toggle
2015-11-05

待つだけ

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
1歳のときに出来たおデコの傷を綺麗にしてもらう手術を受けてきました。
ので、今日は休みです。

おデコというのは、顔相と気学を勉強すると分かるのですが、僕にとってとても重要な位置でして。
顔相を学び始めた頃から、おデコの傷はずっと手をつけたかったことです。
やっと念願かなったわけですが、一週間後の抜糸までプールに入れないというのが唯一の難点。
でも、抜糸後どうなっているか?今からとても楽しみです。

顔相というのは、人相学の一部で、その中に体相学も含まれます。
手相学や足相学も人相学に含まれるわけです。
で、整体というのは体相を整える技術と昨日書きました。

「整体」の生みの親、野口晴哉さんは荘子が大好きな方でした。
荘子は「無為自然」の態度で物事を説いています。
自然の力を徹底的に信じきったところは野口先生も尊敬していたのでしょう。

僕の施術は野口先生の系譜ではありません。
でも、身体の力を信じる姿勢は尊敬してやみません。
昨日の施術はあらためて「身体の力」を感じさせていただきました。

整体は畑仕事に似てる。
土を耕すように、骨が動きやすいように筋肉を緩めます。
種を蒔くように、骨が動くきっかけの圧力をかけてやる。
あとは待つだけ。
信じて待つだけ。

種がよければ芽を出すし、土が良ければ早く花を咲かせてくれる。
出来るだけのことをして、あとは待つだけ。
僕が出来るのは、待つことだけなのかもしれませんね。

形を整えたら、あとは内面が整うのを待つだけ。
そこには、責任も義務もない。
施術者が待つ、お客さんが待つ、お客さんの身体も待つ。
こんなことを書くと整体師として無責任と思われるでしょうが。
ハイ、無責任です。

手術という一大イベントを経験したことで、何か少し考え方が変わったのでしょうか?
手術中は痛みも何もなく、でも意識ははっきりしていて。
声は聞こえるけど、目の前は布がかかっていて何も見えなくて。
先生たちのやりとりや息遣いを聞きながら、ただ待つのみの時間でした。
僕も自分の身体を信じて、今日はただただ休むことにしましょうか。

写真は手術後に妻に連れて行ってもらった「ひろまつ」さん。
今日も鯉こくが美味しかった。
これで850円とか奇跡ですよ。

12212377_1176394469042184_2036180180_n

関連記事