toggle
2015-11-08

ナゴヤ飯が恋しいです

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は鑑定スペースでは易ゼミクラス。
お客様の予約次第だけど、僕も混ぜてもらおうかな?と思ってます。
まだまだ入れますので、気になる方はご連絡の上、お越しくださいませ〜っ!!

さて、易というのは本当に面白い学問です。
「生」の学問で、生命の発展を説いたものですから、ここから様々な学問が派生していきました。
医易同源という言葉もあるように、東洋医学も易から生まれました。

だから僕は易をずっと学んでいるのですが、

「分け入っても 分け入っても 青い山」(種田山頭火)

という思いで、いつも新鮮で、素晴らしい発見をくれます。
多治見のお店のスタッフは毎月僕と一緒に易を勉強しています。
今月からは春日井のスタッフも一緒に勉強します。

整体というのは、元々野口晴哉先生が作り出した造語で、洋の東西を問わず「療術」と呼ばれるもののいいとこ取りをしていこう、というコンセプトで作られたものです。
だから、その性格上、確立された流派がありません。
そこが面白味でもあり、弱みでもあります。

街をあるけば、いたるところに「整体」「もみほぐし」という看板が並びます。
こんな言い方は、業界の人間として良くないのかもしれませんが、正直200万円くらいあれば誰でも開業できます。
参入障壁が低く、誰でも一国一城の主人になれます。

だからこそ、学ばないといけない、と思うのです。
そして、その学びは真理でなければならない、と思ってます。
整体という術は、まだまだ歴史的には非常に浅い療術です。
100年経っていないわけですから、真理にはほど遠い。
2,000年以上経っても色あせないもの、そんな真理を学ばなければならないわけです。

だから、当店と、僕が所有しているお店は易を勉強するんですね。
全部、有志で有料です。
それでも、スタッフは勉強会に参加してくれているのは、本当にすごいことだと思います。

易は「大人(=自分よりもはるかに優れた立派な人)」に出会うことを求めます。
つまり、亜流は一流になれない、と語るわけです。

易は壮大な宇宙論ですから、言い換えれば色々なシチュエーションに落とし込んでいけます。
自分という気と、環境の気をどうコラボレーションさせていくか?
ですから、易を学ぶと、自分の家庭、仕事など様々な場面でより高いパフォーマンスを発揮できるようになるわけですね。

現在進行中の易基礎クラスもいよいよ大詰め。
来年より、また新しいクラスを開講予定です。
ぜひ、興味のある方はご参加下さいねっ!!

現在開講中のクラスはコチラからチェック出来ますよ〜!!

本日も整体部門も元気に営業しております!
こちらも是非ご利用くださいませ〜!!

btn_yoyaku

そういえば、今回の土用は本当にしんどかった。。。
次の土用はおとなしくしておけるように、今から準備しておこう。。。
今日の仕事が終わったら、久しぶりにコメダの海老カツサンド食べに行こうかな?
最近ナゴヤ飯にフューチャーしてしまうのは、きっと地相の影響です。笑

12202482_1174337022581262_2126684625_n

 

関連記事