toggle
Blog

2勝1敗

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今朝は久しぶりに体調が悪く。
午前中だけお休みを頂きました。
昨日の夜からなんだか身体が重くて、帰宅後すぐに寝て。
多分13時間くらい寝たんでしょうか、今は随分とすっきりとしました。

先月はあらゆることが好調で。
それに酔って、身体に目を向けていなかったと多治見の易の生徒さんやスタッフには伝えましたが。
やはり無理はいかんですね。苦笑

東洋思想の根本には「陰陽」というのがあって、陽と陰は循環しながらバランスをとっている、とされるのですが。
元気、というのもまさにそのとおりで、身体も良いときと悪いときを繰り返すわけです。

気学のお師匠さんは、

「人生の2/3は陽で、1/3は陰でちょうどいい」

と言っていました。
1/3の休息は2/3の飛躍に欠かせない。
なるほど、人間も人生の1/3は布団で過ごしますもんね。

だからこそ、1/3をどうすごすのか?が重要なわけですが。
こうやって、死んだように寝るのもときとして大切なことだな、と思いました。

豊田、多治見行脚のときは、ここぞとばかりに予定を入れていて。
睡眠時間は平均すると5時間ないんじゃないか?という感じなのですが。
これからは、少し余裕を持たせていこうと思います。

まぁ、こんな考え方でやってるから、目標も70%達成でまぁいいかな、と思ってます。
もちろん、我々も商売をしているので、毎月、毎週、毎日の目標は立てるのだけど、100%達成が素晴らしいとは思ってません。
だから、スタッフにも

「月のうち、20日だけはしっかり売り上げて」

と伝えてあります。
2勝1敗でちょうどいいのだと思ってます。
逆にいえば、2勝1敗で食っていけるモデルを作らなければいけないので、そういう面では大変なのだと思いますが。

人生は2勝1敗でいい。
これは気学の生徒さんにもお伝えしていることですが、本当に大切な考え方だと思います。
逆にいえば、1敗を上手にすることが大切。

「負けていいところ」と「負けられないところ」を知っておかないと、上手く負けることはできませんから。
あなたにとって、「譲れないもの」と「失っても仕方ないこと」は明確になっていますか?
僕も、少し考えてみます。

日常生活でも、たまには自分の体を見つめる時間を作りたい。
お疲れの方、お待ちしておりますよ。
特に足つぼは、全身が投影されていますので、自分でも気づけなかった体の疲れに気づくことができますからオススメです。

そういえば、出勤してすぐに、HPの営業のお電話を頂きました。

「HP作りませんか?SEO対策ってご存知ですか?」

と威勢が良く、かつ丁寧なお兄さんの声でした。
が、HP作成業者であれば、HPを検索してから電話したらいいのに、と。
そして、僕の妻がHP作成のプロというのも書いてあるのだから、SEO対策とかしっかりしてるのも想像出来ないのかな?と。

まぁ、そこはいいとしても、断っても何とかアポを取ろうと必死に喰らいつくところがどうにも苦手で。。。
せめて

「資料を送付しますので、目を通してください」

くらいにしておけば、

「気分のいい会社だな」

と思えるのですが、そうではなかったので、今後もその会社と取引することはないでしょう。
やっぱり退き方って大事ですね。
でも、攻め方は教わっても、退き方はなかなか学ぶところがないのが、今の日本の現状なのかもしれません。
やはり、より多くの方と易を学ぶ必要があるのだな、と思った木曜日の昼下がり。
では、お客様がそろそろ見えるので、準備しなくちゃ。

そうそう、9/13に予定していた「顔相すぺしゃる」は10/11に変更させて頂きます。
そして、9/13はお休みとさせて頂きます。
どうぞ、よろしくお願いします〜。

写真はお気に入りの時計。

時計

風は吹いている

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
台風の影響で飛行機が飛ばず、新幹線で福岡に帰ってまいりました。
天気にはかないませんね。

さて、今回も多治見で気学と易の講座をしてまいりました。
気学はもうすぐ1年、易はやっと3回目。
でも、ずいぶんと人生が動いている方もみえて、嬉しい限り。
僕の授業が良いとかではなく、受け取り方と実践と人生を諦めない姿勢が素晴らしい、と思うのです。

スタッフもずいぶんと変わってきました。
本当に人間的に高まってきているのだと思います。
あとは、運営力と施術力といった実践の力をつけて欲しいと思うばかりです。
もちろん、僕もまだまだなので、精進あるのみです。

今回は平日ということもあり、ご挨拶できなかったお客様も多く、残念な部分はありますが。
それでも、やはり多治見という土地は、僕を育ててくれた街なんですね。
19号線を外れると、全然人気がない街ではありますが、それでもガンバってお店を盛り上げていきたい。
改めてそう誓った次第です。

さて、足というのは本当に面白いです。
体がそのまま投影された「反射区」というのがあります。
「反射」というのは「無意識の刺激」のこと。

だから、足裏にある「反射区」を押せば、意識しようがしまいが、対応する体の部分に刺激がいきます。
これは、気学でもそうで、意識しようがしまいが「気」の影響は受けます。
無意識で吉方を選べる人、知っても凶方を選ぶ人。
それぞれで、検証していくと本当に面白いものですね。

経絡の始まりは、狩の最中に、草などで怪我をしたら、不思議と体の他の部分の痛みが改善された経験から来ていると推測されています。
つまり、偶然を検証しつづけた訳ですね。
気学も一緒です。
でも、東洋医学はれっきとした技術体系で、気学は占い、と認識されているのが、少し寂しい。
同じなのに。。。

そういえば、「靴の踵を踏んではいけない」と母に教えられました。
気学でも靴は母で、それを潰すのは母を潰すことであり、自分に対する絶対の安心を潰すことだ、と語られます。
母は気学の言葉で僕を叱りながらも、気学を「占い」と言っていました。
でも、少し前に師匠の本を貸した時、

「あんたの読んでる本、本当に納得させられるね」

と言ってくれました。
あの一言は、本当に嬉しかったなぁ。

足は大地と身体の板挟みになりながら、一言も文句を言わずに支え続けてくれている。
やはり、足は母なんですね。
お母さんを労わるように、足裏を労わろう。
ご予約は以下をクリック。

btn_yoyaku

そういえば、「かみさまとのやくそく」を見た妻から

「おかあさんとハグすること」

を宿題に出されました。
結論から言えば、さすがに照れくさくて出来ませんでした。
母の胎内から生まれ出たくせに、母と接触すら出来ない。
不徳でしょうか?
それとも甘えかな?

写真は最近使い始めたサーキュレーター。
自分と母との間に、新しい風が吹けばいいのに。
いや、風はいつも吹いているのに、気づけない自分がいるだけ、なんだろうな。

サーキュレーター

かみさまとのやくそくを思い出したかな?

こんにちは〜福岡市大手門の整体&気学教室サロンの紗里です♪
珍しく今日は私が短いブログを(笑)

先週末は、バンコクから素敵なカラーリストの章村依里先生をお招きして講座を行いました。
気学的にみても依里先生は、うちの主人とは運命のつながりがあり、私ともご縁がある方なのですが、バンコクで大変お世話になってから1年半後にこのような講座を福岡で行う機会が巡ってくるとは思いませんでした。

こういう不思議なめぐり合わせはは、よくあるのが人間の世界の常なのかな。なんて、私はいつも感じていますが…
それはやっぱり人それぞれ、現実の受取り方が違うのでさまざまなんでしょうか。

そして、昨日は大野城で上映された胎内記憶のドキュメンタリー映画【かみさまとのやくそく】を友達と一緒に観てきました。
ずっと観てみたいと思っていた映画なので、あるよ〜♪って教えて頂いた時、すごく嬉しかったです。(気学の先輩である松尾さん、いつもありがとうございます。)

私は、子供の頃お母さんのお腹にいたことをぼやーっと憶えていて、でもこれは夢でみたのを憶えているのかな?とか人に話したら恥ずかしい。とか思っていて人には言えずにいました。(きっと誰かには言ってると思うけど)
その記憶は、とにかく、あったかい水の中で気持ちいい。という感じ。
ピンクのうす~い光の中に自分が丸まっているイメージを子供ながらに頭にイメージしていました。

そして今回この映画をみて、やっぱり胎内の記憶ってあるんだ〜。って感じて、あったかい気持ちになりました〜。
そして、たいわ師の南川みどり先生のインパクトもすごかったです。
インナーチャイルドを癒やすという場面では、私も涙が溢れてきましたし、私のインナーチャイルドにも語りかけながら観ました。
みなさん、この映画見る機会がありましたら120%オススメです。

何より、みんな産まれてくるときに、今の命でやることを(使命)を神様と約束しているというではないですか〜!!これは、気学の世界でもしっかりと意識するのですが、使命を果たしていくと天命になるということとおんなじですね。やはり東洋の智慧はすばらしいです〜。

そして、私は、映画を観た後に、「私のやくそくはこれだ〜!」と腑におちる感情がしっかりとありました。
無性に母に会いたくなり、夕方母のいる病院に行って、ハグして伝えました。
「ずっと、ずっと、ありがとう〜」

みなさまにも自分をつつむ光のオーラが自分の人生をよろこびに運んでくれることと思います〜。

かみさまとのやくそく
オチがなくてすみません。。。
とにかくあったかい気持ちになったんだよ〜。ってことが伝わっていれば本望です。

左半身の痛み、右半身の痛み

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は多治見で気学と易のお勉強会。
福岡では妻が鑑定をしていますので、気になる方はどうぞ。

昨日のカラーの講座はかなり盛り上がりました。
気学でも「色」は活用の範囲が広いので、これから様々な場面で色に注目することになると思います。
また楽しみが一つ増えました。

章村先生は名古屋などでもセミナーをしたいとのことで。
かなり面白いセミナーなので、名古屋、春日井、多治見の方にはまたこのブログ上でもお伝えしたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

さて、昨日のセミナーには漢方の薬剤師さんも参加されていました。
この薬剤師さんとは懇意にさせて頂いていて。
いつも刺激をもらっていますが、昨日も面白い話を聞きまして。
漢方の右半身の痛み、左半身の痛み、と気学の陰陽の考え方が見事にマッチしていて、二人で感動していました。
また施術も変わりそうで、自分でも楽しみです。

そういえば、昨日は名古屋にフライトのあと、二件アポが。
一件は整体で、もう一件は新しいお名前の納品(?)。
喜んで頂けたようで、一安心。
今回の多治見行脚も、良いスタートが切れました。

今日明日のスケジュールは、平日ということもあり、割と施術は空きがあります。
もしよければ、ご来店くださいね。
写真は、最近仲間入りしたキャンドル達。
こんな灯し方もいいね。

IMG_0346

吉野家の看板がオレンジの理由

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日の夜から今朝にかけて降った雨のおかげで、ソフトボール大会が中止になりました。
というわけで、朝からお店にいます。

今日はバンコクから「章村 依里」先生をお招きして、カラーの講座。
昨夜は前夜祭(?)というわけで、友人たちと先生を囲んで食事。
そこで出たカラーの話がめちゃめちゃ面白くて。
店を出たのは日付が変わる頃。苦笑

昨日の話で印象的だったのは、カラーと気学はかなりリンクするということ。
そして、カラーと体もリンクするということ。
教えて頂いたことを活かしていけば、もっと良い店作りが出来るはずです。
精進してまいりますね。

教えて頂いたことの一部をブログでも書いていこうと思いますが、まずは検証が先。
実際に試してみて、自分自身が結果を出してからですね。
知行合一、が大切ですもんね。

というわけで、今日も施術をしながら、聞き耳を立ててセミナーも聞けたら、と。
いや、無理でしょうね。笑
妻の気学とリンクさせてのセミナーですので、かなり面白い講座になると思うので、残念ですが。

あと若干ですが、空きがありますよ。
当日の予約も大丈夫ですので、ぜひご来店くださいね。

詳細はコチラ

写真は準備中の章村先生

依里せんせい

産後のケアに整体

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は朝から育成会の会合。
でもって、夕方から地域のソフトボール大会の設営。
でも、「仕事が入ったらいけません」と言ってあるので、是が非でも仕事を入れたい!
ご来店お待ちしております!笑

さて、先日、産後間もないお客様がご来店。
その前にもそういった方がみえて、最近産後ケア部門で人気の整体師になってしまったのかしら?

さて、産後のお悩みといえば「産後太り」でしょう。
いや、ほとんどが「産中太り」だと僕は思っていますが。
妊娠後期で+10kgとかはさすがにまずい。
新生児(約3kg)と羊水の重量(約500g)、あと浮腫みを考えてもせいぜい+5kgでしょうね。
それ以上は脂肪になっていると考えられます。

だから、産後よりも妊娠期間中のケアの方が大切ですね。
安定期に入って、お医者さんの同意をもらった方であれば、施術できますので、ご相談くださいませ。

産後太りの原因としてあげられるのが「骨盤の開き」。
普段はそんなに骨盤は大きく動きませんが、出産になると話は別。
身体からあんなに大きな胎児が出てくるのだから、当然骨盤は普段以上に広がります。

骨盤を締めて安定させているのは、靭帯です。
出産時はこれが引き伸ばされるわけです。
そして、伸びた靭帯は、その後自力で縮むことは出来ないわけです。
だから、出産後は臀部周辺の筋肉で骨盤を強く支えるわけですね。

そこで大きな働きをするのが、大腿筋膜張筋という筋肉です。
で、この筋肉の上に胆経という経絡が走っておりまして。
この経絡は肝経とセットになっていて、ストレスなどから戦う部署です。
だから、産後太りを防ぐにはストレスケアが必要ですね。
もちろん、大腿部には胃や腎臓などの経絡も走るので、全てが肝胆だけではありませんが。

男性はこのことを知って、

「お前、最近太ったんじゃないのか?」

とか言うことなく、奥様をたまには女子会に行かせてあげてはどうでしょうか?
育児を引き受けて、家事も引き受けて、ストレスを軽減させていくことはとても大切です。

「育児、自信がない」
「家事、やったことない」

そんな方は、当店に奥様をお連れください。笑
写真は最近模様替えしたサロンスペースの観葉植物たち。
夏は暑さのせいか、すこし元気がない子もいたけど、最近復活してきました。

IMG_0336

断食を破る

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロンの享佑です。
今日は気学の大先輩とのランチを楽しんでからの更新。
お腹がいっぱいで、頭が働きません。苦笑
消化にエネルギーを使うと頭の動きは悪くなりますね。

消化は五行では「脾」で「土」。
頭の働きは「心」で「火」。
火 生 土
ですから、土を働かせすぎると、火は弱くなります。
なるほど、ここでも西洋医学と東洋医学の一致が。

「腹に食物がない状態だと体は強く健康に整う」と易の風天小蓄は語ります。
ここ数年、fast(ファスティング)が注目されていますが、正しい指導の下に行えば、かなりの成果をあげると思います。
ファスティングというのは「断食」を意味する言葉です。
そのfastingを破る、という意味で朝食を「breakfast」と呼ぶわけですね。
一般に炭水化物は体内に滞留する時間は8〜10時間程度。
タンパク質は10〜12時間程度、と言われています。
つまり、一日に3食取っていると、腹には常に食物が入っている状態なわけで、消化器官を完全に休ませられる時間はほとんどないわけですね。
そういうことを考えても、たまには消化器官をしっかり休めることは良いと思います。
たとえば、お昼の12時に昼食を食べて、夜食べずに次の日のお昼まで我慢すれば12時間食べ物を体に入れないことになるわけで。
うまくやれば、かなり良いのではないかな、と思います。
僕自身も、タイではこの方法を試したりしていて、実感として体調は良かったです(あくまでも個人の感想です)。

秋から冬は、発展ではなく収斂の季節。
中に取り込むよりも、外に出さないことが重要な季節です。
断食をオススメするわけではないですが、たくさん食べることよりも、エネルギーを使わないことを考えたい季節ですね。

ランチはステーキを食べたのですが、僕はガラケーなので、写真を撮っていません。笑
というわけで、当店に新しく加わった仲間を。

うま

無言の説

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日も友人がご来店頂いたり、打ち合わせに来て頂いたり、ご紹介でお客様にお越し頂いたり、何だかバタバタした一日でした。
妻と9月の戦略を練る時間を取ろう、と話をしていたのですが、一昨日のソフトボールの筋肉痛と慌ただしさが相まって、なかなかしっかりとした話し合いも出来ず。
いまいち不調ですが、これもすでに来月の気が立ち上がっているのだな、と理解。

9月は七赤中宮。
9つの星の中で「七赤」という「気」が世界の中心に座る月です。
そのとき、九紫火星の僕の命の気は西に座るわけですが、どうにもやる気が起きないのはそのせいもあるかも(詳しい説明は気学のお勉強会にお越しくださいね)。
だからこそ、心を明るく過ごす必要がありますね。

僕は、東洋医学を深めるために気学を学んでいるわけで、あまり運勢とかを語りたくはないですが。
好不調の波は確実にあるわけで。
それをあらかじめ知っておくことは、生活の質や仕事の質を高めるために重要だったりします。

さて、先日、「みえる」タイプの友人と色々とお話しました。
彼の言葉には、全然バックボーンの理論とかは見えないのだけど、不思議と心に染み入る感じが好き。
彼は「感じる」という言葉を多用するわけですけど、それはそれで大切なことなのだ、と実感。

彼も(多分)七赤金星という生命の形をもっているのですが、七赤は易でいえば「兌」。
言べんをつければ「説」。
だから、七赤本命の人はよく喋りますね。
ただし、七赤は「兌」であるわけですから、無言の「説」なわけです。
彼の話は理屈抜きでたのしい。
彼の言葉ではなく、感性というか、うまく言葉に出来ないけど、そこが素敵なわけですね。

話がよく分からなくなりましたが、とにかく、運勢上では、9月は本命星が「九紫」「三碧」「五黄」の方は、ちょっと要注意。
どう注意するのか?はそれぞれに違うので、詳しくはお勉強会にお越しくださいね。
また、本命星が分からない!という方はこちらでチェック!
また、LINE@でも毎月の運勢をお伝えしています。
自分の本命星をトークで送信して頂ければ、その月の運勢が返ってきますよ。
9月(9/8〜10/7)は9/7に更新の予定です。
どうぞ、お楽しみに〜

写真は最近仲間入りした観葉植物。
妻の友人が開店記念に贈ってくれました。
今日も感謝なのです。

IMG_0324

48,000円のグローブ

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロンの享佑です。
さて、昨日は9月のスタートであり、僕にとって物事が進みやすい地の気をもった日(気になる方は、10月から始まるお勉強会へどうぞ)でもあったので、朝からIKEAに買い出しに。
昼ごはんは、以前から気になっていたお好み焼き屋さんに行ってから出勤しました。

昼過ぎには、なぜか?示し合わしたかのように友人がお店に寄ってくれ、なんだか賑やかに。
そうこうしていると、お客様もご来店くださり、なんだかあっという間に時間が過ぎました。
18:00からは、今週末に行われる地域のソフトボール大会の練習に参加。
久しぶりに全力で投げて打って守ってと、体を使いきりました。

やはり、体というのは鈍っているもので、思ったように動かせなかった、というのが実感です。
意識と実際の動作のギャップ。
これで体を痛めやすいのだな、と実感。
いかに力を抜くか?を動作の信条としているくせに、やはり運動ではいまいち力が抜け切れていなかったようで、今日は身体中が筋肉痛です。苦笑

「物を早く遠くに投げる」という動作と、「物を遠くに打って飛ばす」という動作は、人の動きの中でも最も美しい動きだと僕は思っていて。
だからこそ、早いものの動きというのはメジャースポーツに必須の条件だとも考えているのですけど。
とにかく好きなのです。

「物を早く遠くに投げる」ためには、体の末端、特に投げるものを支持する腕を極限まで加速させる必要があります。
たとえば、140km/hのボールを投げるためには、腕はそれ以上の速度を出さなければなりません。
動作を初めてから1秒ちょっとで腕を0km/hから140km/hまで持っていくのは、普通に考えても以上です。
0km/hから100km/hに車を一気に加速させる0-100では世界記録は2.3秒です。
それよりもはるかに早い速度で体を動かすわけですから、人間の体はよくできていますね。

そして、さらにすごいのは、そこまで加速させた状態の体を、その次の瞬間には0km/hまで減速させることです。
機械では無理です。
車でそんなことしたら、すぐにブレーキとタイヤはダメになるでしょう。

そんなすごいことを、人間の体というのはいともたやすく行うわけです。
だから、正しい知識がなければ、すぐに壊れますね。

体を使うときに大切なことは、

「いかに力を入れるか?」

ではなく

「いかに力を抜くか?」

にあると思います。
特に、回旋系のスポーツ(野球、ゴルフ、テニス、バレーなど)では、とても重要です。
地面を蹴って作ったエネルギーを、いかに手先までブレーキをかけずに届けるか?が重要。
だから、力なんて入れちゃだめです。
ブレーキをかけてしまうから。

でも、力が入っちゃうんです。
脳の癖なんでしょうね。
なかなか力は抜けませんよ。

僕でも、全然抜けませんでしたから。
だから、ブレーキで筋肉に負担をかけて、筋肉痛を起こしているわけですね。

良いパフォーマンスのためには、脱力が必要。
これは、易でも語られていることです。
良い仕事をするために、良いリフレッシュが必要。
野球も仕事も、根性論に走らないように。

写真は、僕のグローブ。
16歳のとき、無駄遣いを我慢しまくって、お年玉とかもためて買った、大切なもの。
金額は、当時の僕には(今も?)、超高額だった48,000円+税。
プロが使うものと同じモデルのものを使えば、どんなボールでもキャッチできると信じて疑わなかった、16歳の僕。

ミズノプロ

秋はにわとり

こんばんは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
昨日はブログを始めてから、初めて更新をお休みしました。
朝からお祭りの片付けに駆り出され、その後は施術をずっとしていたのが理由ですが。
今日のブログも、一度昼過ぎに書いたのですが、下書きに保存しようとしたら、なぜか記事が消えるという怪奇現象が。
気を取り直して書きます。笑

このブログは僕の知識の棚卸としてもかなり役立っていることが実感できています。
そういう意味でもアウトプットはとても大切ですね。
「出せば入る」というのは使い古された言葉だけど、東洋では七赤金星という生命の形を使い、5000年ほど前から説明しています。

そういえば、夏休みももうおわり。
明日から2学期で、いよいよ秋も本番ですが、七赤金星は秋、新暦の9月を担当する星です。
そして、七赤金星は肺も担当します。
肺の影響は鼻水として出ますから、鼻水が出たら、もう肺の気はかなり傷んでいますのでお気をつけあれ。

四季の変化に対応するように、養生の方法論を変えていくのが東洋医学の特徴なのですが。
今日は四気調神大論から、秋の養生法をご紹介。

「秋三月、此謂容平。天気以急、地気以明。早臥早起、与雞倶興。使志安寧、以緩秋刑。収斂神気、使秋気平、無外其志、使肺気清。此秋気之応、養收之道也。逆之則傷肺、冬為飧泄、奉蔵者少。」

漢文に慣れないと、よく意味がわからないけど、ポイントとしては

「鶏と一緒に早寝早起き」
「心を安らかに」
「心を外に向けず(内側に向けて)」
おきましょうね、と書いてあります。
「これが秋の気に応じた過ごし方で、こういう過ごし方が出来ると秋の「収斂」の気を養えますよ。
逆らったら、肺の気を傷めて、冬になると下痢をしますよ」
とも書いてある訳です。

冬に快適に過ごすためには、秋の過ごし方が重要になる。
逆にいえば、冬に病に冒されないように、秋から準備しておくことが重要な訳です。

「既乱を治めず、未乱を治む。」

という東洋の考え方の根本が好きです。
そのために、気候や運勢の流れを予め知るという意義が生まれてくるのですね。
また、LINE@やメルマガでも配信しますが、9月も上旬を過ぎたころには、本命星が三碧木星と五黄土星の方は体調を崩しやすいので要注意です。
知っていれば、対策が出来ますもんね。
「自分の本命がわからない〜」という方は、こちらからチェックしてくださいね。

友人のチャンピーズさんから素敵な絵を頂きました。
普通に買ったら、18000円の絵だったらしい。
マジか・・・(ブログを拝見してから知りました)。
なんだか、プレッシャーですが、大事に飾らせて頂きます。
そして、僕もがんばります。

チャンピーズ

こきつかう

おはようございます、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今日は地域のお祭り。
昨日もその準備で昼過ぎにお店を閉めて、会場の体育館に向かいました。
高齢化の進んでいる地域ですから、若者は数えるほど。
しっかりこきつかわれました。
お役目があるのはありがたいことですね。

さて、お役目を果たすことは、「致役」といって気学では二黒土星が担当します。
役というのは、「こきつかう」という意味です。
体の中で、最も「こきつかわれている」のは役と音を同じくする「股」です。
すなわち股関節ですね。
股関節は易学では四緑木星が担当。

だから、二黒土星と四緑木星はとっても近しい関係にあり、両方とも「従順」という意味があります。
二黒と四緑の違いは?
気になった方は、当店のお勉強会にどうぞ。
10月から新しいクラスがスタートしますよ。

さて、今日は気学・易学の話はそこそこに。
股関節について思ったことを綴ろうか、と。

股関節は字のとおり、体の中で「こきつかわれる」部位です。
中学の時に、野球部で僕と同じ名字の同級生がいました。
彼は中学に上がる前に、股関節を怪我したらしく、入学式のときから杖をついていました。

その彼が、なぜか野球部に入部したのです。
「杖をついて野球?」と思ったものですが、彼は出来ることをずっとやっていました。
ボール拾いやら、練習の道具の準備やら、地味なことをやっていました。

「あんなことばっかしてて、何が楽しいのかな?」

と当時は思っていましたが、彼は喜んで雑用をしてくれていました。
今になって思えば、彼の人間性というのは本当に素晴らしいですね。
当時の僕は当然ですが、今の僕よりも魅力的な人だと思います。

股関節というのは、歩行動作でも立位でも座位でも常に使われています。
だから、太ももの骨折なんかよりも、治りが極端に悪いのです。
固定もできないですから。

だから、彼の怪我は中学校3年生の春まで続きました。
2年とちょっと、彼は下働きをしていたんですね。
でも、彼との思い出は、笑顔しかありません。
本当に不思議な男です。

やっと怪我が癒え、3年の梅雨を迎える頃、彼はレギュラーになりました。
つい数週間前まで杖をついていたとは思えないような動きで、彼の股関節は躍動していました。
練習試合では長打を連発し、あっという間に3塁まで駆け抜ける姿には、彼の股関節の喜びが溢れていました。

致役を越えたところにある喜び。
今思えば、そんな喜びが彼の心と体に充満していたのでしょう。

残念ながら、中学最後の夏は一回戦で負けてしまいました。
彼も僕も同じ高校に進学しましたが、彼は野球をやめてしまいました。
彼と同じクラスにもならなかったので、彼がその後、どんな道を進んでいったのか?はもうわかりませんが。

きっと、今もどこかで活躍しているはずです。
なぜ分かるか?
昨夜気になって鑑定したら、本当にいいお名前をしていました。笑
そしてなにより、彼はこきつかわれる辛さと、こきつかわれる喜びを知っているからです。

股は役。
股関節はつねに酷使されています。
また、股関節には「腎、肝、脾、膀胱、胆、胃」と、とても重要な経絡が走っています。
上半身と下半身をつなげるとても大切な部位ですね。
たまには労ってあげてくださいね。

股関節

股関節の写真

写真は股関節を走る経絡。

すっぽん

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON」の享佑です。
今朝は朝一から打ち合わせ、お客様、お客様・・・、でこんな時間に更新。
必要とされることは、うれしいですね。

さて、先日のお茶会、かなり盛り上がりました。
forrestの白垣さんのお話は面白いです。
妻の話も面白いけど、白垣さんの話も専門的だけど面白い。
そんな二人のコラボで、笑いの絶えないお茶会になりました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

お茶会の話の中で、

「すっぽんが補腎(腎を栄養すること)にいい!」

という話が出ました。
すっぽんなんて、食べたこともないし、食べようと思ったこともなかったけど、この話を聞いた妻が

「今度すっぽん食べに行こうっ!」

とはりきっているので、少し楽しみです。
今、大きな仕事に取り組んでいるみたいなので、それがひと段落したら、きっと連れて行ってくれるはずです。笑

腎臓というのは栄養するのが難しい臓器と薬剤師の方に聞きました。
なぜか?というと腎臓はおしっこを作るところであり、外に排出するものが集まる、いわばゴミ捨て場だからなんですね。
だから、普通の薬では腎臓に到達する前に吸収されてしまうので、腎臓を栄養するのはとても難しのだ、と。

なるほどな〜、と思いましたが、だからこそ、五行の考え方が生きるのだろうし、鍼灸や我々のような整体術などが有用なのでしょう。
腎の気、というのは誤解を恐れずにいえば、生きるエネルギーそのものだったりするわけですから、増やすことより減らさないこと。
女性で最近、髪がパサパサしてきた、なんて方はかなり腎の気が痛んできていますよ。
ぜひ、すっぽんを食べるか?当店にご来店くださいまし。

当店のソファに新しい仲間が加わりました。
抱いて良し、膝に乗せて良し、待ち時間が少しほっこりするはずです。

アカコ

1 39 40 41 42 43 44 45 46 47