toggle
2015-10-15

唾を飲み込む

こんばんは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
ブログの更新などすっかり忘れておりました。
気づいたら、もう真っ暗。

さて、最近は我が家の周りも若干物騒で。
夏休みには、中学生がたむろしてタバコを吸ってたとか。
たしかに、タバコの吸殻が道端に落ちていたりします。

それはいいとして、唾を吐きながら歩くのはなんとかならんのか。
汚れるとかはまだいいとして、身体に良くない。
唾は五液では腎に属すわけです。
それを吐き出すのは、腎の気を減らしながら歩いているのに等しいわけです。
貝原益軒先生も「唾は飲み込め!」と養生訓の中でもやかましく書いているわけですから。
見た目以上に、身体を大切にしていないことを恥じて欲しい。

だから、プロ野球選手とかで平気で唾を吐きながら打席に立ってる選手とかもいますが。
あれは本当にやめて欲しいわけです。
何もしらない子供達が真似してしまってはいけないので。
もしお子さんがそういうことをしていたら、「唾を吐くだけ寿命が縮まる」と教えてあげてください。
唾は飲み込まないといけません。

でも、痰は吐き出さないといけない。
痰はどうしても喉にあるものを想像しますが。
痰がからんでくると、すでに身体中に「動きにくい水」が存在しているわけです。
それがダルさや神経痛を引き起こすと考えられていますから、それを飲み込むのはNG。
唾は飲んで、痰は吐き出す。
これからの時期、痰がからむことも多いでしょうから、その場合はそっと紙に吐き出してくださいね。

さて、あと一人お客様を施術したら、地域の役員さんのお仕事だ〜。
今日こそ、早く帰れますように。。。

写真は当店の外観。
わかりにくいとの声も頂くので。
青いかわいいビルですよ。

DSC_0393

関連記事