toggle
2015-09-19

男子バレーボール見るべし

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日から多治見、豊田、名古屋の行脚。
今日の昼過ぎは比較的空いていますので、ぜひご来店くださいませ。
ご予約はコチラもしくは0572-25-6789まで。

さて、ソフトバンクホークス、優勝おめでとうございます。
そして、男子バレーもまだまだ熱い!!
バレーはアタックの最高速度が130km/hを超えることもあるようで、立派なメジャースポーツの要素を持っていると言っていいでしょうね。
しかも、エンドラインからエンドラインの間は18mしかなく、これは野球のピッチャーからキャッチャーまでの間よりも若干短いくらい。
この狭さの中を、100km/h以上の球が行き交うのだから、迫力満点ですね。

その中でも、柳田くんと石川くんのアタック、サービスの体の使い方は抜群に美しいですね。
世界の強豪の中では体格は劣りますが、その分、自身の体の持てる力を使い切っている感じがあります。
見ていて惚れ惚れしてしまいます。

でも、それを上回る清水選手のうまさ。
車を選ぶときにスペックだけで性能が決まらないように。
柳田くんと石川くんのような絞り出すような力の使い方でなく、少し余裕を持たせながら落ち着いて点をとる感じが好きです。

しかし、彼らの体の使い方をみると、体を「腕」「肩」「腰」と部位に分けることが無意味に思えてきます。
柳田くんのジャンプサーブをスローで見て頂くと、僕の言う意味が伝わるかも。

スローイング、ジャンプサーブ、など一線級の人たちの動きを見ていると、特に頸部の使い方が重要だと分かります。
頸反射といいますが、脊柱の回旋の直前に、先に頸が回っているのがみえます。
この絶妙のタイミングに美しさを感じますね。
いやー、我ながらマニアック。。。

そんなわけで、とにかく皆様もバレーボール見てください!笑
深津選手のトスワークが良いのが大きいでしょうが、日本選手がバンバンアタックを決めるのを見れるのは爽快ですよ。
もちろん、他の国の選手もかっこいいですしね。

というわけで、今回の愛知・岐阜行脚もがんばります〜っ!!

そういえば、別府に行ってきました。
地獄めぐり、してきましたよ。
温泉に入れるのかと期待してたら、違った。
でも、楽しかったです。

12048505_1150699148278383_105077939_n

関連記事