toggle
2016-08-03

青春とは

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑(きょうすけ)です。
今日も朝からご来店があり、バタバタと過ごしています。
が、毎日書こうと決めたブログは出来るだけ更新しようと。
今日もガンバって書きます。

今日は妻が家相の講座を担当。
こちらはクローズの勉強会なので、一般の方には受けて頂けませんが。
家相は一般の講座も開催しているので、そちらにご参加くださいね。

さて、勉強会にあたり、台本を作ります。
基本的には受講生が多かろうが、少なかろうが作ります。
それが妻のポリシーというか、講座にあたっての姿勢です。

さほど詳細に作るわけじゃないけど、ある程度どんなことを話すか?を考えておきます。
当たり前ですけど、2〜3時間の講座のために、それ以上の時間を使って考えてから臨んでいます。
これは僕の講座にはないですね。
本当に脱帽です。

たまに、僕が作ることもあります。
今回は、妻が仕事が忙しいので僕が作りました。
受講生の方、楽しみにしていてください。
普段の妻にはない言葉の数々が飛び交うかもしれませんよ。笑

それは良いとして、今回は四神思想を勉強します。
ネタバレになるのであまり言えませんが、四神「思想」というように、かなり哲学的です。
東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武。
四つの神様が四方を守っていると言われますが、これには明確な「気学の意志」があります。
ただ、それがあると良いとか、ないと悪い土地とか、そんなことじゃないんです。

青春なんていうのは、この四神思想を含めた五行論から出てくる言葉ですが。
サミュエル・ウルマンの

「青春とは人生のある時期ではなく、心の様相を言うのだ」

という言葉はまさにその通りで。
触れるたびにググッときますね。

「年を重ねただけで、人は老いない。理想を失うときに初めて老いがくる」

これ、まさに青龍の考え方なんですよ。
夢、希望、それを持つことが、青々とした龍、すなわち青龍でいつづけるコツです。
そのためには、マイナスをプラスで受け取る力が必要ですね。
嫌なことを受けて、暗い顔をしているうちは、青龍にはなれません。

大事なことは四神が整った土地に引っ越すとかではなく。
それも大事なんだけど。
それ以上に、心に四神を存在させることです。

詳しくはお勉強会でやりますから、そちらにお越しくださいね。
8/6(土)13:00〜、当店にて家相のお勉強会を開催します。
どなたさまでも受講できますので、気になる方はぜひご来店くださいね。

心に青龍を、朱雀を、白虎を、玄武を。
希望と、チャンスを見抜く智慧と、家を守る力と、頼れる自分と。
それが、生き方として大切。
この生き方を説く鑑定士さんが少なくなってきた。

学んでいても、生活にまで落とし込むには時間がかかる。
師から学んだ、「気学」と「観相」と「生き方」をしっかりリンクさせてお伝えしていこうと思います。
そして、我々自身も、この「思想」を活かし、さらなる向上を目指していきます。

タイから帰ってきて、少し落ち着いたので、ずっと昔の鑑定のノートを見ました。
やっぱり下手な鑑定をしていた。
相を見て、相の解説しか出来ていなかったな。
少しずつだけど、「人間」を見れるようになってきたな、と思う。
そして、さらに精進したいと誓う。

さて、今日もご予約お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

多治見のお客様はこちらから〜

btn_yoyaku4

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

写真はタイのデザート。
マンゴーともち米(カオニャオ)に練乳をかけたもの。
美味しいんだ、これが。

13840483_1361672767181019_957457489_o

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

関連記事