toggle
2018-02-10

婦、嬬、妻、エクレア

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
今日は雨。
少しずつ暖かくなってくるのかな?

昨日は平昌五輪の開会式がありました。
今日はレジェンド葛西紀明さんのノーマルヒルの決勝がありますね。
寒さが苦手な僕はウィンタースポーツにはほとんど興味がないのだけど。
スキーのジャンプは見てて迫力があるから好き。
選手の名前とかを覚えられないので、葛西さん以外の方のお名前は存じませんが、みなさんがんばってくださいね。

昨日、名古屋から帰ってまいりました。
名古屋行脚はスケジュール入れすぎで死にそう。w
でも、今月はスタッフとの時間がしっかりとれて良かった。

スタッフにも戊戌九紫火星の説明をしてまいりました。
その上で、ビジョンボードをもう一歩進めて経営計画書の作り方も。
ここらへんは気学の独壇場だな、とさえ思います。

僕自身もずいぶんとやるべきことが明確になってきて。
来年の今頃が楽しみです。
一体どんな人生が待っているやら。

それにしても、実際の作業が最近あまりに進んでいなくて、自分でもビックリしています。
特に文章を書く仕事があまりにも進みが悪く。
このあたりに、五黄土星に廻座していることを感じるわけだけど。

五黄土星に廻座するのを中宮するというのだけど。
流派によっては、これを凶とするのだけど。
それは本籍地に暗剣殺がかかるのと、五黄土星に「死」という意味があるからなのでしょう。
我々は、凶とは捉えません。

生命は五黄土星から生まれてくる。
そこに戻ってくるわけだから、自分の生命を、周囲の環境を丁寧に見直す一年としたい。
そのためには自由に飛び回るわけには行かず、一旦停止しなければならない。
物事が強く推進するわけではないから、運勢が弱いということだろうけど、そういった考えは好きではない。

前に進むことだけが人生の恵みではない。
前に進むことだけが素晴らしくて、後ろに下がることは良くないというのであれば、それこそ第二次世界大戦の日本と同じだと思う。
退いてこそ開ける道もあるのだし、止まってこそ見える世界もある。

元々日本人はそういった精神を持っていた。
日蓮は易の雷風恒を大切にし、捉えられ、流罪にされ、佐渡の風雪にさらされても、その中で偉大な功績を作っていった。
もし、日蓮が前進以外を凶と考えていたのであれば、佐渡に行ったときに死んでいる。

枯山水なんてのも、徹底的に華美を排したからこそ見える美しさがあるわけで。
夢窓国師も撤退の美学をもっていたからこそ、未だに美しい庭園をもつ寺院が残っているわけだ。
ところが今、それを教える人があまりに少ない。

学校では進学率と偏差値の話しか聞かないし。
塾に行けば、点数をとるテクニックを学ばされる。
切り取ってつぎはぎにしたような歴史を学び、その底流に存在する人々の生活と願いは学ぶ機会が少ない。

先日、鑑定の際に

「何か信仰を持たれると良いですね」

とお伝えした。
それに対して、その方は

「宗教は嫌いです」

と答えられた。
別に信仰というのは、父母に対してということでもかまわないんだけど。
宗教という言葉を聞いただけで、アレルギーのように反応される方は、決してこの方だけではないと思う。

無理もない話だ。
学校では宗教について、ほとんどの知識を教わることはない。
家でも、親さえ自分の家の信仰している宗教を知らないから、そういった話をすることさえない。
ところが、テレビで流れる宗教の話と言えば、カルト宗教の話が多いから、宗教は怖い・危険といった認識が育まれるのも無理もない。

でも、宗教はいつも政治とともにあった。
いや、今でもそういう面もなるだろう。
また、教育は宗教が行っていた。
つまり、生活とともにあったし、今でもそうだ。

そのことを忘れたくない。
僕は特定の宗教を持てと言ってるわけじゃなく、そういう歴史を知ることが大事なのではないだろうか?と思ってるわけですね。
日本人の精神を形作っていったものを学びたい。なぜ日本が小さな島国にも関わらず、世界の中で重要なポジションでいるのか?
そこには、日本人が持っている特有の思想があるからだと思う。

公用語を英語にする企業がある。
僕はそれ自体は素晴らしいことだと思っている。
人材の多様化が今後の日本企業のポイントであることは間違いないのだから、大切なことだろう。

それに伴い、英語教育も盛ん。
それも良いことだと思う。
僕自身、海外生活の中で、

「もっと生きた英語を学んでおけばよかった」

と思ったことは多い。
同時に、もう少し国語教育にも力を入れてみてはどうか。
数学、英語、物理。
これらは世界共通で評価出来るから、力が入るのは理解できる。
だけど、歴史、国語、これらは海外では評価しづらい。

だけど、漢字を学ぶほどに形象文字の素晴らしさを感じることができる。
アルファベットやハングル文字というのは、かなり合理的にできている。
逆に漢字というのは、徹底的に情緒的だ。
その分、慣れるまではやっかいで面倒なんだけど。

たとえば、家庭を守る女の人を「婦」という。
「妻」「嬬」とも書くけど。
僕は「婦」が好きだな。

女に箒を合わせた字なんだけど。
これはただ単純に掃除をする人って意味ではない。
掃除っていうのは、神道でいえば「はらい」であり「きよめ」である。
神道っていうのは祓いと清め、つまり女性の働きを重視している。
とても優しい宗教だ。
その本質を歪曲し、「神風」という概念をつくり若者たちを戦地に送り出した旧日本軍の愚かさを決して我々は忘れてはならないと思う。

話がそれたけど、婦っていうのは清潔さを表す。
それは物理的な清潔さはもちろん、精神の清潔さも表している。
そして、家が清潔で、そこにいる人の精神が清潔であればそれは平和であり、幸福である、と。
婦という字にはそういった平和と幸福を願う心が詰まっている。
たった11画の文字で、それだけの意味を込めるのが漢字であり、それを学ぶのが国語である、と。

では「嬬」はといえば、女と需からなる。
需は「もとむ」、すなわち需要の需であるから、嬬というのは家で求めるひと。
そして、需は「まつ」とも読む。
だから、家で待っている人でもある。

ここからが漢字の凄みなのだけど、必ず漢字には陰と陽がある。
だから、逆に嬬は求められている人であり、待たれている人でもある。
家庭において、無くてはならない存在である。
僕も、母が出張で家を空ける日は、帰りが待ち遠しくて仕方なかった。
これが男なら逆で、旦那が出張で出かけたら、奥さんも子供も羽を伸ばせて、

「次はいつ出張に出かけてくれるのかな?」

なんて思ったりするだろう。
これが男と女の徳分の違いというものだと思う。
決して男尊女卑ではなく。

そして、嬬は女が濡れるという意味でもある。
だから、女性の心はしっとり濡れていて欲しい。
感動の涙、悲しさの涙、そういう涙で頬を濡すたびに、心も濡れ潤いを持つ。
だから気学では二黒土星を母とし、涙とし、慈悲とする。

こんなことを小学生に教えるのは難しいと思われるかもしれないけれど。
昔の武士の子供は6歳までに論語を暗記出来たと言われるわけで。
このくらいのことは、人間の脳からしたら問題なく記憶は出来るはずで。
ただ、記憶する力があっても面白くないと覚えられるはずはなく。
だから、教育者というのは、どうやって感動を与えれるか?が重要になるわけで。

息子が小学生のときに、国語の授業に授業参観で行ったわけだけど。
先生は、漢字の成り立ちをちょうど教えてらっしゃった。
「本」と「末」は木の下の方、つまり育っていく最初の方を「本」。
最後に伸びる方を「末」と説明し、だから「一」は場所を表しているんだね、と教えていた。

それも良いことだけど、だったら「末」と「未」の違いを教えて欲しい。
線の長さが違うと怒られるじゃないか。
なぜ、そんな些細な間違いを×とするのか?
理由はちゃんとあるのだから、それを教えてあげて欲しいと思う。

漢字の根底には東洋思想がある。
5000年以上の月日をかけ、多くの天才たちの叡智が結晶となっている。
その心に沁みるようなストーリーを、情緒的に教えることが必要なのではないかな?と思う。

なんだかとりとめのない文章になってしまった。
とにかく、日本人は優しい調和する精神を持っている。
それは、根底に神道や仏教などの教えがあったからだ。
今年は教育改革の年になるだろう。
世界を見て、その標準に合わせる動きを取りつつ、初等教育では、日本人の持つ精神も学びたい。
日本人は退くことの難しさを知り、そこに美学を持っている民族だ。
そこが欧米人とは違う。
良いとか悪いとかじゃなく、違う。
両方知ることが大事なんじゃないかな。
そんなことを考えた、小雨の朝。

2/11(日)からはいよいよ新しい気学のクラスが始まります。

こちらは初心者の方から中級者の方、上級者の方まで、それぞれの参加者がそれぞれの学びがあるように講座を進めて行こうと考えております。
どなた様も、ぜひご参加くださいませ。

また、4/15(日)は「般若心経を詠みながら目標に進もう(仮)」のセミナーをします。
こちらも九紫火星にふさわしいセミナーになるかと思います。
般若心経って、日本人なら一度は名前くらいは聞いたことあるお経。
でも、その内容について知っている人は少ないと思います。

この般若心経は、古代の大冒険か玄奘がインドへ向かう途中で授けられたお経。
人生という冒険を歩む中で、きっと誰にとっても勇気をもらえるお経だと思います。
こちらも詳細が決まりしだい、また告知しますね。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

お客様からエクレアを頂きました。
美味しかった〜!!

24節気ごとにメルマガも配信してます〜!!

こちらも、メルマガ限定で書いております。

ぜひ、登録くださいね〜!!

関連記事