toggle
Blog

掃除で収入は上がるのか?

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
OFFTOOONの目の前にある木も随分と葉を落としました。
今年は紅葉を楽しむ間もなく散ってしまった印象ですが。
また来年を楽しみに待とうと思います。

さて、今日は妻の実家のお掃除を済ませてから出勤。
いよいよ、お義母さんの家は、うちしか無くなったわけです。
人生とは本当にわからないもの。
二年前までは、妻が名古屋に来る予定だったというのに。
不思議なもんです。

最近は寒いので、バスで出勤・帰宅をしています。
バスは良いですね。
色々な人が毎日日替わりで乗ってるので、見ていて飽きない。
毎日乗っている方も当然みえますし。

21歳で豊田に帰ってからは、ずっと車通勤だったので、新鮮。
移動中に読書も出来るし、とっても便利。
体のことを考えて自転車通勤してたけど、寒い時期はバスですね。
当面、nimocaは手放せません。

気学では四緑木星という星があります。
安定、繁栄を表す生命の形。
だから、四緑木星を本命に持つ人は、割と苦労は少ない人が多いです。

四緑木星も、というか九星のどれもが、ですが、とても意義深いものです。
四緑木星は整いを表す。
整いによって、他の八つの星がどのように配置されるか?

四緑木星の凶、例えば掃除がまともにできない。
こうなってくると、まずやる気が削がれます。
行動に問題が出てくる。
やろうと思った事にたくさん邪魔が入ります。
いらん噂が流れたり、とか。

そうすると結果として、収入が壊れます。
お金の出入りというよりも、商売の売上が壊れます。
勤め人の方でも、成果が落ちます。
なぜか?は気学を勉強すると分かります。

これらは結果として、での話であって、原因は四緑木星の働きにあります。
だから、掃除を励行して、売上が上がったという話は、決してスピリチュアルな話ではなく、実際に理論的に説明できることなのです。
もちろん、商売では掃除だけでは無理です。
経営のやり方が一番重要です。

でも、個人生活では、これは随分と当てはまってきます。
掃除が出来ない人は、恋愛でもトラブルが多い。
精神に落ち着きが出ないんですね。
だから、無茶な恋愛に突き進んでしまう。

他にも色々なことが考えていけます。
「髪は女の命」なんていうのも四緑木星の哲学からですしね。
振袖があんなに長いのも四緑木星の哲学。
文化の中には、確かに「気」の理論が息づいている。

そうそう、緑は四緑が担当するんです。
整いは四緑。
だから、体を整えるには緑が一番いいですね。
だから、手術室はグリーンかブルーです。
グリーンは治癒力、ブルーは生命の活動、再生。

だから、補正下着は緑がいいんですよ、本当は。
ピンクは。。。
詳しくは勉強会で話しますね。笑
補正下着のメーカーさんは、こんなこと知らないだろうなぁ。

ちょっと長くなりましたね。
このように、「気」というのは確かに存在しているものです。
ぜひ、一度体感してみませんか?

明後日の土曜日は多治見で。
日曜日は津島でお勉強会です。
気になる方は、一度当店までご連絡くださいませ。

TEL:092-406-6199

では、今日もお掃除しながらお客様を待ちますね〜!!
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku

週末は多治見にいきます〜

ぜひご来店くださいませ〜

btn_yoyaku

写真は山本さんの足つぼ。
足つぼの達人、山本さんが今日は夕方からおりますよ〜!!
ぜひ、ご来店くださいね〜!!

DSC_0020

自己否定とチャレンジ

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は急遽予定を変更して、朝から新宮町にあるIKEAに。
安くて、色々な雑貨が買えるし、妻が大好きなのでデートに持ってこい。
色々お店の備品を買ってまいりました。
今日は線路の日ですから、早速使い始めます。

最近、店のリメイクというか、そういうことばかりやっています。
黒板シートを付けかえたり、新しい備品を備えつけたり。
こういう作業、結構好きです。

易は64卦の最後から2番目に、「水火既済」すなわち完成の卦を置いて、その後の「火水未済」に続き、完成を否定して終わります。
一つの完成は、次のスタートへのステップに過ぎない、と諭してくれるわけです。
だから、人生はどこまでも向上と自己否定の繰り返しですね。

この自己否定は、もちろん良い意味での自己否定です。
さらなる高みを目指すための自己否定。
これが出来ないと、小さな完成で終わってしまう。

今年の帳簿がかなり出来上がってきました。
今は、ネットで経理が出来てしまうので、本当に楽です。
今年は、久しぶりに自分自身で確定申告までしてみようと思ってます。

よく見ると、本当に備品代が多い。
よくもまぁ、これほど消耗品を買ったな、と思うほど。
僕も妻も、お店いじりがよほど好きなんでしょうね。
あらためてたくさん手を入れたな、と思います。

完成はないんですね。
半年前にオープンさせたばかりなのに、最初のオープン時とは内装も結構変わりました。
鑑定スペースは20%くらい広くしましたしね。

これも僕らが動いてる証拠なのだと思います。
僕らの成長に合わせて、お店も成長していく。
逆にいえば、形を壊していくことで、中身も変わらざるを得なかったのでしょう。

鑑定スペースを広げてからは、やはり鑑定や勉強会が増えています。
面白いものです。
特に、勉強会が増えているのは、僕らの精神性というか、やりたい方向性に店の形がマッチしていったようにさえ思えます。

たまに「石川さんは整体師なの?気学の先生なの?」と聞かれます。
どちらに固定しているわけでもなく、どちらも僕の本業なのですが、なかなか理解してもらえないようです。
固定概念として、「整体」と「気学」がなかなか結びつかないのでしょうね。
それは無理もないです。

だから、そういう意味では僕のしていることは新しいチャレンジなのかもしれないですね。
多分、整体専門でやった方が売上的にはもっとよくなるかもしれません。
でも、一人で整体をしていても頭打ちでしょうし、スタッフをたくさん抱えてやるのも、やりたいことではない。
整体という東洋医学から派生した療術に、東洋思想を取り込んでいくこと。
そのためにはお勉強会などを開催して東洋思想を広めていく必要性は絶対にあると思っています。

そして、同じような思いをもった療術師の方が増えたら、もっとたくさんの人を癒すことが出来るかな?と思っています。
だから、僕のしていることは、確かに珍しい、でも絶対に必要なことだ、と僕自身は確信しているんです。

気学のお勉強会をしているおかげで、整体をしていたときには出会うことがなかったような方々とたくさんの出会いがありました。
これも「整体師、石川享佑」という自分自身で作った殻を、もがきながらも破っていった結果だと思います。
だから、これからも自己否定を続けていきます。
また明日も新しい自分になれますように。

「日新これを盛徳という。」

易の言葉を胸に秘めながら。

というわけで、遅くなりましたが、午後から開店しています〜!!
夕方は予約が入っていますが、まだまだ入れますので、ぜひご来店くださいませ〜!!

btn_yoyaku

土日は多治見におりますよ〜
多治見の皆様、ぜひご来店くださいませ〜

btn_yoyaku

写真はIKEAで食べたお昼ご飯。
ミートボール?みたいなのが美味しかった。
ミートボールとポテトのペースト(?)とソースとイチゴジャム(?)をからめて食べる。
不思議な味だけど、箸がすすむので、IKEAに来るといつも食べてしまう。

12358153_1193506933997604_37425095_n

生き甲斐と収入

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨夜19:56に大雪を迎え、いよいよ「師走」。
毎年のことながら、年の瀬は何だか気ぜわしいですね。

いつも赤坂門からバスに乗りますが、最近は出来上がってるひとも多いです。
みんな忘年会なんでしょうね。
一年間がんばったんですもの。
飲みたくなりますよね。
僕はお酒が弱いので、サラリーマンにならなくて、本当に良かったと思います。苦笑

さて、お酒はあまり飲めませんが、毎日充実しています。
暇な日も、忙しい日もあるけど、毎日充実しています。

実は、この「充実」というのは気学の言葉です。
話すと驚かれる方もみえますが。
「線路」だって、元々は気学の言葉ですよ。

この充実というのは、五行でいうと金性が担当します。
でも、詳細に言うと、「充」と「実」は明確に意味が分けられています。
さらに突っ込んだ話はお勉強会でやりますね。

簡単にいえば、生き甲斐と経済はイコールだ、ということなんですね。
だから、今稼げていなくても、生き甲斐を持って、目の前のことをやるというのは大事なことです。
逆にいえば、生き甲斐がなければ、経済的に豊かにはなりにくい、というわけです。
これを明確に五行と九星で言っています。

六白金星と七赤金星が金性を担当します。
この二つの星も勉強すると本当に面白いものです。
僕は妻が六白金星だし、父も母も六白金星、整体のお師匠さんも六白金星。
気学の大先生は七赤金星、お義母さんも七赤金星、兄も弟も七赤金星。

つまり、金星に囲まれて生きているわけです。
僕自身は九紫火星で、金星とは縁遠いのですが、だからこそ、金星の教える「充実」を忘れてはいけないと言われているような気がします。

気学というのは、マーケティングでいう「ターゲッティング」「セグメンテーション」も教えてくれます。
ビジネスでは、まず儲かる産業、商品であるか?というのは大切なわけです。
今の時代にゲームボーイを仕入れても、大した儲けにはならないでしょう。
だから、その市場、商品、客層などをしっかり見分けることも重要です。

と、同時に、その市場、商品、客層に対して、自分自身、どれほどの愛情を傾けれるか?も非常に重要になってくるわけです。
だから、僕はネットワークビジネスに全く興味がないのですから、やりません。
悪いとは全く思わないし、気学の生徒さんの中でもやってみえる方もみえるわけですし。
大いにやってくれればいいのだけど、僕は興味がないんです。
そこに「やり甲斐」を見つけられないのだから、いくら儲かる市場だとしても、無理でしょう。

そう考えると、スタッフがどこに興味を持つか?
何に対して「生き甲斐」を感じるか?を見つめるのは、経営者さんにとって大切なことですね。
そして、今の目の前の仕事を大切にできるスタッフ育成も大切なことです。
それよりも、まずは経営者さん自身がどのような心の傾向を持っているか?を知るのはもっと大事。
だから、LSIでの診断をオススメしてます。
詳しくはコチラ

生き甲斐と経済はイコール。
だから、今経済的に困窮している方は、生き甲斐を持つことが大切。
とかいうと、すぐ「転職しよう〜」とか言う方もみえますが。。。
それよりも、目の前の仕事を大切にすることから始めたいですね。
会社の悪口を言ったり、転職を考えるのはそれからでも遅くないですもんね。

お勉強会でたくさんの方にお会いしてお話しさせて頂きますが。
ちょっとした考え方の違いで成果が大きく変わることをたくさん見てきました。
僕が何かをした、とかじゃなく、みなさん、気学を学んで自分で「気の向け方」を知って変わっていくんですよね。
本当に不思議なくらい変わるから面白い。
気学基礎、今週は土曜日に多治見、日曜日は津島で開催します。
どちらも9:00〜12:00ですよ。
お近くの方みえたら、ぜひお越しください。
お問い合わせは当店(TEL:092-406-6199)まで。

さて、今日もがんばって整体するぞ〜!!
ご予約はコチラから。

btn_yoyaku

土日は多治見におります〜。
ご予約お待ちしておりますよ〜!!

btn_yoyaku

お客様から柚子(?)を頂きました。
妻に渡したら、とても喜んでくれました。
どう変身するか?今から楽しみ。
Hさん、ありがとうございました〜!!

12343424_913239512086652_310987066_o

朋あり遠方来る、また嬉しからずや

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日は姓名鑑定講座。
姓名は生命なり、で命のあり方を鑑定する技術なので、めちゃデリケート。
だから、とっても詳細に鑑定するので、その分面白い。
来年の4月からまた新しいクラスができるので、気になる方はぜひ。

さて、昨夜もHuluが大活躍。
「終戦のエンペラー」を見ました。
たまらないですね。
かなり史実に近い描写がされているみたい。

昭和天皇がマッカーサーに会いに行くところがたまらない。
一人で会いに行くんです。
大人数を束ねていく人は、最後は人任せにせず、一人で戦うんだ。
そんなことを考えさせられます。

昭和天皇、易を大変に勉強し、愛した方です。
その政治判断を振り返っていくと、その傍に易があったことに気づかされます。
やはり、経営者にとっては、易は必須の学問ですね。

易は占いとして使われてきた性格上、軽く扱われがちです。
でも、本来はそういう使い方ではなく、その精神性、道徳性というのに目を向けたい。

天皇とマッカーサーの会談は、まさに「兌為沢」という卦です。
麗澤、すなわち沢がつらなると麗しい、美しい、という意味です。
二人の会談は、そういう美しさがあったのだと思います。

ちなみに、「麗沢大」なんていう大学もありますが、これも当然この「兌為沢」から来ています。
孔子の名言に「朋あり遠方来る、また嬉しからずや」というのもここからでしょう。
とにかく、賢明な人が二人いると、素晴らしい輝きを放つ、ということ。
日本の占領政策が、現在のような形を作れたのは、この二人の天才のおかげだと思っています。

心を通じ合える相手に出会えるというのは、本当に幸せなことです。
昨日の姓名鑑定講座でも、妻と二人でレジュメを作り、たくさん議論を重ねて、様々な例題を出しながら考えて作り上げました。
きっと、妻一人でも、僕一人でも、出来なかった講座だと思います。

僕と妻は、毎日、仕事の話をしています。
整体のこと、気学のこと。
どれも真剣で、毎日新しい発見があり、本当に僕は嬉しい。
この人の隣にいて、同じものを見つめていることが、何よりも幸せだと思うのです。

麗しいという字は、二頭の鹿が並んで歩いている様子です。
それを屋根の下で、二人で並んで座ってみているわけです。
美しい鹿の歩みを、二人で並んでみれる幸せ。
その幸せを「麗」という字で表したんですね。

僕にとって、妻は気学の師でもあり、同じ仕事を作り上げる戦友でもあり、恋人でもあるわけですね。
こんな幸せがあるだろうか?
なかなか手に入らないものを僕は手に入れているんだ、という自覚をもっと持たないといけないですね。
今日は帰ったら、妻にありがとうと伝えよう。

と、いうわけで、今日も営業してます。
妻にはもちろん、ご来店頂けるお客様にも感謝なのです。
そして、出会える全ての方々に、喜びを注げるような、そんな整体をしてまいります〜。

予約はコチラから。

btn_yoyaku

今週末は多治見に行きますよ〜。
多治見の皆様、ぜひご来店くださいませ〜!!
多治見のお客様はコチラから。

btn_yoyaku

写真は来年の特別セミナーのチラシ。
ついに天神デビューです。笑
来年も、もっと多くの方に「気」の哲学を〜!!
ぜひ、お友達と一緒にお越しくださいね〜!!

あ、多治見では1/11(月・祝)に同じ内容のをやります。
多治見の方はぜひご来場くださいね。

日程:1/11(月・祝)9:00〜16:00
受講料:8,000円
場所:〒507-0071 岐阜県多治見市旭ケ丘8丁目23
長高寺 様
(TEL:0572-27-2505)

*要予約となっておりますので、長高寺さん、または当店(092-406-6199)までご連絡くださいませ。

12333902_912889185455018_1681995465_o

月は仏性、水は己

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は姓名鑑定の講座。
僕は隣で整体を楽しくやっております。
ぜひ、お越しくださいね。

昨日は育成会の定例会に参加。
びっくりしますよ。
お母さん達の優秀なこと。
僕には理解できないくらい雑多なことをテキパキと決めてこなしていく。

一年間、育成会にいてわかりました。
男性がほとんどいない。
やらない、じゃなくて、やれない、んです。
スポットライトのあたらないところで、数多くの仕事をする。
何の利益もないものに、本当にたくさんの作業をしてる。
しかも月一回定例会でちゃんと会議もする。
うちの店よりも、よっぽど組織としてしっかりしてます。苦笑

男は一度でいいからやるべきでしょう。
育成会とかPTAの役員さんを。
ものすごい勉強になります。
仕事に役に立つ、とかじゃなく、隠れたところにある、見えない愛情。
地域に対する、子供に対する、愛情。
これを気学では二黒土星という生命の働きになぞらえます。
これを経験しなければ、三碧木星の光の輝きは、無い。

Huluで昨夜「禅」を見ました。
道元禅師の生涯を描いた映画です。
道元は貴族の出身です。
なのに、出家し、中国を歩き回り、日本に帰ってからも比叡山からも弾圧を受け。
越前に移ってからも、ひたすらに自ら耕し、95巻にも及ぶ正法眼蔵を書き続け。
なぜ、そんなことをし続けたのか?
彼の仏道は、僕には理解しきれない。
でも、それがあったからこそ、今でも彼は日本の仏教界で燦然と光る巨星でありつづけるのでしょう。

劇中であった言葉。

「自らを殺すとは、自らの中の仏を殺すことだ。
他者への依存は、自らの仏の否定だ。」

その通りだ。
涙が出てくるような言葉。
気学では、自分を殺すことを本命殺という。
自分を殺すということは、そのまま自己否定につながる。
仏は自分の中にいる。
これは、親鸞もそう言っていました。

自分の中の仏に出会うこと。
僕には出来るだろうか?
自分のまだ見ぬ可能性、良心という仏に、出会えるだろうか?

自分の中の仏を信じ抜いた親鸞と道元。
ともに八白土星の二人。
八白土星の揺るぎない心は、人々を惹きつけて離さない。
主演の中村勘太郎は一白水星。
一白と八白、関係無いと思うでしょ?
関係するんだなぁ、これが。
易をやると分かりますよ。
また、機会があれば。

さて、整体のご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku

多治見のお客様はこちらからご予約くださいませ〜。
来週末は、また多治見にまいります!!

btn_yoyaku
そういえば、「禅」の劇中に弟子に永平寺を任すときに、衣にお香の煙をかけてから渡すシーンがあった。
これが、「依」であり、魂の継承を「依頼」というわけです。
だから、「依」という字は選命で使いたいんですよね。
まぁ、余談でした。

写真はソラリアの前。
これも綺麗でしたよ〜!!

12318380_1188697891145175_884030402_o

これから先も、男は女に勝てなさそう、って思った。

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日は、今年初の忘年会。
地域の役員さんたちとの飲み会でした。

基本的にほとんど飲めない僕にとって、飲み会は苦行に近い。
この歳になっても、限界点がどこなのか?よく分かっていないので、昨日は気分良く飲んでいたら、急に気持ち悪くなってしまった。
途中からただただ辛い時間になってしまいました。

でも、帰ってから、明日の姓名鑑定のレジュメを妻と作ったり、仕事はキチッと出来たのでよしかな?
明日は姓名鑑定のお勉強会。
お待ちしておりますよ。
新しいクラスは2月から始まりますので、気になる方はコチラもチェックしてくださいね。

子供の名前ランキング、を見ていると、色々思います。
ほとんどが「音」だけでつけています。
2014年の女の子の名前は「葵」が一位だったようです。
これは「癸(みずのと)」に草冠をつけた漢字です。
「癸」は「揆」に通じるわけです。
具体的には言及を避けますが、心配。
日本の男の子に未来はあるのか?笑

男の子では蓮、女の子では莉を使った名前もたくさんみえました。

これは。。。
また、お勉強会でやりましょう。
ブログで書くと、嫌な思いをされる方も多いでしょうしね。

姓名は生命なり。
姓名は声明なり。

お名前を変えることで、命のあり方が変わる人もいます。
お坊さんや芸能人なんかはその代表格でしょう。
僕自身も、そういう人間の一人です。

つまり、姓名を見つめるというのは、生命を見つめること、ですね。
実はこの姓名鑑定、日本で完成した学問。
日本ってすごいんですよ。
家相も日本で完成してます。

これをきちんと理論から説明できる鑑定士が減りました。
さきほどの「莉」という字も、半分は鑑定士がつけているのが現実です。
鑑定士も、漢字を全然勉強していません。
だから、「占い」とかバカにされます。
そうじゃないです、キチッとした理論があるんですね。
学べば難しくはないですからね。
でも、センスは必要です。笑

生命を見つめる。
一度、ご自身のお名前の奥底にある、本当の意味合いを鑑定してみませんか?
姓名鑑定のご希望はコチラ

もちろん、整体もやってます。
今日は育成会の会合に参加してからなので、14時からお待ちしております。

btn_yoyaku

多治見のお客様はコチラから〜

btn_yoyaku

写真は新しい黒板。
思ったよりも書きやすかった。

12312471_911049075639029_1706974991_n

川中島の戦い

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日の夜、Huluで「天と地と」を見ました。
川中島の戦いを描いた映画ですね。
伯母に連れて行ってもらった映画です。

伯母は映画が好きでした。
魔女の宅急便や遠き落日を一緒に見に行った覚えがあります。
天と地と、も記憶に残る映画でした。

が、おそらく、僕が8歳のときの映画だったんですね。
時代劇ということをボヤッと覚えていたくらいで、いい映画だなぁ、と感心しました。
宇佐美定行が謙信自身に殺されるとは思いもしない展開でしたが。
渡辺謙がかっこよかった。
日本人じゃないみたい。

映画の前半部分で、家臣の裏切りに対する報復として、その妻と子供を切る場面がありました。
その直後に般若心経が流れました。
謙信は小さい頃は寺に預けられていたみたいですが、お寺の住職には手に負えなかったみたいで、家に帰らされています。
寺の中で兵法ばっかり勉強してたみたい。笑

でも、信仰は篤かったみたいですね。
毘沙門天を旗印にしてたくらいですから。
その後、23歳のときに授戒を受けています。

さて、謙信は戦いの名人でした。
これは異論はないでしょう。
彼も気学の使い手でした。
また、多治見のお勉強会で話しましょう。

上杉の本陣を守っていたい四天王。
これは、気学上、大きな意味合いを持っています。
気学を学ぶものとして、興味は尽きない武将の一人ですね。

武田軍は真っ赤な甲冑。
上杉軍は白の旗に黒の甲冑。
一白と九紫の戦い。
一白の勝ちですね。

謙信は本命三碧。
信玄は本命二黒。
ここでもやっぱり相容れないですね。笑。

謙信と信玄は最後まで勝敗がつかなかった。
後世の人は勝手なもので、どっちが強かった?とか。
いや、毛利だ、信長だ、と。
でも、結局、最終的に天下を取ったのは家康なんですよね。
家康は戦には弱かったけど、目標を達成したのだから、成功者でしょう。

現代も、腕力がものをいう時代ではないですね。
人と仕組みを作らないとダメだな、と本当に思います。

昨日、子供が同級生と少しイザコザがあったみたいで。
よく話を聞くと、まぁ喧嘩両成敗の話でした。
うちの子はおとなしいから、割とバカにされたりするんですけどね。
今回は我慢ならなかったらしくて、相手の子を突き飛ばしてしまったらしい。

「そういう度胸はあるんだなぁ」

と感心しながらも、手を出したら負けだ、と伝えました。
喧嘩は仕掛ける方がリスクがある。
だから、戦わずに勝つことを最上としたのは孫子でした。
まさにその通りだな、と思います。

ビジネスでも、どう戦わずに勝ちを収めるか?が焦点になるわけですが。
勝ちは価値、で。
どう他者には真似できない価値を創造できるか?が勝負です。
でも、インターネットの普及によって、いわゆる「スペック」というのはすぐに模倣されるため、そこでは勝負がつきません。
だから、やっぱり「人」なのだと思う。

まずは、社長が魅力的であること。
スタッフがその魅力に惹かれていること。
これが大切なファクターになってくると思う。

そんなお手伝いが出来たらいいと思っています。
そこで、当店ではLSIという診断ツールを使ったコンサルティングを始めました。
これは、かなり面白いですよ。
アメリカで開発され、かなり普及してきてますが、日本ではまだ取り扱っている業者はほとんどありません。
ぜひ、世界の最先端の診断ツールを使って、経営の改善をしてみませんか?
妻の診断結果を見て、これはものすごい可能性を持っていると確信して導入に踏み切りました。
ぜひ、体感してみてください。
詳しくはコチラ

では、今日も整体院は元気に営業中です〜。
寒いけど、ご来店お待ちしております〜!!

btn_yoyaku

12月も多治見に帰りますよ〜
ぜひ、ご来店くださいませ〜

btn_yoyaku

写真は、監修した冊子に掲載予定のプロフィール写真。
こういうの、どうしても慣れなくて、表情が硬い。。。
でも、ツーショットとか、撮る機会は少ないので、いい記念になりました。

S__12705796

私を歩いていこう、遠回りでも

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日は家族で「FNS歌謡祭」を見ていました。
妻が気になる歌手の本命星をひたすら調べさせられるという修行をこなしておりました。笑

しかし、superflyは歌が上手いですね〜。
beautifulは歌詞が良いですね〜。
「私を歩いていくのさ」「私を叶えていくのさ」の部分は特にいい。
「今、いのちを私が生きている」という真宗の言葉と重なるなぁ、とか思いながら見ていたのは家族は知りません。

「私」は仏さんからの借り物、と言った人がいました。
だから、死ぬということは、仏さんに命をお返しすること、だと。
なるほどと思わされます。

その借り物の人生をどのように生きるか?
永遠のテーマでしょうね。
天命とも言います。

僕も全然わからないけど、今、目の前にあることをしっかりやり続けた先に見えると信じています。
すなわち、使命を果たし続けることが重要ですね。
使命の先の天命。
いつか辿り着けるだろうか?

しかし、調べてみると、superflyもなかなかの苦労人のようですね。
ボーカルの子は本命七赤金星。
晩年に輝く星ですから、これからもゆっくりと長く活躍して欲しいものです。

さて、人の命は借り物とすると、その命を握るのは所有者(という言い方は語弊があるかもですが)である仏のみ、ということになります。
つまり、人は人を殺してはならない。
先日、蕎麦を食べに行ったときに、真宗のお寺があり、そこの掲示板に「殺さない、殺させない」というポスターがありました。
その通りでしょう。

子供を無理やり堕胎させようとして逮捕された男がいました。
動機はよくわかりませんが、お腹の子供が借り物の命である、という自覚があれば、母親の腹の上にまたがり殴るなんてことができるでしょうか?
信じられません。

人間はどうも「我」というものを誤解し、慢心している気がする。
「自殺の自由」について論じている人たちもいます。
死を受け入れることと、死のコントロールを握ることは全く違うにもかかわらず、です。
自分の人生を「どう終えるか?」を選ぶことは出来ても、「誰が終わらせるか?」は仏以外ありえない。
仏じゃなくても、神でも宇宙でもなんでも良い。
とにかく、私を超えた大きな存在。
それは絶対の真理だと信じています。

「ののさまは、何にも知らない顔しても、僕のしたこと知っている。」

保育園で歌った記憶があります。
仏(でもなんでも良いですよ、しつこいですが)は私を包んでくれている。
私は仏の一部で借り物。
借り物は仮りもの。
私という人生は仮の姿。
体を離れれば、仏の懐に戻るのでしょう。
僕はそう信じてます。

「遠回りしても 守るべき道を行け」

superflyの歌詞が胸に刺さります。
生きている以上、守らなければならない道がある。
「なんで死んじゃいけないの?なんで殺しちゃいけないの?」
もし、子供に聞かれたら、こう答えよう。
「命は、誰のものでもないから。」
国民の半数が無宗教と自負する日本はどこにいくのか?
この目で見続けていきたいと思います。

昨日、フリーペーパーの営業の方がお店にみえました。
整体の広告を出しませんか?ということでしたが、打ち合わせをしていたら、気学の方も気になったらしく。
色々と気学のお話をさせて頂いたら、目を輝かせて喜んでいました。

特に、政治と気学の関連に驚かれていました。
今でも政治と宗教はそばに寄り添っています。
政教分離とはいうけど、建前であることは分かっているし、それはそれで問題ない。
「人間」というものを見続けているのは、やはり宗教家が専門ですもんね。

ちなみに、会社で宗教に由来するのもたくさんありますよ。
「ミツカン」は易の思想を強く受けた会社ですし。
「マツダ」は「ゾロアスター教」の神様の名前です。
ゾロアスター教は仏教と交わって、東大寺に入ったようです。
「お水取り」を奨励する気学は、この流れをもっているようですね。
お水取り、は本来気学とは関係ないですから。
こういう宗教の流れを知らずに、気学を簡単に捉えてしまうのは、危険ですよ。

大切なのは「気」の獲得で、気は「水」と「火」を獲得することが重要です。
それは、ゾロアスター教の教義とは別の「気」の理論からできています。
なぜか?はまたお勉強会でやりましょうか。

さて、今日はsuperflyからずいぶん話が飛びましたが、本業は整体師です。
今日もご来店お待ちしておりますよ〜

↓予約システムが新しくなりました。ぜひご利用くださいね。

btn_yoyaku

多治見のお客様は、こちらから〜

btn_yoyaku

写真は新天町のライトアップ。
これも綺麗だったな〜

12309301_1188697911145173_88246177_n

サラリと素敵な人

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日はお義父さんの仏前で正信偈を唱えてから出勤しました。
店についてからは、作業などもあり、この時間に更新になりました。

そういえば、般若心経が若者にも人気らしい。
こんなページを見つけました。

http://corobuzz.com/archives/1083

般若心経は大般若波羅蜜多経の要点をまとめたお経。
だから、「心」経です。

まぁ、現代語訳は。。。
これはこれで間違ってないんでしょうけど。
ちょっと賛成できない部分もある訳な気もせんでもないですね。

般若心経の重要な思想は「空」です。
諸法空相のお経とも呼ばれ、「全てのものは絶対的な形はなく、捉え方によっていかようにも変わる」という意味です。
これに対して法華経は「諸法実相」のお経であり、「全てのものはそのままで素晴らしい」と語ります。

どっちがいいか?とかそういう問題でなく、どちらの思想も素晴らしい。
そして、どちらの考え方も必要です。

般若心経は僕も大好きで、出勤前のジムで、サウナの中で唱えています。
ちょいぽちゃの兄ちゃんがブツブツ唱えながらサウナで大汗をかいている。
想像するだけで異様です。
だから、僕がサウナに入ってるときは、誰も入ってこないのか?

この般若心経は釈迦が亡くなったあとずいぶん立って成立したもののようです。
おそらく紀元2世紀ころですね。
龍樹が「大智度論」を著したのと同じくらいの時期のようです。
そして、作者は誰だかよく分からない。
このミステリアスな感じも好きです。

で、よく読んでいくとわかるのですが、般若心経というのは「否定のお経」です。
お経の至る所に「不」「無」という字が並びます。
さきほどのリンクの現代語訳の秀逸なところは「無」を「こだわらない」と訳しているところ。
これには、僕も大賛成。
「無い」と訳すより「こだわらない」の方がいいと思います。

「無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得。以無所得故。菩提薩垂。依般若波羅蜜多」

とあります。
「見える部分にこだわることもなければ、思うことにこだわることもない。無知であることも、無知がなくなることにもこだわらない。だから、老いや死にもこだわらない。四諦(またいつか述べます)にもこだわる必要ないし、悟りにも何かを得ようとすることにもこだわらない。だから、菩薩は大いなる智慧に辿りつくことができる。」
と簡単に意訳できます。

釈迦は四諦(苦・集・滅・道)を教えの根底においたわけですが。
苦は、一切は苦しみだ、ということ。
集は、苦しみには原因がある、ということ。
滅は、でも苦しみはなくすことができる、ということ。
道は、そのためには、必要な手続きがある、ということ。

この苦・集・滅・道を「こだわる必要がない!」と言い切るところが好きです。
ここにこだわると、仏教の修行を通さなければ救われない。
つまり、ここから「だれでも救われる」大乗仏教が大きなうねりをあげて広がるわけですね。

でも、「こだわらない」だけであって、否定はしていない。
だから、こだわらなくても、出来ちゃうことが重要なんですよね。

朝出かけるとき、近所のおじさんに挨拶しました。
いつも朝はマンションの前にたって、出かけていく子供達を見守ってくれています。
彼にこだわりがあってやってるのか?
何かの修行のためにやっているのか?
違うはずです。
ただ、当たり前のように立っている。
それだけです。

資産何億円の方が、お勉強会に来てくれています。
いつもニコニコしています。
僕も彼女を「先生」と呼ばせて頂いていますが、「先生、いつも笑顔が素敵ですね。」と言うと、

「そう?普通ですよ。」

とおっしゃる。
彼女にとってニコニコは当たり前のことなんですね。
当たり前のように、こだわりを持たず、素敵。
これはなかなかできませんね。

だいたい、釈迦は「苦行では幸せになれない。」といって仏教を開いた人です。
実は幸せへの道は、とっても簡単なのだと思う。
こだわらず、サラリと素敵な人。
これを目指していきたいものです。

僕がどうしてもしっくりこないのは以下の部分。

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

「羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経」を訳した部分ですが。
これを直訳すると。

「行け、行け、悟りに向かっていけ、みんなで渡っていけ、菩提の世界へ。」

みたいな感じです。
だから、心は消えというよりも、そのままの自分と周りのまま救われろ、みたいな感じなんですよね。
菩提だから、心は消えと言ってるのか?
いやよく分からないけど、何というか、もう少し軽さが欲しい。
ちなみに、お師匠さんは

「行こうよ、行こうよ、悟りの世界に向かっていこうよ。みんなで行こうよ。行けば菩提の花が咲く。」

と訳していました。
やっぱりこっちの方がスキッとしていいですね。
「行けば菩提の花が咲く。」
花を咲かせるのは、向上心とどんな苦の中にあっても光を見失わない覚悟なのだと思う。

では、今日もご来店お待ちしておりますよ〜!!

btn_yoyaku

多治見店のお客様はこちらから〜

btn_yoyaku

写真は鑑定ルームの黒板。
黒板シートだけだと上手く貼れずに剥がれまくっていたので、ちょっぴり手を入れました。
手を入れることを、易では「中する」といいますね〜。
ちなみに、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」は「中るも八卦、中らぬも八卦」の方がより易の本質を表しています。
現状をどう受け止め、どう変えていくか?は自分次第なんだ。

12305849_911047968972473_571634501_n

世界に一つだけの花

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日、福岡に帰ってまいりました。
月末ということで、銀行回りなどでバタバタして、ブログも更新できずにおりました。

さて、戻ってきたら、先日打ち合わせをした某企業さんの会員誌の監修した記事の初校が出来上がっておりました。
想像以上の出来で、正直ビックリ。
やはり、どの道にもプロというのはいるもので、あれだけの打ち合わせで、これほどのものを作り上げるということには、驚かされました。

落ち着いたところで、今月の易の卦を出してみました。
年盤と月盤を見てみると、「旅」の第5爻。
今月の方針を問うたところ、「賁」の初爻。

「旅」というのは旅行のことで、今月はどうも落ち着かない。
体調も崩しがちだし、懐もさみしい。
すでに、それは見越せていたりします。笑
どうやら、今月は一つの節目を迎えるみたいです。
だから、あまり心配することはない。
ゆっくりと過ごしたいものです。

問題は「賁」です。
これも面白い卦です。
今月は、ちょっとオシャレに気をつけよう。
そして、イライラは厳禁ですね。
年末には、多治見と春日井のスタッフとの忘年会が控えています。
そこで、色々と話を聞きましょうかね。

人にはそれぞれ思いがあって。
別々の方向性をもっているわけで。
例えば、僕は整体というものに大変な興味と誇りをもっているわけですが。
スタッフによっては足つぼに誇りを持つ人もいれば、ほぐしにプライドを持っている人もいるわけで。
それを「我」とかいいますが。
それは、全部良いんですね。

「コンセプト」という言葉があり、ひと昔前流行りました。
僕には「コンセプト」というものはないのかもしれません。
施術を統一するなんて、絶対したくないし、うちの店が一番だなんて思いたくない。
そういう意味では「愛社精神」なんてものとは無縁なのかもしれません。

僕が大切にしたいことは、「正信偈」の中の「自然即時入必定」です。
これは、そのまんまの自分で仏になるということ。
「善人なおもて往生す。いわんや悪人をば。」
という親鸞さんの一番大切にした言葉だと思います。

だから、僕は基本的には、やる気さえあれば、どうぞうちで働いてください、というスタンスです。
特に選別するような面接とかはしません。
もちろん、かといって、絶対うちで働ける、というわけでもありませんので、あしからず。笑

だから、うちのスタッフさんは、本当に個性的です。
40歳超えてもバリバリよさこいとかやってる人もいるし。
全然プライベートの話をしてくれない人もいるし。笑
風のように現れて、店の売上を80%くらい上げてくれた人もいます。

全部違って全部いいんです。
違いを認めることにこそ、価値があるはず。
でも、全部が全部自分勝手だと、方向性が決まらないから、やっぱりまとめることは大切で。
それを、易では「賁」という卦をもって説明しているわけですね。

賁は髪飾りのことで、そこから「まとめる」という意味がでます。
だから、まとめるためには「賁(かざ)る」ということが大前提です。
つまり、相手を褒めることが出来なければ、組織はまとまらない。
褒める、とは、そのまま相手を認めることですよね。
決しておべっかを使うわけではないです。

飾るためには、こちらの心が明るく情熱に燃えていることが大切だ、と言います。
つまり、相手を飾る前に、自分の心を明るく飾ることが大切ですね。
自分という花が明るく開けば、自然と蝶は寄ってくる。
だから、まとまるのです。

花は本当にすごい。
冬はただひたすら耐えて、地中に根を這わせ。
春になれば、一気に咲き誇り、美しい花を咲かせる。
そして、虫を受け入れ、彼らに蜜を与え、花粉をまとわせ、さらに広い世界に子孫を繁栄させる。
経営そのものですね。

花に出来ることさえ、人には出来ないものですね。
冬は嫌だと、人生を諦める人。
自分の花を咲かせることを考えず、他人の批判ばかりする人。
他人を許せず、自分の懐に入れることが出来ない人。
蜜を与えることをさせず、入ってきた虫を食べようとする人。

このどれもが、過去の僕だったりするな、と書きながら思います。
今では、ずいぶん人間変わってきたな、と自分では思うわけですが、周りから見たらどうなのでしょう?
また、会った時に教えてくださいね。

明日は、月に一回のオデコの病院です。
病院が終わったら、お義父さんの月命日で妻の実家にお経をあげにいきます。
ということで、昼くらいから開店です。
よろしくお願いします〜!!

ご予約はコチラから〜

btn_yoyaku

多治見のみなさま、12月も2回ほど参りますよ〜!!
今年の疲れ、今年のうちに〜!!
お会いできること、楽しみにしております〜!!
ご予約はコチラからお願いします!!

btn_yoyaku

写真は昨日、仕事後に妻とデートしたソラリアの前の公園のイルミネーション。
霧の中の光、かぁ。
まるで、一白水星。

12333980_1188697884478509_676312439_o

朝食をしっかりとろう

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は多治見で易のお勉強会をしてからスタート。
少人数でしたが、面白かった〜。
たくさん集まると、勉強は効率が上がるので、ぜひ、来月は多治見近辺の方、お越しくださいね。
12日に気学、26日に易です。
特に事前申込みなどは不要ですので、気になる方はぜひお越しください。

<開催場所>
〒507-0071 岐阜県多治見市旭ケ丘8丁目23
長高寺 様
(TEL:0572-27-2505)

さて、今日は施術もたくさんさせて頂きました。
これから、名古屋に向かって顔相のお勉強会です。
顔相も面白いですよ。
受講者のみなさま、お楽しみに。

施術では、なぜか三碧木星を本命にもつ方が集中。
三碧さん、今月はつらいですね。
来月もつらいから、安心してください。
でも、年明けからかなり運勢は回復。
忙しくなれば、体の痛みも忘れてしまうような星だから、きっと大丈夫でしょう。

ただ、皆さんに共通して心配だったのが、朝食。
パンで済ましたり、抜いていたり。
先日も書きましたが、胃がもっとも活発に動くのは朝7〜9時です。
そこで、しっかりと食事をとりたい。
しかも、消化にいいものを。

やっぱり朝は粥。
山芋入れて、食べたいですね。
愛知にいるときは、母が粥を準備してくれます。
ありがたい限り。
梅干しと一緒に熱々のお粥を口に含むと最高です。
不思議とやる気も出てくる。

みなさまも、朝食、少し気をつけてみてくださいね。
今日は時間に追われているので、この辺で〜。

月曜日の昼から福岡に戻ります。
ご予約はこちらから。

btn_yoyaku

多治見のみなさま、明日もおりますよ〜。
ぜひ、ご来店くださいませ〜。

 

 

btn_yoyaku

写真は

家族になろうよ

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日の夕方から愛知に向かいます。
明日は易の勉強会が9:00〜12:00にあります。
特に事前申込みなどは不要ですので、気になる方はぜひお越しください。

<開催場所>
〒507-0071 岐阜県多治見市旭ケ丘8丁目23
長高寺 様
(TEL:0572-27-2505)
受講料:5,000円

さて、お義母さんとの同居が今週の頭から始まりました。
お陰様で、楽しく暮らせております。
これも、義母の人徳です。

本当にいつもニコニコしてらっしゃる。
頭が下がります。
僕も歳をとったら、こういう風になりたい。

妻も僕も、今年は「家」がキーワードです。
正確に言えば、若干意味合いが変わるのだけど。
でも、こうしてお義母さんとの生活を始められたのは、家族みんなにとって良いことだと思います。

息子も、お義母さんがいてくれると、宿題をしっかりやっているようだし。
お義母さんも、洗濯などの家事をリハビリがてらやってくれているし。
何よりも、朝晩の食卓に笑顔があふれているのが嬉しい。

社会の最小単位は家族。
ここを大切に出来なければ、人生の基盤は整わないなぁ、としみじみと。

思えば、こういう基盤をぞんざいに扱ってきたこれまででした。
結婚、子育て、全部軽く考えていたと思う。
そんな中で息子は本当によく育ってくれました。
そして、息子をここまで育ててくれた全ての人に感謝です。

「アナン、」という本を読んでいます。
名古屋の気学の師匠に頂きました。
今、下巻の途中です。
行きの飛行機の中で、読破してしまうでしょうが、良い本です。
人の弱さ、すごみ、読んでいると何とも言えない感情が湧いてきます。
とにかく、息子を大事に育てよう、と決意をさせてくれる本です。
オススメですよ。

易に「風火家人」という卦があります。
あまりメジャーな卦ではないけど、家相上ではとても重要な卦で。
家の中をまとめなければ、社会生活の整いはない、と語ります。

修身→斉家→治国→平天下

と朱子は言いました。
つまり、自身の生活を整え、家を整え、そうすれば国を治めることが出来、その先には世界平和がある、と。
朱子は好きじゃないけど、この理想論は好きです。
つまり、個人生活と世界平和は絶対につながっている。

ISによるテロとそれに対する報復の応酬で世界はとても平和とは言えない現在。
一概にISを責めることは出来ないだろうし、イスラムをISが代表してるようにも思って欲しくない。
タイではムスリムにたくさん出会いました。
また、ハラール(イスラムで合法の食事)も何度か食べました。

そこで感じたのは、イスラム教は本当に優しい宗教だ、ということ。
僕が出会ったムスリムは皆、穏やかで寛容な人々でした。
ハラールも厳格に法を守るだけでなく、様々な工夫で本当に美味しかった。
イスラム教とは何か?という問いには答えきれないけど、その優しさは肌で感じることが出来ました。

そして、彼らにも家族がいる。
レストランで出会ったムスリムの親子は、幸せいっぱいで、素敵な笑顔をしていた。
レストランのウエイターの女性は丁寧に対応してくれた。
厨房から顔が見えたシェフはフレンドリーに話しかけてくれた。
みんなが家族みたいな、ほっこりしたレストランでした。

風火家人は一家族のことだけを語るのみでない。
分別があれば、どんな人とでも家族になれる、と語る卦です。
僕はこれを信じたい。

まずは、自分の身の回りから大切にしていく。
その先に、世界平和があるはず。
そのために、何が出来るか?
何も出来ないことは分かっています。
でも、少なくとも目の前にいる人々とは、心の中で家族になりたい。

そうだ、お母さんにお土産を買っていこう。
お母さんは明太子が大好きだから。
弟も喜んでくれるかな?

そういえば、スティーブ・ジョブズがこんなこと言ってた。
同じ九紫火星として、非常に共感出来る内容。
ジョブズでさえ、最後は「愛」を語った。
彼が、これに気づくのがもう少し早ければ・・・。
世界はあれほどの才能を、あんなに早く失うことはなかったかも知れない。

今日は14:30まで!
まずは、ご自身の体から整えていきましょう〜!!
ご予約お待ちしておりますよ〜

btn_yoyaku

多治見のお客様はこちらから〜!!

btn_yoyaku

ガーベラが綺麗に咲いてくれました。

12299670_909085729168697_1032634548_o

1 35 36 37 38 39 40 41 42 43 49