を司ります。

肺気というのは、非常に働きは多いのですが、ここに問題が起きると、汗が少なくなって肌が乾燥したり、むくみが起きたりもします。
そして、肺は憂と関係があって、心配性になります。
また、肌とも関係が深いので、肌のトラブルがある方は、まず呼吸から治したい。
だから、特に小さいお子さんにはしっかりと鼻で呼吸する癖をつけさせたいですね。

顔相なんていうと、非常に怪しいですが。
実は東洋医学とともに発展してきた学問なので、実に論理的です。
ところが、なかなか漢文が読めないので、分かりにくいのですが。
それを理解するには気学と易学の知識が重要ですね。
これからも、みなさまと共に学んでいきたいと思います。

今日は多治見の長高寺さんで易を13〜16時で学んでおります。
お時間ある方は、ぜひお越しくださいませ〜!!

*特に事前申込みなどは不要ですので、気になる方はぜひお越しください。

<開催場所>
〒507-0071 岐阜県多治見市旭ケ丘8丁目23
長高寺 様
(TEL:0572-27-2505)

さて、明日のご予約お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

多治見のお客様はこちらから〜
今日はおりますよ〜

btn_yoyaku4

写真は、一昨日スーパーに買い出しに行く際の様子。
本当に寒かった〜!!
この後、息子は投げ飛ばされました。笑
琴奨菊に感化されての上手投げでしたが、ちょっとやりすぎたかな?笑

12607215_1223907887624175_1425567095_n

関連記事