新型コロナウイルスに伴う感染拡大防止の対策と営業に関するお知らせ

目標の話

こんばんは。

 

 

 

雨の予報でしたが、もちこたえているようです。

この湿度は、なかなか身体の痛みを引き起こしますね。

神経痛や関節痛を感じる方も多いかもしれません。

 

明日は井手先生と私が出勤なので、ペアでご来院された場合はとてもお得なサービスがあります。

お身体がしんどかったら、是非ご来院くださいませ。

 

お問い合わせはHPからでもLINEからでも大丈夫ですので、お気軽にお問い合わせくださいね^_^

 

 

 

 

今日は2年前に妊活で担当させていただいていた患者さまが、お子さんを連れてご来院してくださいました。

当時の年齢が40代後半で、ご本人も様々な思いを抱えながら通っていただいていたのですが、無事にお子さんを授かり出産されて、元気に子育てされている姿に私も元気をいただきました。

 

今日は別の患者さまからも、妊娠しましたの報告をいただき、喜びの多い1日となりました。

 

 

妊活を専門にすることをやめて、疾患の括りをなくしてからわりと時間が経ちましたが、やはり妊活や女性特有のお悩みには思い入れがあり、熱が入ってしまいます。

オフトンに移転してからは、新規の妊活の患者さまをみせていただく機会も無くなったため、だんだんと妊活でのご来院自体も減ってきましたが、みなさんが妊娠して卒業されていくのはとても嬉しいことです。

 

自分自身が子宮内膜症や卵巣嚢腫を患っており、若い頃からその苦しみを味わってきたため、少しでも同じような病に苦しんでいる方のお力になりたい、というのが鍼灸師としての大きな原動力となったのでした。

 

 

 

今は、患者さまの心に寄り添える鍼灸師になりたい。それが目標であり、原動力です。

 

 

以前、先輩方から言われました。

そんなに患者さんに同調してはいけないよ、と。

もらってしまい鍼灸師生命を縮めることになるから、2割くらいの力で、入り込みすぎないように治療しなければならない、やりすぎは良くない、と。

 

 

その助言から、2割の力、というのを目指していましたが、先輩の意図をきちんと汲むことができておらず、今思うとやり方を間違えていました。

 

距離感は保ちつつ、見極めて、無駄なく、やりすぎないようにする

これが重要で、患者さんとの距離を取りすぎる必要はなかったわけです。

入り込み過ぎるのは間違いですが、寄り添えるようになりたい。

 

 

 

数多の治療法から鍼灸を選び、また数多の鍼灸院から当院を選んでくださったそのご縁を、大切に大切にしていきたいです。

 

 

 

こんなご時世でも、当院に足を運んでくださる患者さまがいるのは、本当にありがたいことです。

スタッフ一同、誠心誠意を尽くさせていただきますので、これからもオフトンはり灸院をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

東門 沙希依