toggle
2016-09-11

25年待ち続けたカープファン

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑(きょうすけ)です。
広島カープの優勝が決まりました。
広島というのは少し特殊な歴史を持つ球団で。

8月6日に広島に原爆が落とされました。
その広島を盛り上げようと、プロ野球球団の結成を目指します。
正力松太郎の2リーグ制構想が立ち上がり、その流れにのり中国新聞が中心となり球団を設立していきます。

核となる親会社を持たない球団だったため、監督は決まっても選手がいないとか。
選手に給料が払えないとか。
結構大変だったみたいですね。

で、その頃は現在のフランチャイズ制ではなく、試合に勝ったチームが興行収入の7割を取れるという方式だったため、ほとんど引退した選手などで構成されていて、勝率が3割を切るようなチームだった広島は本格的に経営難に陥り、一度身売りも決めかけたことも。

でも、ギリギリのところでフランチャイズ制に切り替わり、主催した球団が興行収入の6割を得られる仕組みになってからは、安定した経営を行えるようになりました。
なんで安定したか?
固定的なお客さんをきちんと掴まえていたからですね。

現在でも「カープ女子」などと呼ばれるように女性ファンも多いみたいです。
確かに広島のファンは熱狂的ですね。
そこには、親会社の思惑が入らない(とはいっても、実質的にはマツダの子会社でしょうけど)、「市民球団(的)な身近さ」があるのかもしれない。

上記の経済難のときも、後援会を結成してその支援で乗り切ったくらいのチームですから。
やはり愛されてる感はすごいですね。
ホークスの柳田選手は入団後も「カープファン」を公言してるくらいですから。
まぁ、ホークスの教育もいい加減なのかも知れないですけど。苦笑

そういった特殊な経歴を持つ球団が25年ぶりに優勝したのが嬉しい。
つい数年前まで、上位球団にカモにされ続けてたチームです。
今年のペナントレースを見てると、広島が強かったというよりも、他の5球団が弱いというか、戦力が均衡した。
パリーグも大混戦だ。
まさに二黒中宮の年らしくて良い。

二黒土星は南西の星。
二黒土星は純陰の星だけど、本籍地を南側の日の当たる場所に持つ。
つまり、陰の苦労には必ず日が当たる。
でも、それは朝日じゃなくて、日が沈んでいく方位。
だから、ゆっくりとじっくりと日が当たってくる。

だから、二黒土星の人の人生は割と遅い。
でも、必ず隠れた努力には日が当たる。
それを気学は説いている。

おそらく横浜も3位に入る。
ここ数年優勝から遠ざかっていたチームがクライマックスシリーズを争うことになるだろう。
つまり、今まで「弱小」と呼ばれていたチームが上がってきた。

苦労には必ず日が当たる。
それを信じて生きられる人間でありたい。
もっと言えば、今、成果が上がっていなくても、信じて待てる自分でいたい。

昨日の易ゼミでも、そんなことを考えさせられた。
今、成果が出ていなくても。
真理に忠実な人間でありたい。

僕の母は、待つのが上手い。
抜群に上手い。

僕は三人兄弟だけど、みな学歴の途中で挫折をしている。
兄は中学で登校拒否に。
僕は大学中退。
弟は高校中退。

でも、誰も責めなかった。
黙って、ひたすら黙って三人を育て続けた。
そして、今がある。

兄は小さい会社だけど社長。
僕も自分で商売をしている。
弟も、誰もが知っている会社の正社員になった。

母は、僕たちに何も強制しなかった。
全て、自分たちで判断させてもらった。
子供は親から人生をもらうけど、親のためには生きない。
そんな当たり前のことを母は何も言わずに教えてくれた。

僕たち兄弟は、絶対に母親を裏切ることはない。
それは、いつでも絶対に信じてくれた母だからだ。

結局、親が子供に出来ることは「信じること」だけなのかもしれない。
母は真宗の信者さんだ。
というか、勤め先が真宗の保育園だからだろうけど。

毎日仏さんにご飯を供え。
しょっちゅうお墓にお花を供え。
自分を超えた仏という存在を信じきること。
僕ら兄弟はそれを幼い頃からずっと見てきた。

別に仏さんじゃなくてもいい。
神様でもムハンマドでもアラーでも。
なんでも良いけど、自分を超えた存在に対する敬意。

きっと母は、僕ら子供の中に仏を見ていた。
秘められた可能性を信じきっていた。
だから、僕ら兄弟も、自分の存在を否定したことはない。
三人とも、ギリギリの苦境に追い詰められたことはある。
でも、三人とも自分を諦めたことはない。

今年は申の年。
申は神。
この宇宙を包む見えざる力と、自分の中にある見えざる可能性。
そういった「神」の存在に思いを馳せて。

申は暢。
どこまでも可能性を伸ばしたい。

申は伸。
それはきっと時間はかかるけど。

申は信。
信じて待つ力をつけたい。

申は震。
待った先には心震えるような感動が待っている。

今年も残すところ5ヶ月。
こんな生き方を心がけたい。
僕は自分自身も、子供も、地域も、日本も、そして世界も。
あきらめることなく、全てと調和して向上の道を進みたいと願う。

そして、マツダスタジアムになってから、ずっと1試合平均2万人以上の動員数でチームを支え続けてきたカープファンの皆様、おめでとう。
結局、商売は、大衆にどれだけ支えられるか?だと思う。
カープファンは25年待った。
前回優勝を見た15歳の少年は40歳になったんだ。
すごいな。

さて、今日もご予約お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

多治見のお客様はこちらから〜

btn_yoyaku4

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

写真は名古屋名物(?)のスガキヤのクリームぜんざい。
僕はいわゆる「ナゴヤメシ」はそんなに好きなものはない。
けど、新幹線のホームのきしめんと「クリぜん」だけは自信をもってオススメします。
ぜんざいは二黒土星だしね。
来週も名古屋だから、絶対に食べよう。

14139194_1066607073416561_1126522959_o

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

関連記事