新型コロナウイルスに伴う感染拡大防止の対策と営業に関するお知らせ

展望と開運2023セミナー

いよいよ今週末「展望と開運2023セミナー」が開催です。

毎年恒例のこのセミナーですが、書籍「展望と開運2023」を読むだけなく、なぜこのセミナーに参加いただきたいかをお伝えさせていただきます。

①書籍を活用した考え方の体得

「書は言を尽くさず、言は意を尽くさず」という言葉(易経、繋辞上伝より)があります。
展望と開運2023だけでは、九星気学で見る2023年を語り尽くすことはできません。
本には語られなかったことを聴くことで、さらに世界は広がって見えます。
また、その言葉も全て意を尽くせるものではありませんが、その言葉と言葉の間にある「行間」をイメージしながら聴いていただくことで、「なぜ、こう考えるのか?」という執筆者の思考が垣間見えます。

②講師が語る姿から学ぶ

人間は人間によって磨かれるのだと思います。
同じ内容であっても、違う人間の口から聴くと全く違ったもののように感じます。
だからこそ、本を読むだけでなく、実際に講師が話すところを聴いてほしいです。

③学びの友から学ぶ

セミナーには多くの参加者がみえます。

とりわけ福岡は毎年、会場受講の比率が高く、熱量も高い方が多いです。
そうした方々と触れ合うこと、また、そうした方々の熱気に包まれることは、独学で学ぶよりもはるかに学びが進みますし、何よりも明日を生きる勇気がもらえるはずです。
当日は、ぜひ、今まで接点が無かった方と隣同士になっていただくと良いですよ。
業種も、年代も、住んでいる地域も違う、当然性別も違う人々が集まるこの機会を、最高の学びの場としていただければと思います。

④村山気学の本筋はここにある

今年の「展望と開運2023セミナー」には、代表理事の村山佳徳は当然のこと、奥様と故・村山幸徳先生の奥様である村山奈津江先生も来場されます。
奈津江先生から故・村山先生の懐かしいお話なども聞けるかも知れません。
また、非常に気さくな方ですので、休憩中などにもお話していただけますよ。
こうして故・村山先生の話題が上がる度に、こうして学びの友が集まることも大切な供養だな、と思うのです。
こうしたことは、「社会運勢学会公式」のセミナーだからこそ実現することです。

「癸」の一年は筋道をしっかり立てる、すなわち「筋を通す」ことがとても大切になりますね。
我々は故・村山先生の悲願であった社会運勢学会の認定講師として、これからも引き続き「村山気学の本質はここにある!」と強く自覚し、「展望と開運」の精神を正しくお伝えしていく責務があります。
こうした覚悟も含めて、ぜひともご来場いただき、お楽しみいただければと思います。
そして、同時に「本当に村山先生の意思を正しく伝えられているのか?」と厳しい目で見ていただければありがたいです。

なお、会場のレイアウトや来場者プレゼント(福岡会場限定)の発注のために事前のおおまかな人数把握をするために、12/2までにお申し込みをお済ませいただけますとありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。

申込みはこちらから↓

https://safe-or.shop/?category_id=6342ae36f3de5c4ae7badc16