toggle
2016-07-04

許す

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑(きょうすけ)です。
昨日はももち浜ストアさんで当店を紹介頂きました。
僕の渾身のボケがカットされていて残念。笑
でも、さすがに上手に編集されておりました。
山本先生の人の良さが伝わったかと思います。

今日は定休日だけど、やることが結構あるので、お店に。
こういうのは、本当によくない。
もっと仕事の仕方を考えないといけないなぁ。
できるだけ忙しくしなくて済むようにするのが「戦略」。
略していかないと。

昨日はテレビの影響もあって、ご予約をたくさん頂きました。
とはいえ、まだまだ入れるので、安心してご予約くださいね。
たくさんの方に、整体や足ツボの良さを知っていただきたいと思います。

今日はチャンピーズさんがご来店くださり。
妻と三人で秘密のミーティング。
また、面白いことが出来そう。

ミーティングしながら、久しぶりにチャンピーズさんのブログを覗いたら、

「許す」

という題名で絵を描かれていた。
この言葉がどうにも心に刺さって、チャンピーズさんとも色々お話しした。

数年前、大フィーバーを起こした「アナと雪の女王」の

「ありの〜ままの〜」

英語だと

「let it go」

「let it be」よりも意志が鮮明な言葉ですね。
「be」は状態。
「go」は方向性。

この「let it go」を一番ストンと腹に落としてくれるのが「自然(=じねん)」だと思う。
ありのままを受け入れる、ということ。

正信偈に「自然即時入必定」とある。
そのままの自分で、ストンと幸せ(=必定)に入る、という訳が僕は一番腹に落ちる。
つまり、ありのままの自分を許すと、そこに幸せが広がる。

ありのまま、というのは今現在の自分というよりも、もともと持っている良心とか、そういう人間本来の愛をありのままに出す。
そのためには、きっと自分自身を許すことが必要なんじゃないかなぁ?

幸せだった思い出も、苦しかった過去も、全部許して。
上手く伝えられなかった想いも、コンプレックスだった垂れ目も全部許して。
自分という生命を、全部仏さんに預けてしまう。
仏じゃなくても、神でもアラーでも宇宙でも、なんでもいい。
信じて預けてしまう。
そして、すっきりした心で、今日も1日、「自分」という命を精一杯生きたい。

妻が先日、ある方に

「石川さんは仏さんと縁があるんですね。
神様のような厳しさよりも、仏様の優しさの方がいいんでしょうね。」

と言われたみたい。
うーん。
僕は神も仏も同じものと理解しているので、正直この感覚は分かりにくい。
仏も厳しさはあると思うけど。。。
とはいえ、我々が認識できる仏なんていうのもまた仏の一部でしかない。
というか、我々に都合の良い仏でしかないのだと思う。

「仏、仏というも穢れ」

なんて、禅宗の偉いお坊さんが言ってたけど。
その通りだな、と思う。
どんな神でも仏でも。
僕は信頼しきって、命を預けて前に進みたい。

では、今日もご予約お待ちしておりますよ〜。

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

多治見のお客様はこちらから〜

btn_yoyaku4

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

放映の一コマ。
oshowちゃんワールド全開。
岡田さんとえもりえさんも、この絵をバックに記念撮影されてましたよ〜。

13579942_1343010602380569_1765632664_o

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

関連記事