易は伏義により提唱され、文王によって書となり、孔子の手によって近代的な文章にまとめあげられて、儒教の五経の中心的な経典となります。 日本には仏教とほぼ同時期に入ってきて、為政者たちを中心に解釈が進められ、政治や経済活動、 …

易、風水、気学を一体化、独自の技法で人間力と人格の成長を図ります。 孔子によって近代的な文書として完成され、儒教の根本聖典や人倫の書として用いられてきた易。朱子による誤解や江戸幕府の御用学問とされた歴史もあることから、こ …