toggle
享佑のうんぬんかんぬんブログ

令和を迎え

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
令和という時代がいよいよ幕を明け、特に生活が大きく変わるわけではないとは言え、何となく厳粛な気持ちで朝を迎えました。
昨日は平成最後の日ということで、友人とバーベキューをし、親族と食事を楽しんだわけですが。
中途半端にアルコールが入ったおかげで、寝付くまでいかずに頭が割れるように痛く。
痛みを忘れたくて文章を書いたら、意外にも多くの方からビューをもらっていたので、こちらにも頭の部分を転載しておきます。
全文を読むには、

offtooonのnote

から読んでみてください。
それにしても、「令和」とは、まさに絶妙な元号だなと思うわけです。
その理由はこちらから見れます。
ぜひご視聴下さい。
noteもYouTubeもフォローやチャンネル登録、いいね!やスキ!をしてもらえると嬉しいです。
皆様の応援が、僕の活動を支えてくださっておりますので、よろしくお願いします。
では、記事をどうぞ

——————————————————————

平成最後の日に友人に食事に誘われ、ずいぶんと久しぶりにバーベキューをしたのはいいのだけれど、あいにくの空模様だったため、ずぶ濡れになりながら肉に食らいついた。
夕食は親族との食事会だったのだけど、昼間の食事と雨(一応カッパを着ていたけど)がこたえたのか、思ったより食事が喉を通らなかった。
中途半端にアルコールを飲んだから、眠気が襲ってくることもなく、目が冴えてしまったまま「令和」の時代を迎えることとなった。

令和特集のTVを消して、ふとスマホを見たらノートが購入されたという通知が来ていた。
ネットを通じて、こうして僕の駄文を読んでくださることがいることがありがたい。
ノートを初めて(まともに投稿をするようになって)まだひと月も経っていない。
機能がいまだによく分からず試行錯誤しながらの投稿が続くけれど、「募集中」なんていうボタンが何だか気になったから押してみたことで、この記事を書くことになってしまった。
若干アルコールが残っている中での執筆だから、もしかしたら誤字脱字が多くなってしまうかも知れない。
その点はご理解の上、続きを読み進めて頂きたい。
もう夜も遅いので、九星気学風水の成り立ちを古代に遡ってから、一気に大正時代にまでタイムスリップする構成になっているけれど、睡眠不足が心配だから許して欲しい。
そして、この文章があなたにとって「面白かった!」と思えるものであれば、「九星気学風水的運勢占い・2019年5月」マガジン(980円)をぜひ購読して欲しい。
いわゆる「運勢本」とはちょっと違って、コラムや運勢の鑑定の方法も詳細に書いてあるから、きっと酒のツマミにくらいにはなると思う。
このコラムと、マガジンを読んで頂ければ、
「気学って知ってる?え?占い?ノンノンノン」とドヤ顔で友達に伝えられるくらいにはなると思う。

目次

1.気の発見
2.狩猟採集から農耕牧畜への変化と気
3.伏儀という天才
4.園田真次郎による完成

1.気の発見

九星気学風水は一般的には「気学」と呼ばれていて、割と日本人には馴染みの深い学問ではある。
僕の生まれ育った愛知県では、中日新聞という地方紙がメジャーなのだが、毎年お正月には必ず「高島暦」の付録がついていて、活字好きの僕は、毎年「一白水星の運勢は」とか「六白金星の転居方位」などという言葉を、意味もわからず読み進めていたのを覚えている。
お伊勢さんにお参りに行けば「伊勢暦」という小冊子を数百円で買って帰ったりしていたし、学問として意識してはいなかったとはいえ、気学という言葉は知っていた。
そんな「気学」だが、そもそも「気」とは何だろう?
そんな問いにぶつかったのは、僕が整体師を志したときだ。
鍼灸師の先輩に勧められて読んだ本に「気」という言葉がそこかしこに散りばめられていた。
最初は「かめはめ波」みたいなものか?と思っていたけれど、先輩は笑いながら「生命の持つエネルギーだ」と言った。

古代中国の人々は、地球上の全てのものに目には見えないけれど「エネルギー」があることを学んでいたようだ。
それを「キー」とか「チー」とか呼んでいたようだけど、象形文字が発達するにしたがって、「氣」という字を当てられるようになった。
この見えないけれど確かにある「氣」というものは、現代の日本人には理解しがたいかもしれないけれど、決して人だけに備わるものではなく、草にも犬にもある。

そして、「見えないけれどある」というのは面白い考え方で、物質だけど波であるという「光」と似たような概念を持っていると僕は思っている。
「気持ち」という言葉があるから、「氣」というのは「精神性」のみを扱うと思っている人もいるけれど、実は東洋医学では「氣」が「血」になったり「水」になったりと、非常に物質的な側面も持っている。
それを裏付けるとまでは言えないけれど、興味深い実験をした人がいるから紹介しておこう。
ダンカン・マクドゥーガルという医者が「魂(=氣)の重さを計った」とする論文を20世紀初頭に発表した。
6人の患者の生死の前後で体重を測定し、その中の一人の体重が21g減ったことから「魂に質量があるのではないか?」と結論づけた。
もちろん、彼の名誉のために言っておくが、彼はこの実験を持って「魂に質量はある」と言ったわけではなくて、「魂に質量がある可能性は否定できない」と言っているのだ。
ともあれ、人間にはいわゆる物理的に理解されているもの以外に、物質的なものがあるのかも知れない。
そして、それがもしかしたら「氣」と呼ばれるのかもしれない。
とすれば、それを5000年以上(もっと前かも知れない)も前に気づいていた古代中国人の頭の良さに頭が下がるばかりだ。
そういった生命のもつ何かしらの「エネルギー」というものを「氣」と名付け、それを学問していくことを「気学」と呼んでいる。
この「氣」には生命の持つ九つの種類のエネルギーの形を中心的に勉強していくから「九星」と付されている。
また風水も気学と同義語だ。
それゆえ九星気学風水と名付けられている。

「生命の持つ九つの種類のエネルギーの形を『中心的に』勉強」と書いたように、九星気学風水で扱うのは、それ以外のエネルギーもある。
古代中国人がすごいのは、氣=エネルギーという概念を、単なる人や動植物だけに当てはめず、地球、そして遥か彼方まで広がる宇宙にまで適用させようと試みたことだった。
地球が持つ気のことを「支」と呼ぶ。
その地球が持つエネルギーは十二種類あるから「十二支」と呼ばれていて、これを知らない人はほとんどいないはずだ。
「子、丑、寅、卯、辰、、、」と動物と関連付けられて覚えられているけれど、実は動物とは全く関係ない。
地球のもつ十二種類のエネルギーの形を漢字にしたら、こういう字が当てられたというだけだ。
その証拠に、十二支の動物は実は気学の考え方(もちろん、「気学」という言葉は日本にしか無い」)が広まった国の中で十二支に当てられる動物は違っていたりする。
僕が数ヶ月住んでいたことのある「タイ」では「卯」はウサギではなく、猫が当てられていた。
とにかく地球の持つエネルギーを「地気(ちき)」と呼び、それは十二支であらわされるのだ。

また、宇宙にもエネルギーがあると考えていた。
これは干と呼ばれ、十種類あるから「十干」と呼ばれる。
「甲、乙、丙、丁、戊、、、」というのは、契約書を書いたり結んだりしたことのある人なら、一度は見たことがあるんじゃないか?
この宇宙(=天)の持つ気のことを「天気」と呼ぶわけだ。
現在では「天気」は「ウェザー」になってしまっているけれど、本来は地球上に限定されることなく、数百億光年まで広がる宇宙に遍く広がるエネルギーのことを指している。

ちなみにこの十干と十二支の組み合わせを干支(えと)と呼ぶが、これは六十種類となる。
毎年一つずつ動いていくから満六十歳で生まれた年の干支に戻る。
これを還暦というわけだ。
だからこそ「干支」を「今年は亥年!」などというのは間違っている。
2019年は己亥年である、ときちんと「十干(=己)十二支(=亥)」をセットで呼称してもらいたい。
だいたいメディアがきちんとこういったことを行わないのも問題だ。
正月になれば「今年はねずみ年です。おめでとうございます!」などと女性のアナウンサーが喋っているのを聴くたびに、正直教養の無さにがっくりとくるものだ(もちろん、個人では理解しているかも知れないけれど、あえてこういう表現をした)。
だけど、そんなことを嘆いても変わることは無いだろうから、そういった知識をきちんと持った人をたくさん増やしていくしか文化を残していく術はないと考えて、各種セミナー事業を行っているわけだ。

話を戻して、その天地に挟まれて生命活動を行うものを「人(じん)」と呼ぶ。
もちろん「人」は人間だけでなく、全ての生命体が含まれる。
それらは九つの種類があるから九星と呼ばれる。
この九星を「人気(じんき)」と呼ぶわけだけど、現在では「ポピュラー」の意味で使われている。
ともかく、九星は人気であって、決して空の天体上の「星(ほし)」とは全く関係がないところから生じている概念だ。
星は「せい」と読むように「生」だ。
「日」の下にある「生」命を「星」と九星気学風水では呼んでいる。

これら「天」「地」「人」を中国では三才なんて呼んだりする。
直江兼続を主人公にした「天地人」という大河ドラマがあったが、直江兼続はもちろん、戦国時代の武将の多くは気学(とは当時は言っていなかったけど)を学んでいる。
そういえば、「真田丸」でも、真田信幸の部屋に易(=気学の一分野)で使う筮竹が置いてあったっけ。
現代では、そういった学問が一般大衆からかなり離別してしまったのが、何とも悲しい。
「科学的じゃない」と断じる人が多いけれど、科学が一体どこまで生命の不思議に近づいているのだろうか。
もちろん、僕自身も元々物理学を志していた(工学部中退だけど)から、科学のことは信用している。
けれど、「科学的なことが全てだ!」などと絶対的な帰依はするつもりはない。
科学だって不完全な学問の一つに過ぎないのだ。

科学で思い出したが、エネルギーというのは必ず方向性を持つ。
だから、気にも方向性があると考える。
エネルギーの方向性は「意志」と呼んでも良いだろう。
つまり、九星気学風水は「天」「地」「人」の3つの存在が持つ「意志」を解明していこうという、非常に壮大な学問だと知ってほしい。
よく言われる「方位学」だとか「統計学」というのは、あまりにも的外れだと断じておきたい。
もちろん、そういった側面も無きにしもあらずなのだが、それだけに限定されたものではないということは知ってほしい。
我々、気学を志すものは空を見ては「宇宙の意志」に思いを馳せ、地を見ては「地球の意志」に耳を澄ます。
当然、奥さんや息子の話にも耳を傾けているのだけれど、そういった明らかな「人の意志」と同様に、宇宙や地球の意志というものも学問の範疇に入っているのである。

——————————————————————

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

そうそう。
昨日でマイメロちゃんのサービスが終了しました。
今後は前述のnoteや通販サイトにて運勢を販売して参ります。
マイメロちゃんのときよりも、読み応えがかなりあると自負しておりますので、ぜひご購読ください。
ありがとう、マイメロちゃん。
そしてお疲れ様。
<OFFTOOONのnote>

https://note.mu/offtooon

<OFFTOOON通販サイト>

https://oftn.shop

「易ってなんだろう?」

こんにちは、享佑です。
今日は【ウラナイステーション】の新着動画のお知らせ♪
今回は「易って何?」という疑問にお答えする動画です。

「易ってなんだろう?」

【易とは何か?】

易と気学は切っても切り離せない関係にある。
気という概念は、おそらく農耕牧畜が始まった頃から出現しているだろう。
それが、漢字の発明とともに学問としての道を歩み始めた。

その気の概念を一つの絵、これを易では画象というのですが、絵にして表した人がいます。
その人を伏義と言います。
夏という王朝の王様で、伝説上の人物とされていますが、どうでしょうか?

僕は伏義は実在したと思っています。
やはり歴史というのは、天才の出現によって大きく動いていくものですから。

それはさておいて、伏義が森羅万象が持つ気、すなわちエネルギーのパターンを8個に分類しました。
これを八卦と言います。
「当たるも八卦当たらぬも八卦」なんて言葉で知られていますね。

だけどこれは、おそらく「中るも八卦」と表現したほうが正確なんじゃないかと思います。
「中る」というのは折中ということで、矛盾の中から新しい解決法を生み出すという意味。
易において「中(ちゅう)」という概念がたくさん出てきますから、本来は「当たる」ではなく「中る」が正確だと思っています。

さらに伏義はその八卦と八卦を組み合わせて、気のパターンを64個に分類しました。
八卦と八卦を組み合わせるというのは、自分の持っている気と環境が持っている気を同時に捉えるということ。
つまり「易」は「全気」、全体の気、また「会気」であり、自分と環境の気の出会いによって物事が動いていくという概念を持っています。
易という学問はあくまで生命と生命のぶつかり合いから物事の結果が生まれると考えているわけです。
仏教では「縁」という概念で、同様のことを説明しているわけですが、それはまた別の機会に譲ろうと思います。

とにかく、8卦と8卦で出来上がる64パターンを64卦といいます。
この64卦で物事は動いていく。
人生には64パターンしかないと易は断言しているわけです。

もちろん、その64パターンにもグラデーションがあるから、仔細に見ていけばもっとパターンは出てくるのでしょう。
でも、僕は細分化していくよりも集合させていくという考え方が好きなので、易を愛してやまないわけですね。

例えば人類と一言でいっても人種は様々で。
白人もいれば黒人もいて、我々のような黄色人種もいて。
黄色人種の中でも、中国人と日本人とかにどんどん細分化していくのは簡単ですね。
だけど、そういった細分化、セグメンテーションによって、どれだけの人が幸せになったでしょうか?

「自分とあいつは別の生き物だ」と違いを沢山挙げるよりも、共通の点を見出して互いの人生が豊かになるような思考法をとれば、もっと幸せになれる気がします。
東洋の占術でも、物事をどんどん細分化させていくものもあります。
それを否定することはないし、敬意を払っているけれど、僕はやはり易のいわゆる「集合論」的な部分が好きなんですね。

そして、伏義が64パターンの気の配合を絵にして表したわけですが、それだけでは後世に上手く伝わっていかない。
そこで、夏の次の王朝に殷という王朝がありまして、その王朝で甲骨文字、すなわち漢字が発達します。
漢字が発達したことで、易のもつ概念を文字として残すことが出来るようになりました。

そこで登場するのが「文王」という王様です。
殷の時代に現れた王様ですが、この人がものすごい天才であったようです。
この文王が易の64卦に辞といいますが、文章をかけていく。
ただし、このときの文章は獄中で書いたようで、わかりにくいように工夫されています。
そのため、この文王がかけた辞に対する解説が必要となりました。

この易の辞の解説をしていったのが、有名な孔子となります。
孔子は易の十翼と言われる非常に格式高い文章を残しています。すなわち「彖 伝」の上,下,「象伝」の上,下,「繋辞伝」の上,下,「文言伝」「説卦伝」「序卦伝」「雑卦伝」の10個の易の解釈を翼(たす)けるものですね。
孔子は論語で有名ですが、やはり孔子の最高傑作は易の繋辞伝だと思いますね。
この繋辞伝によって、易は占いとか天体学とかといったものを超えて哲学にまで昇華されたわけです。

だから、易というのは最初は8卦から入って、64卦までを学び、そうすると孔子の繋辞伝が語ろうとすることが何となく分かってくるわけです。
ただ、現代の日本人は漢籍に慣れていませんから、なかなか最初の8卦を理解するのさえ難しい。
64卦はさらに抽象的になっていきますし、その64卦に爻という微妙なるシチュエーションを表したものも解説されているので、なおのこと難しいとなってしまいます。
それゆえに、孔子の最も伝えたかったであろう繋辞伝にたどり着く前に挫折してしまう人が多いと思います。

易を学び続けているものとして、これから易を学ぼうとする方に伝えたいのは、決して易は難しいものではないということ。
たしかになかなか手ごわいものではありますけれど、一定のところまで学べば「易」という言葉が表すように「易しい」ものです。
易しいというのは簡単というよりも、どんどん学びを進めていくことが出来る。
ただし、そこに至るまでにはやっぱり我流は難しくて。ガイドが必要になるわけです。

だから、我々は易を教えるなんてことは全く思っていないわけです。
むしろ、易についてお話をさせていただくときには、易から学ばせてもらうことの方が多いわけです。
だから、生徒さんと一緒に易を学ぶという感覚でいつも講座を進めております。
我々は講師というよりも、生徒さんのガイドに過ぎないんですね。

ただ、ガイドに過ぎないとは言え、どんなガイドについてもらうか?という点は確かに易の理解をスムーズに進めるためには重要なことでしょう。
そういった意味で言えば、社会運勢学会という、我々の師である村山幸徳先生が作られた学会は、気学と易を両方とも正統に学んでいこうという会ですから。
村山幸徳先生は日本における気学と易の大家です。
その先生が教えてくださったものを出来るだけそのままで後世に伝えていくために設けられたのが「社会運勢学会認定講師」という資格です。
その資格保持者は日本に9人しかいないわけですが、僕と妻はそのうちの二人なわけです。
そんな我々が開催するセミナーは、きっと安心して学んで頂けるかなと思います。

易について、ざっくりと語ってみましたが、このブログを見て、一人でも「易って面白そう」と思って頂けたなら嬉しいです。
易を集中で学ぶ二日間のセミナーを2019年5月3日(金)4日(土)の二日間で開催します。
興味がある方は、ぜひお申込みくださいませ。


【お申込みフォーム】

お名前 【必須】

メールアドレス 【必須】

確認用メールアドレス【必須】

電話番号 【必須】

お問い合わせ種類

お問い合わせ内容
(講座申込の場合は、ご希望の日時と講座名を明記くださいませ。
 追って詳細をご連絡させていただきます。)

 個人情報の取り扱いに同意する
 

*九星気学や易などの「ご質問」には一切お答えしかねます。
 また、鑑定を受けられた方で、後日疑問点などが生じた場合もこちらではお答えしかねます。
 お手数ではありますが、当社が開催している勉強会などで、ご質問頂ますようお願いします。

徒然なるままに

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です。
今日は春らしい気候で気持ちが良いですね。
朝から少し歩きましたが、風はまだ冷たさを持っているものの、日差しが暖かで眩しささえ感じました。

さて、昨日仕事上で大きな動きがありまして。
また詳細はお知らせいたしますが、八白土星の「停滞」というものを強く感じている次第です。
自分の力を超えた部分での動きには、納得出来ようが出来まいが従うしかありません。

一方で新規の動きも出ております。
もうすぐで皆様にびっくりするようなお知らせが出来そうです。
こちらももう少しお待ち下さい。

先日、妻から「久しぶりにブログが読みたい」などと言われてしまい。
「一体いつから書いてないんだっけ?」と振り返ったら、昨年の10月1日が最後みたい。
ひどいな、これは。

振り返れば、この数ヶ月は怒涛の日々で、振り返っても
「何してたんだっけ?」
なんて思えてしまうわけだけど。
もちろん、毎日やるべきことは盛り沢山で、今も本当は会社の決算処理をしていなければいけないのに、少し飽きてしまったもんだから、こうしてブログを書いているだけで。

そうした日々に終止符を打つことが出来そうで、本音を言えば、少しだけホッとしているというのが本音です。
こうしてブログを書くのは、気分転換にもなって良いですね。

久しぶりすぎて、一体何を書いたらいいのか分からないのだけど。
今日は「社会運勢学会認定講師」らしいことを書いてみようかな?と。
社会運勢学とは、気学、易学を通して、社会の流れと個人の運勢を鑑定する学問。
個人の運勢を鑑定するのに留まっていたら、村山先生が悲しんじゃうかな。

というわけで、僕の生活周辺と大きな社会の流れの予測について、つらつらと書き連ねていこうと思います。
もちろん、この辺の内容は、2020年の遁甲盤入カレンダーの付録のDVD及び補足資料にも書いていく予定の内容だから、全部は書かないけれど。w

では、いってみましょう。
*社会運勢学会の見解ではなく、あくまでも私見です。
あと、敬称略で書きますのでご了承ください。

・沖縄の県民投票

今年は八白土星の一年だから、物事がほとんど停滞感を持つ。
沖縄の県民投票の結果により、再び県と国の法廷闘争が予想される。
今回は、明確に「民意」が示された訳だから、県側がボールを握って、それを国側にほうるタイミングを見極めているところだろう。
とはいえ、おそらく国側が譲歩することはほとんどあり得ないと思う。
これからも「普天間の危険除去」を主張し、工事を続けていくだろう。
途中、埋立承認の再撤回を知事はするだろうから、工事は長引く。
この闘争で最も傷つくのは、他ならぬ沖縄県民だろう。
八白土星の年、二黒土星が暗剣殺を背負う。
傷つくのは、いつも民衆(=二黒土星)だ。

・アメリカと北朝鮮

こちらも八白土星らしく不調に終わった。
昨年の米朝会談で大きくトランプ大統領が譲歩したように見えたが、一つだけ落とし穴があった。
トランプ大統領が北朝鮮の要求していた「体制の保証」を約束したと伝えられていたけれど、保証したのは「体制」ではなく「安全」でしかない。
体制を保証していない以上、北朝鮮が「検証可能な非核化」を実行しないかぎり、いつでも昨年までのような一触即発の事態に陥ってもおかしくない。
とはいえ、中間選挙で上院と下院にねじれが生じているから、トランプは当面国内世論を味方につけることに注力するだろう。
上院で議席を伸ばしたことをトランプは誇っているけれど、実は今回は民主党の改選議員(民主党:非改選23、共和党:非改選:42)が非常に多かったことが多少の上積みを可能にした原因ともいえ、下院では大きく議席を減らしている。
そうした状況を察知していたのか、トランプは上院の接戦となっている州に応援に回ることにしていたから、善戦というよりもかなり敗北感は強かったと思う。
大統領選と同時に行われる次の選挙では上院は共和党の議員が多数改選を迎えることになる。
ここで、本当の意味での勝利をしなければ、退陣にさえ追い込まれかねない。
そういうことから、内政に注力せざるを得ないだろうけれど、「アメリカ・ファースト」の論理を持ち出して、世界をリードする姿勢を外交で示そうとすれば、また世界は揺れることになる。

・改革はどうすすむか

今年から来年を見据えて、もっとも大きく改革がなされるべきところは金融分野だろう。
長崎で親和銀行と十八銀行の合併がなされた。
公取委が出てきて、独禁法違反の問題が取り沙汰されただろうけれど、これを機に銀行の再編が進むことになるだろうと予想している。
地銀や信金はいわば「テリトリー制」の中での金融活動をしてきたわけだけど、ビジネスにおける資金調達手段が多様化してきた中で、この地域密着型の資金調達サービスがどれほど意味を持つのか?ということがそろそろ重要な問題となってきそうだ。
クラウドファウンディングによって、数百万円くらいなら集められてしまう時代。
銀行もさらなる変革をしなければ、従来のビジネスモデルで食っていくことは難しい。
現にみずほ銀行も6800億円もの業績の下方修正をしている。
メガバンクとして、今年も最下位の800億円の純利益ということで、これはメガバンクの下の大手都市銀行のりそなグループの2000億円に大きく及ばない。
一方でUFJは9000億円、三井住友は7000億円の純利益だ。
これはほとんどシステムの減損処理だと主張しているけれど、もっと深刻なのは外債などの市場部門でも1500億円の損失計上。
つまり、金融屋が市場を全然読めてなかったということだ。
今年は七赤金星が南東で破壊殺を受けるから、金融の世界では勝ち組と負け組がはっきりと二分されそう。

とはいえ、今年から三年間でクラウドファウンディングは大きな岐路を迎えることになる。
特に何かしら大きな事件が起こりそうだから、注視しておきたい。
また、今話題の仮想通貨も、来年くらいまでは苦戦が続くことになる。
これから伸びる市場とは言え、本格的な伸びを見せるのは2021年以降だと思う。

ただし2020年のオリンピックに向けて、スマホ決済は加熱することになる。
PayPayが100億円還元キャンペーンをまた再開させた。
LINEPayもそれに続けと打ち出している。
LINEとしては、すでに「LINE」アプリの国内のアクティブユーザーが7800万人を超えているわけだから、余裕の構えだったのだろうけれど、LINEPayを店舗側が導入するには、有料の端末を購入する必要があった。
PayPayは導入費用が無料だし、決済手数料もかからない。
Yahoo!が無料でモデムを配布していたのを思い出したのは僕だけではあるまい。
いずれにせよ、スマホ決済ではこの2社がリードして、今年は大いに盛り上がりそう。

・中小企業は改革待ったなし

うちの会社も中小企業というか零細企業にカテゴライズされる。
中小零細企業というのは、二黒土星が担当するわけだから、今年は改革真っ只中になる。
消費税の導入による経済へのインパクトは大きいだろうけれど、それをチャンスと捉えることが出来るかどうかが勝負の分かれ目になるんじゃないか。
上場企業の12%が「ゾンビ企業」と言われる現在、実態が見えにくい中小企業では、その割合はもっと膨らむかも知れない。
日本は伝統的に家内工業というか一族経営が多く、そのため全企業のうちの99.7%が中小企業という比率になっている。
だからこそ、中小企業が変われば日本は変わると思う。
二黒土星は北東に廻座し、暗剣殺を背負う。
元々二黒土星は変化を嫌う特徴を持っているけれど、今年は改革待ったなしだ。
来年も二黒土星は南で破壊殺を背負い、再来年は坎入する。
向こう三年間の中小企業経営の舵取りはかなり難しくなるけれど、大胆な変化を遂げ、イノベーションを起こすことが出来るかどうかがポイントになるだろう。
この辺りは、僕も他人事じゃないから、いつも頭を抱えている。

・労働問題はどうなる

セブン・イレブンのオーナーが24時間営業を独断で停止し、本部と対立している問題がニュースになった。
コンビニ加盟店ユニオンはセブン・イレブン本部と話し合いを試みているみたいだけど、本部は「コンビニオーナーは労働者ではない」と話し合いの席につく気はなさそう。
この「労働者か、オーナーか」という議論は非常に難しい。
うちにも業務委託のスタッフさんがいるけれど、「雇用じゃないのか?」と言われかねない。
そういうときのために、きちんと契約を結び、社員じゃないということを理解してもらい、権限の移譲と義務の明示を行っているわけだけど。
また、外国人の受け入れの増大が決まったわけだけど、個人的には賛成。
日本で付加価値を生み、日本でお金を落とす人が増えるのは良いことだと思う。
海外に行くと、日本の方が変だとさえ思う。
東南アジアでは、多くの人種の人達がともに汗を流し、ビジネスの種を探して走り回っているのをよく見かける。
日本在住の日本人が何かアレルギーがあるようにさえ思う。
僕の心配は、外国の方々が増えることによって治安が悪くなるとかではなく。
日本で働く人々が生活しやすい環境が整っているのか?ということ。
福岡はまだ良いけれど、岐阜の当社の店に毎月出かけるたびに、「この街で海外の人々は住みにくい」と思えてしまう。
そういった意味でも、労働以外の面で、労働を支える環境整備というのも、もっと議論されていいと感じる。
そのためには、様々な教育が重要だと思う。
タイでもソウルでも、主に会話で使ったのは英語だけど、ソウルの若者の英語の方がかなり聞き取りやすかった。
これも、韓国が1997年以降取り組んできた英語教育の賜物だろう。
もちろん英語だけでなく、ファイナンシャルの教育とかも、今後もっと重要になっていきそう。
同時に、東洋思想ももう少し見直されても良い。
世界でもっとも古い会社「金剛組」を擁し、人生で500以上の会社の設立などに関わった渋沢栄一を生んだ日本だ。
日本人が大切にしてきた文化も、さらに評価されるべき時期に来ている気がする。

・逆転の一年、それを受けての今後10年

今年は逆転の一年とも言える。
好調だったところほど思わぬ逆風に悩まされたり、今まで不振にあえいでいた人たちが思わぬ僥倖を得ることもありそう。
だからこそ、ここまで苦境の中にあって、実力を正当に評価されなかった人たちが活躍の一年とも言えそうだ。
先日、プロ野球のオープン戦を見に行ったけれど、スタメンからお馴染みの選手名が消えて、育成出身者や二軍ぐらしが長かった人たちの名前が多く見えた。
これは、オープン戦だから当然とは言え、この中の多くが一軍で活躍してくれることを願ってやまない。
そういう意味では、日産のゴーン元会長の反撃は見もの。
元々、ゴーンの背任を立証するには、役員全員も共謀に問われる可能性すらあると考えている。
だって、役員報酬は役員会で決議されてるはずだから。
ゴーンが横暴だというのであれば、それを20年もの期間放っておいた役員会も機能していなかったと言われても仕方あるまい。
株主からしたら、役員会もまた背任行為を行ったと思われたって、言い逃れは出来まい。
このブログを書いているときに、電気グルーヴのピエール瀧の逮捕の一方が入ってきた。
NHKのいだてんに出演しているし、影響は大きいだろう。
順調だった人ほど、逆境が待っている。
その逆もまたありうるから、面白い一年だ。

そして、その変化を受けて、ここから10年の流れが決まる。
だから、目指すべきゴールを決め、停滞感が強くても諦めることなく、逆転を信じ前に進み続けること。
今年の動きの正解は、来年以降に現れることになりそう。

・新旧の対決とニューヒーローの登場

今年は新旧が対立する。
日産の例を挙げるまでもなく、我々の生活の周りの様々な場面で、新旧が対決することになりそう。
福岡県知事も新旧対決だ。
僕はおそらく旧勢力である小川さんが勝つんじゃないかと予測しているけれど、どうなるか。
山崎拓、古賀誠などの重鎮も小川さん支持を表明しており、自民は真っ二つ。
ここで武内さんが勝てば、まさにヒーローの誕生だ。
それもまた楽しみではある。

このところ明るいニュースが無かった各界にニューヒーロー誕生の予感。
昨年から僕も推している貴景勝関に期待がかかる。
昨日黒星をつけてしまったけれど、三月場所は取り組み結果が気になって仕方ない日々が続くことになりそう(僕だけか?w)。

ビジネスでもニューヒーローが登場した会社は強いと思う。
そういう意味で、前述のPayPayは近年苦戦していたYahoo!にとってのニューヒーローとなるかもしれない。
当社でも、ニューヒーローを生み出すべく、昨年二人の新規スタッフを迎えたけれど、彼らがどんな活躍をしてくれるか?
既存のスタッフに負けてしまうようでは面白くないから、ぜひともがんばって欲しいものだ。

一方でそうしたニューヒーローを潰しにかかる勢力も生まれる。
潰されたとしても、この動きは水面下で広がる。
2021年以降に再び頭を出すことになるから、上の立場にいるものとしては、この動きを潰さずに活かす方向に考えるのが賢明だろう。

いろいろダラダラと書いてしまっていたら、お客様が入ったのでここまでにしよう。
いつまでも書き続けてしまいそうだから、この辺で区切りをつけるのがちょうどいいや。
また、空いた時間を見つけて書こうかと思う。

さて、もうすぐ春の彼岸なんですね。
あっという間に時間が過ぎていく。
彼岸は悲願。

自分の目指すべきゴールを今一度確認して、また今日から歩き始めよう。

では、施術の予約、お待ちしておりますよ〜。
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

北九州での講座に、多くの方が参加くださいました。
今後ともよろしくお願いします。
写真には写ってないけれど、10人くらいいたよ。
よかったら、一緒に学びましょう。
予約とか不要なので、こちらから日程など確認いただき、ご来場くださいませ。

昨日はありがとうございました〜

おはようございます、OFFTOOONの享佑です。
今日は12月24日。
そう、クリスマスイブです。
街は浮かれたカップルが闊歩しているであろう一日。
にもかかわらず、僕は店で昨日の「一年の流れセミナー」の売上の確認とか、各種経費の精算とか、、、
どこで、僕の人生は、こんなに華のないものになってしまったんだろう、、、

さて、前回のブログの更新は10月18日。
なんてこった。
2ヶ月以上もブログ書いてない。
あ〜ぁ。

そんなわけで、とにかく久しぶりのブログ更新なわけですが。
全く書く余裕がありませんでした。
今日も、ある仕事の締切が差し迫っているのに、目を背けております。
あぁ、精神と時の部屋、だれかください。

それにしても、昨日は大変多くの方にお越しいただきました。
クリスマスイブイブの開催にも関わらず、多くの人が都合を合わせて足を運んでくださったことに感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

昨日のセミナーでも話したのですが、我々は夫婦でセミナーを担当させて頂きまして。
台本は毎年恒例で僕が書いたのですが、妻はまたこれも毎年恒例で、全く読まずに進めてくれて。
その分、僕としても学びの多い一日でした。
そんな鑑定をするのか?と、感心させられることも多かったです。

我々は、こうして切磋琢磨出来るのが、一番の強みなのだな、と思います。
やはり比べられないと、自分の未熟さというのは、なかなか見えてこないものです。
そういったことが日常から出来る環境というのは、嬉しいことですね。

先日、京都に行きました。
あまり時間が無かったんだけど、比叡山に登ったんですね。
比叡山、僕としてはとても大切な山。

最澄さんが開山した延暦寺があるところですね。
僕は最澄さんが大好きなんです。
だって、最澄は767年生まれ。
そう、僕と同じ九紫火星なんです。w

その最澄さんが大切にした比叡山。
叡智を比べる山と書きます。
釈迦の叡智と彼が学んだ仏教の智慧を比べるために登ったんでしょうね、最澄さんは。

比叡山に登るにはロープウェイを使います。
何本かあるみたいだけど、僕は日吉大社側から登りました。
山頂の駅に着き、ロープウェイを降りると、琵琶湖が美しく水をたたえておりました。

手前には大津市街が見え、対岸には草津市が一望出来ます。
琵琶湖を南から東に望むわけですから、地相としては最高の場所。
さすがに、気学をしっかりと学んだ人だけのことはあります。

こうして風景を眺めると、やはりよく分かります。
最澄さんはきっと、ここまで登っても、まだまだ遥か先にしか釈迦の背中は見えなかったのだろうな、と。
そして、さらなる精進を誓ったことでしょう。

その努力が、密教への憧れとなり、空海に弄ばれた(と言うと語弊はあるでしょうが)のは残念ですが。
それでも、この延暦寺から法然、親鸞、道元などの鎌倉仏教の天才たちが次々と出たことを考えると、やはりすごい男だったのだと思います。

僕なんか、最澄さんと比較してしまうと、足元にも及ばない人間です。
本当に悲しいくらい、実力は足りていない。
あの昔にこれだけの山に登り、門前町を作り、一大勢力を築いた人です。

足元にも及ばないけれど、やはり少しでも最澄さんや釈迦に近づきたい。
昨日のセミナーで、よりそれを実感させられました。

大切なことは、人をどれだけ集められるか?ってことだと思います。
延暦寺には、日本中から才能を持ったお坊さんが集まってきた。
玄奘が学んだナーランダ寺の戒賢は5000人くらい人を集めたというから、やっぱりすごい人っていうのは、たくさんの人を集める力を持っているもんです。

今年の一年のセミナーには100名弱の方々が集まってくださいました。
戒賢の1/50かよっ!!
だけど、この一年のセミナー、2014年は15名くらいの方にしか集まってもらえなかったんです。
4年間で、ここまで大きくなってきました。
多治見での開催では約20人が話を聴きにきてくださいました。
これも4年前は2人だったんです。w
交通費、全く出なかったな。www

こうやって、少しずつ、学びの輪が広がり、多くの方が僕らの話を聴きにきてくださっている。
もっともっと大きくなろう。
そんな風に思います。

2019年の年末は、150人を超える方に集まって頂きたいと考えております。
今年よりもさらに多くの方に、我々の一年間の成長を見ていただこうと思います。
がんばりますので、どうぞ応援してくださいませ。

中には、僕らの兄弟弟子の方もみえました。
村山先生のセミナーを御存知の方の前でお話をさせて頂くのは、緊張します。
そういった方々の中に、村山先生が息づいているから、先生にお話させて頂くようなもんなんです。
まさに、釈迦に説法とはこのことだな、と思いながらお話をさせて頂いているのです。

それでも、お坊さんは、いつも仏様を目の前にしてお話をしている。
つまり、それってとても大切な修行なんです。
仏の前で、仏の話をする。

だから、昨日は僕もとても大切な修行をさせて頂けたと思っております。
伝えるだけでなく、学ばせていただいている。
そんな気持ちになるから、気学のセミナーは大好きです。

これで、OFFTOOONの本年のセミナーは全て終了となります。
セミナー中にお伝えしたように、2019年からは我々のセミナーも随分と変更があります。
一番大きな変更点は、我々主催のセミナーがほとんど無くなったこと。
大部分が社会運勢学会とマインドズーム様に主催をしていただくことになります。
しっかりとタッグを組んで、どこに出しても恥ずかしくない授業をしていこうと思います。

昨日のセミナー、最後に社会運勢学会の理事長である村山佳徳さんに一言挨拶を頂けました。
こうして、理事長自らが足を運んでくださり、我々の生徒さんと会話をしてくださったのが何よりもありがたい。
村山先生を知らない人たちも多かったけど、佳徳さんの中にきっと村山先生を感じてくれたに違いないと思います。

そして、佳徳さんが僕らにかけてくださった言葉に感動。

「親父も、今日のセミナーの盛り上がりを見たら、誰よりも喜んでくれると思う。」

先生、僕らは少しでも恩返しが出来ていますか?
先生が生きたかった明日を、きちんと僕らは歩めていますか?
これからも、夫婦二人で、いや、社会運勢学会に関わる方みんなで、力強く歩いていこうと思います。

妻は昨日も泣いちゃいました。
もはや芸の域まで達しているかとさえ思うのだけど。
いや、それは冗談ですが、本当に先生のことが好きだったんですね。

熊本・北九州では、先生のこと知らない人ばっかりだから、泣いちゃダメやで。。。
なんてことを話しながら、年末年始でさらに洗練させようと考えてます。
もっともっと良いものに出来るかと思うので、よければ是非、リピートしてください。w
昨日受けた方は、半額です、これは冗談じゃなく。w

また、来年もがんばって精進していきます。
今年最後のブログになるかもだから、お伝えしておきます。

今年も一年ありがとうございました。
よいお年をお迎えくださいませ。

あ、整体サロンの方は12/29まで営業してます。
ただし、12/29はかなり予約が埋まって来ているので、お早めに。
鑑定も12/29までです。

写真は昨日のセミナーの様子。
やっぱり100名近くはいると、埋まってる感がすごい。w
改めて、感謝です。

と、ともに、あんまり写真取れなかったので、

「使っていいよー」って方は、ぜひください。w

僕か妻あてに、個人メールでよろしくお願いします。

 

結果にコミットするってことと、告知告知告知の嵐

おはようございます、OFFTOOONの享佑です。
今日は10月18日。
そうです。
我が母の誕生日イブ。
やべぇ、何にもプレゼント用意してない。汗

まぁ、それは置いといて。
今日はがんがん告知しちゃいますよ〜。

えー、まず、今月っていうか、今週末、姓名鑑定の集中講座やります。
結構、いや、かなり面白いと思います。
来年からは、色々変わるので、このスタイルでやれるのは今回限り。
とりあえず、来年はもう少し値段が上がりますから、駆け込み需要待ってます。w

↓姓名鑑定が気になっちゃった方はこちら。妻の文章の方が伝わる自信があります。
———————————————————————————————————————-

今週末の講座のご案内です♪

九州方面ではなかなか珍しい本格的な姓名鑑定の講座です。

当店でも多くのニーズがある「姓名鑑定」。

10月20日&21日の土日で集中講座を行います。

□姓名鑑定とは…

姓名は生命を示し、名は体を表すと言われます。姓名鑑定は気学のベースにある「陰陽五行論」をベースに日本で発達した学問です。姓名には法則性があるとし、姓名によってその人の人生が形成されていくとされています。一般的に有名なのは「画数」を用いた鑑定法ですが、実は画数は姓名鑑定の10%に過ぎません。
三大原則と五大真理を学び、より深い姓名鑑定の世界に踏み込んでいきます。姓名は屋号や商品名にも活きてきますし、人選にもとても有効な手段ですので、ぜひ経営者や幹部社員の方、またはこれからお子様を迎えられる方は是非ご受講ください。

□姓名鑑定集中講座概要

【内容】五大真理と三大原則を中心とした姓名鑑定の基礎を学びます
【日程】10/20(土)10:00〜17:00、10/21(日)10:00〜17:00(二日間)
【代金】64,800円(税込)
【講師】石川享佑
持ち物:鑑定ガイドブック(全クラス共通:1500円)、筆記具、遁甲盤入り手帳
*お電話またはメールかお問合せフォームにてお申込みくださいませ。
*受講料は事前振込のみとさせて頂きます
*再受講の方は、ご相談くださいませ。(再受講料金は半額となります)

□申込み

講座のお申し込みは、当店へ直接ご予約(TEL:092-406-6199)もしくは、以下の申込みフォームより御連絡ください。
お問い合わせボタン

ってわけで、姓名鑑定来てね。
僕の姓名鑑定、かなり面白いと思います、多分。
今回はすでに申込が結構来てるから、たくさんのケースを学ぶことが出来て、面白いはず。
まだ間に合いますよ〜っ!!

んで、次。
来週の水曜日、10/24(水)にラジオに出ます。
KBCさんの夕方じゃんじゃんって番組です。
本当は昨日が出演予定だったんですけど。
僕は運勢が強い(?)から、多分、線路の日(また授業で聞いてください)の来週になるよ、って公言してたんです。
で、KBCさんにも言ってました。
本当にホークスが勝って、昨日がCS2ndステージの初戦になり。
KBCさんが放送するから、一週間ズレることになりました。w

昨日は一白水星の工藤監督の価値を確信してたんですけど、今日はどうかな?
ミランダ(三碧)と多和田(七赤)の投げ合いか。
ミランダの勝ちと予測。
外れたら笑ってやってください。
まぁ、他の選手とか、全然見てないけど。

ともあれ、とりあえず10/24の18:00は夕方じゃんじゃん!ですよ〜
リアルタイムで聞けなくても、radikoで聞けますから。
エリア外の人は、課金してプレミアムに入って聴いてね。

はいっ、次!
12/23(日)、皆様、スケジュール空けてもらってますか〜。
「一年の流れセミナーin博多」
ですよ〜
10:00〜17:00です。
場所はいつも通り、福岡商工会議所です。
ただし、会場は301号室。
200人定員の大きな会場です。
友人をお誘いの上!!
大事なので、もう一度言います。

友人をお誘いの上!!!
大挙して押し寄せてください!!!

そして、何とスペシャルゲストをお呼びする予定でございます。
そちらもお楽しみに。
詳しくはコチラを見といてください。
って、まだイベントページ出来てなかった。
あぅあぅ。

また、妻が作っておいてくれると思いますが。。。

詳細は

日程:12/23(日)
時間:10:00〜17:00(開場9:30)
場所:福岡商工会議所会議室301
定員:200名
受講料:8,000円(夫婦で参加の場合、12,000円)
持ち物:筆記具、展望と開運2019(お持ちの方のみ)
内容:
己とは何か?
亥とは何か?
八白土星とは何か?
それらを踏まえた上で2019年はどのような一年になるか?
そして、各々の九星別の過ごし方はどのようにすべきか?
などなど
(多分質疑応答の時間は取れませんので、あしからず)

となっております。
かなり面白い話が出来ると思います。
知っているといないでは、2019年の過ごし方が大きく変わるはずですので、ぜひご来場くださいませ。
ちなみに、他会場は

12/9(日) 多治見(岐阜)
12/16(日) 津島(愛知)
1/13(日) 熊本(熊本)
2/3(日) 北九州(福岡)

が決まっております。

「12/23、どーしても行けないわ〜」
「福岡とか、遠すぎやろ」

って方は、ぜひ上記のどこかにお越しください。

「うちの近くでもやってよ〜」

という方もぜひお声かけください。
30名以上集めて頂ければ、馳せ参じます(ただし、離島とか北海道とかはもうちょっと集めてください)。

僕らは昨年、社会運勢学会の認定講師資格試験に合格させて頂きました。
でも、この一年、らしい活動は全くしておりませんでした。
もちろん、毎日の忙しさにかまけていたと言っても言い訳にしかなりません。

だけど、僕らは社会運勢学会にもっとしっかりコミットしたい。
そう、結果にコミットしたいのです。
一年の流れセミナーまでには、5kg減量します!!

というのは冗談(ちょっと本気)なんだけど、来年から認定講師として色々と活動をしてまいります。
その決意表明も含めた一年の流れセミナーです。

認定講師とかになると、本当、聞きたくもないような話も聞こえてくるんですよ。
僕が「認定講師」とか書く度に「イラッ」としてる人もいるんじゃないかな。
まぁ、僕はそういうのあんまり気にしない質なので良いんですけど。

まぁ、ここからは本当に社会運勢学会に関わってらっしゃらない一般の生徒さんには、全然関係ない話だと思うんですけど。
少しだけ私見と想いを書かせて頂きますね。

僕は今の社会運勢学会が完成形だとは、到底思えないわけです。
生まれたての子鹿みたいなもので、まだヨチヨチ歩きっていうか、まだ脚プルプル状態だと思っているわけです。
ちょんって突っつけば、倒れちゃうくらいのプルプル具合なわけです。
(理事の皆様、理事長、事務局のみなさま、すみません)

そういう状態の子鹿ちゃんに、外からグダグダ言うべきではないと思っているんです。
認定講師になったから言うわけではないんです。
本当に、僕は認定講師の合格が発表される前から言ってることなんだけど。
やっぱり想いがあるなら、中に入って言いましょうよ、と。
まず、土俵に上がりましょうよ、と。
少なくとも、僕の耳に入るような声の大きさで、外野から野次を飛ばすのはやめましょうよ、と思うわけです。

言いたいことがあれば、中から質すべきで、それが出来ないなら、村山先生の名を語って商売はすべきではないな、と。
僕みたいなミジンコが、社会運勢学会に何か物申せる力なんてないし、もし何か言ってもハナクソのように丸められてピンってされるのは分かっているんですけど。
それでも、僕は言いたいことは言うつもりです。
ちゃんと中に入って。

それで潰されたら、っていうか潰してもらって構わないわけですが。
そうなったら言われた通りにするつもりです。
完全服従の覚悟は出来ている。

僕が白洲次郎っていう人を知ったのは、ここ十年くらいなんだけど。
吉田茂の側近中の側近だった人なんですけど。
立派な人でしてね。
まぁ、彼については色々言いたいことはあるけど、それは一年の流れセミナーに取っておくとして。

彼がすごいのは、やっぱり

「GHQにちゃんと物申した」

ところに尽きるんだと思います。
彼はアメリカに呼ばれて向かうときも、ジーパンで向かったらしい。
肝の座った男です。

「屈しなければならないとしても、言いたいことは言え」

というイギリス紳士、いや英国騎士の精神が服を着て歩いているような人だったわけですけど。
僕もそんな風に生きてみたい。
自分が生徒さんにお伝えしているように生きてみたい。
そんな風に思ったんです。

だから、いちセミナー講師として、皆様の前でお話するのは、この一年の流れセミナーがほぼ最後になると思ってます。
あとは、全部、社会運勢学会の講師として、看板を背負ってお話をさせて頂く所存でございます。
そうやって組織にコミットしなければ、言いたいことを言う資格さえ無いと思っているからです。

僕は先日亡くなった村山先生が大好きなんです。
めちゃめちゃいっぱい怒られたし、信用なんて全くされていなかったけど。
僕はなぜかよくトイレで先生に出くわして、一緒にオシッコしたものだけど。
そのときは、先生、なぜか優しかったな。w

とにかく、そんな先生が立ち上げられた社会運勢学会。
僕はなんとしても、盛り上げたいと思っています。
恋は盲目。
そんな風に言われたって構わないと思ってます。
むしろ、盲目になるくらいの恋を一生のうちで出来たことに感謝したい。

親鸞は

「たとい法然上人にすかされたまひて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう」

と言った。
師である法然上人に騙されたって構わないって言ってる。
僕は村山先生のおっしゃった言葉を、100%信じてる。
だから、その先生が作った社会運勢学会も100%信じているし、その先生が選ばれた理事の先生方のこともまた信じているわけです。

いちいち、先生のことを勘ぐって、疑うなんて言うのは、愚かというか何というか。
気学の先生、易の先生なんて、ごまんといるんだから、もう、そちらで教えてもらえば良いと思う。
僕は、村山先生のおっしゃったことのみ、ただただ信じて生きていく。
そして、先生が見たかった未来を、少しでも社会運勢学会の会員の皆様と一緒に作り上げて行ければ、それで本望なのです。

もちろん、そうは思わないという方もいっぱいいるでしょう。
それはそれで結構なこと。
ただ、僕は出来ることを出来るだけやっていくことのみしか、心の中にないわけです。
そして、コソコソとつまらないことを画策するのは、2019年、己亥の年に全くもってふさわしくない。
特に九紫火星の僕は王道を歩むべき一年だから、そういうコソコソとした動きをどうしても嫌うのです、ハイ。

また、こんなことを書いてしまって、しかもブログという形で世に出してしまって。w
理事の先生方、すみません。
理事長、すみません。

でも、僕はどうしても言いたかった。
とりあえず、文句言うよりも、一緒に楽しもうよ、と。
何はともあれ、一年の流れセミナー。
とにかく皆様に楽しんで頂けるクォリティに仕上げたい。
そう考えながら、毎日を過ごしております。
マイメロの「今日のあなた」を書くついでに、ですけど。
もう、全然終わんない(白目)。

というわけで、どうぞ12/23(日)は福岡商工会議所会議室301にレッツゴー!ですよ!!

写真は去年の一年の流れセミナーの様子。
これで60名。
この3倍入るのかぁ。。。

親子で夕食のリクエストが異なったときに思うこと

こんばんは、OFFTOOONの享佑です。
今日は9月30日。
台風の真っ只中です。
にも関わらず、なぜかお店でパソコンいじってます。
外はすごい風。
外に出る気にさえならないから、お昼ご飯食べずに仕事してます。
我ながら、何やってるんだろ?w

今日(公開時点では昨日)は、台風の影響もあって、山本さん休みで。
息子も当然休みで家にいて。
妻は家相風水の基礎集中講座で博多にいて。
僕は一人店にいるわけですが。

それでもご来店頂けるお客様もいて。
山本さんが休みだから、久しぶりに汗だくになって施術をしました。
一人のお客様に僕がかかりきりになるのって、ほとんど無いからたまには良いですね。
ありがたい限りです。

で、お客様もさすがにこの天気だから、もう予約も無くて。
なら帰ればいいのにって自分でも思うけど、風が強いし、雨も降ってるし、外に出たくない。
徒歩2分の家までが果てしなく遠く感じる。
仕方ないから、マイメロ書こうかと思ってパソコン開ける。
昨日、布団を蹴っ飛ばして寝てたからか、身体が重い。
あんまり良い文章が書けなくて、何度も書いては消すを繰り返す。
気分転換に、Twitterでマイメロのエゴサーチ。
ニュースサイトに紛れ込む。
時計を見たら、すでに15:30で白目←イマココ

16:30になったら、妻を迎えに行くので、もう良いやと思い、せっかくだから多少なりとも生産的なことをしようとブログを開き。
冷静になると、ブログが生産的とはとても思えないけれど、ま、いいや。

さて、そんな日曜日ですが。
先日、

「当分ブログは書かないと思う」

とか言ってたけど、せっかくだから書いておきます。
今日から情報解禁です。
10月より隔週で、KBCさんの「夕方じゃんじゃん」てラジオに出ます。
最初の放送が10/17らしいです。
でも、ホークスの日程次第で10/24になるかも。
そうしたら、次は11/8で、僕名古屋に行ってるから、いきなりの欠席。w
いいのかな?w
スケジュールは予め伝えてたから、良いよね?w

以前、一度、出演させて頂いて、ナカジーさんと楽しくお話させて頂いたわけですけど、そのときみたいに楽しくお喋り出来たら良いな、と思ってます。

ところが、ここで問題が。
僕、あんまり喋るのって好きじゃないんですよね。w
講師とかやってるやつが、それで良いのか!とか言われそうだけど、好きじゃないものは好きじゃない。
セミナーとかでも、3時間のクラスをやると、汗だくになって呼吸が苦しくなるんですよ。
本当に、講師とか向いてないな、といつも思います。

でも、僕は東洋思想は大好きなんです。
東洋思想は好き。
話すのは好きじゃない。

これが、僕の自己認識なんだけど。
それでもこうやって、

「話してもらえませんか?」

と話が来れば、喜んで仕事を受けさせて頂くわけです。
僕の話が面白いって思ってくれるのって、ありがたい他者評価ですもんね。

自分のことをはっきり分かることを、「悟る」と言います。
ほら、りっしんべんに吾と書くでしょ?
周囲のことがはっきり分かることを、「覚る」と言います。
この字は学ぶに見るっていう字。
学んで、知見を広めて、分かるっていう字。

両方とも「さとる」って読む。
で、この二つの字を合わせて「覚悟」。
覚悟って言うのは、

「自分のしたいことが分かる」

ってのと

「周囲のことが分かる」

っていう両方を備えること。
つまり、自分のwantと周囲のneedsを理解することなんですね。

商売をしてると、この「覚悟」っていうものを持っている人って、意外と少ないんだなって実感します。
自分のしたいことばっかりやって失敗する人。
自分のしたいがなくて流される人。

まぁ、それはそれで、その人の人生なんだけど。
僕は、「自分のしたいこと」と「周囲に求められていること」をしっかりと把握して生きていきたいな、と思うわけです。

例えば、Instagramっていうサービスがあるんですけど。
OFFTOOONのアカウントでは「今日のひとこと」ってのを毎日アップしています。
(OFFTOOONのアカウントはコチラ→https://www.instagram.com/otemon_offtooon/
これもね、自分では何がそんなに良いのか?よく分からないんだけど。
フォロワーもいつの間にか288人とかになってて。
出来るだけフォローバックしようと思ってたんですけど、最近、山本さんにアップをずっとお任せしてて、僕はほとんど見てないからしてません。
そんなゆるーくやってるにも関わらず、たまに新規でご来店頂いたお客様から

「毎日見てます!」

とか言われてビックリしてしまうことがままあり。
こうして、誰かしらに必要とされていることってありがたいし、求められている以上、がんばって続けようと思っているんです。
もうすぐ、投稿が1000になるみたい。
もう3年以上毎日やってることになるんですね。

これ、僕は全然やりたいことじゃない。
毎日毎日、考えるだけでうんざりしてしまう。
実際は、これにかける時間ってほんの数分なんだけど。
適当なことを書くわけにもいかないので、ちゃんと考えてます。

「うわー、イマイチ」

とか思うことが多いけど、そういうときに限って、お客様とか妻とかに

「今日のひとこと、なかなか良かった」

と言われたりするんですね。
だから、僕は自分なんていうものを全く信頼してないんですね。
僕が良いと思ったものが、他の人にとって良いことかって、そんなことはほとんど無い。
主観なんて、本当に当てにならないと思ってます。

じゃあ、客観なら正しいのか?
他人が下す評価は、いつも自分の評価より正しいのか?
って言われると、やっぱりクエスチョンなわけで。
だいたい僕が当てにならないてことは、僕が見てる周囲の人たちもまた当てにならないってことで。
いや、周りの人が悪いとかじゃなく、僕自身が周囲の人を節穴のような目で見ているから、その存在は当てにならないって意味ね。
とにかく、当てにならないもの同士の評価の対立なんて、まったくもって当てにならない。

その主観も客観も越えた絶対的な物事の分別っていうのを、仏教では正見って言うんだろうけど、僕みたいな小童にそんなことは出来るわけもなく。
だから、せめて、主観と客観の対立を出来るだけ減らし、落とし所を見つけようと努力するしかないなと考えてます。

よく、

「石川さんは、好きなことを仕事にしてていいね」

とか言われるけど、それは半分正解、半分不正解。
たしかに東洋思想は大好きで。
人の身体っていうのも大好きで。

だから、鑑定士やったり、講師やったり、整体師やったりっていうのは、確かに好きな仕事なんだけど。
基本的に前述した通り、講師は好きじゃないし。
だから、好きじゃないことを仕事にしてるってのも確か。

でも、求められるっていう客観も大事にしたいから、やりたくない主観との間で折り合いをつけて生きている。
ただ、嫌々やるってのは、折り合いをつけるとはいいません。
諦めるのではなく、明らかに見る(元々諦めるってこういう意味)ことが大事で。
好きと嫌いの間にあるものを、真ん中とって「まぁ仕方ないか」というの妥協で、「だったらこうしたらいいのでは?」っていうのが折り合いをつけるってことだと思ってます。
だから、好きじゃないけど、好きにやってる。
話すのも、鑑定も。

こういう感覚を持つと、多少は色々と楽しくなると思います。
「自分のしたい!」だけでも、「周囲の求め」だけでも、人生は苦しくなると思う。
東海地区のお店でもInstagramを始めよう!っていう話が出ているらしく。
何をテーマに投稿をしていこうっていう話まで進んでいるみたい。
話を聞いたら「自分はこう思う!」ってことばかりで。
「多分、誰も見ないだろうな」って予測してます。

自分だけじゃなく、「誰が」「何を期待して」っていう観点がごっそりと抜けている以上、評価はもらえないでしょう。
「僕はカレーが食べたい!!」
「パパはカツ丼が良いな!!」
だったら、「カツカレーにすれば良いじゃないか」、って僕は思うわけで。
これが折り合いをつけるってこと。
これを易では中と言います。

経営とか、マーケティングっていうのは、難しく思われがちだけど。
まぁ、確かに難しいけど。
実は、こういった当たり前の人間生活の延長線上にあるものだと思う。

だからこそ、個人生活の質が、経営にも影響するんだと思います。
個人事業主が集まる集団だからこそ、私生活の充実は非常に大事にして欲しいと願っていて。
ただ、事業と私生活は陰陽の関係ですから。
仕事に打ち込めない人は、だいたい私生活も適当だなというのが、数年間、経営というものに携わったものとしての実感です。

何となくまとまりがなくなってきたので、この辺にしておこうと思いますけれど。
最後に大好きな言葉を。
鎌倉時代の傑物、道元禅師の正法眼蔵より。

「自己を運びて、万法を修証するを迷いとす。
万法運びて、自己を修証するは悟りなり。」

(自分で「これさせて」「あれさせて」「自分なら出来ます」ってのはアホだ。本物はチャンスの方からやってきて、自分の能力を明らかにする)

僕はやってきた仕事は、基本的に断りません。
(営業時間外に電話かけてくるのはやめてね)
それは、僕以上に僕の使命を雄弁に語ってくれるから。
逆に、僕から色々と提案することはあまりありません。
(とはいえ、ビジネス上必要なやりとりでは、もちろんありますよ)
自分のことを「先生」とか呼んでくれとも思いません。
「先生」と他の人が呼んでくれることが、すでに僕を証明してくれているから。

母からは「こうへいっ!!」と呼ばれ、妻や息子からは「パパ」と呼ばれ、友人からは「きょーちゃん」と呼ばれ、生徒さんからは「先生」と呼ばれ、先輩からは「石川くん」と呼ばれ。
その全部が、僕を証明している。

というわけで、今月は姓名鑑定の集中講座やります。
結構、いや、かなり面白いと思います。←これ、迷い。w
来年からは、色々変わるので、このスタイルでやれるのは今回限り。
とりあえず、来年はもう少し値段が上がりますから、駆け込み需要待ってます。w
今日(てか昨日)までの家相も気学と易の総合芸術なんだけど。
名前ってのも、やっぱり総合芸術だと思う。

あ、姓名鑑定にからめて、本を出版します。
いつ出版かはお約束出来ないけど、近いうちに出ます。
買ってね。
占いの本ではないのであしからず。
あと、自費出版でもありません。
東京の出版社さんから、お話が来たから、喜んで乗らせて頂きました。
というわけで、また明日(てか今日)から、パソコンとにらめっこの日々です。
パソコンの修理になかなか行けない。。。

↓姓名鑑定が気になっちゃった方はこちら。妻の文章の方が伝わる自信があります。
———————————————————————————————————————-

今週末の講座のご案内です♪

九州方面ではなかなか珍しい本格的な姓名鑑定の講座です。

当店でも多くのニーズがある「姓名鑑定」。

10月20日&21日の土日で集中講座を行います。

□姓名鑑定とは…

姓名は生命を示し、名は体を表すと言われます。姓名鑑定は気学のベースにある「陰陽五行論」をベースに日本で発達した学問です。姓名には法則性があるとし、姓名によってその人の人生が形成されていくとされています。一般的に有名なのは「画数」を用いた鑑定法ですが、実は画数は姓名鑑定の10%に過ぎません。
三大原則と五大真理を学び、より深い姓名鑑定の世界に踏み込んでいきます。姓名は屋号や商品名にも活きてきますし、人選にもとても有効な手段ですので、ぜひ経営者や幹部社員の方、またはこれからお子様を迎えられる方は是非ご受講ください。

□姓名鑑定集中講座概要

【内容】五大真理と三大原則を中心とした姓名鑑定の基礎を学びます
【日程】10/20(土)10:00〜17:00、10/21(日)10:00〜17:00(二日間)
【代金】64,800円(税込)
【講師】石川享佑
持ち物:鑑定ガイドブック(全クラス共通:1500円)、筆記具、遁甲盤入り手帳
*お電話またはメールかお問合せフォームにてお申込みくださいませ。
*受講料は事前振込のみとさせて頂きます
*再受講の方は、ご相談くださいませ。(再受講料金は半額となります)

□申込み

講座のお申し込みは、当店へ直接ご予約(TEL:092-406-6199)もしくは、以下の申込みフォームより御連絡ください。
お問い合わせボタン

 

十二支に猫がある国ってどこ?

こんばんは、OFFTOOONの享佑です。
めちゃめちゃ久しぶりにまともにブログを書こうかな、と。
本当に久しぶり過ぎて、何を書けばいいのかさえ分かりませんが。w
もはや、完全にマイメロ脳になっていて、油断するとウサギ語になりそうです。

来月のマイメロの原稿も一段落(ではないけど、山は越えた感覚)なので、久しぶりに何のためにもならない文章を書いてみようと思って。
とりあえずPCの前に座ったものの、指が進まなくて、かれこれ15分くらいスマホをいじってました。
スマホって危ないね。
ちょっといじってると、あっという間に15分も経ってるもの。
危ない危ない。
えー、最近のトピックとすれば、、、

あ、今年もカレンダー出します。
今後はどうなるか?まだ分からないので、とりあえず今年は本気でいきます。
今年も、福岡のステキスタイルデザイナーのULOCOさんとコラボします。
今年は「十二支スペシャル」です。
ここまでしかまだ言えないけれど、かなり面白いものが出来そうです。

十二支って動物じゃないんですよ。
先に十二支という十二個の「地の気」の概念があって、後付で動物を割り当ててます。
だから、僕は数ヶ月タイで生活をしたことがあるんだけど、タイの十二支には「猫」がいます。
卯を兎ではなく、猫で割り当てていますね。
なんてこった。
我らがマイメロ先生にとっては、住みにくい国なのかも。w

あと、ラジオにレギュラー出演が決まりました。
どこの局のなんていう番組かはまだオフレコ。
10月入ってから解禁ということだけど、多分、告知は出来ないので、何とか見つけてください。
山本先生のブログで書かれるかもなので、そちらも要チェック。
僕は多分、来月も死んでいるので、ブログ書くのは随分先の予測なので、よろしくお願いします。

他には、、、
ないっ!!
忙しいばかりで、何かあんまり最近のトピックとか覚えてないっ!!
てか、今日の昼ごはん何食べたっけ。。。?
もう記憶の時系列がおかしくなってます。
誰か助けて。

あ、妻が先日、誕生日を迎えました。
友人や生徒さんにパーティーをして頂き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
妻は人が大好きなので、こういう時間が大好き。
僕とは本当に正反対だなぁ、と思います。

僕は、あまり友達がいません。w
いや、仲良くしてくれる人はたくさんいて、ありがたい限りなんですが。
それでも基本的に、「いつも一緒にいる」みたいな人はいなくて、基本的に一人でいます。w

それが別に嫌じゃなくて。
幼少期の思い出も、ほとんど一人で工作をしていた記憶が多いです。
工作の本みたいなのが家にあって、それをみながら一生懸命作っていました。
ビニールテープの芯がなくて、カエルのおもちゃを作れなかったのが悔しかったのを覚えてます。

でも、僕は孤独ではないんですね。
本当に、よくして頂ける方も多くて。
こないだはULOCOさん夫妻とお食事をさせて頂いたり。
そういう方はたくさんいるんです。
だから、お母さん、心配しないで。

僕はサッカーやバレーボールも好きだけど。
やっぱり野球が一番好きなんですね。
それは、そういった性格というか思考に関係があるのかも。

野球はチームプレーだ、と言われ続けていて。
それは全くそのとおりなんだけど。
勝負の結果っていうのは、その多くが

個対個

の結果に委ねられるんですね。
どれだけ仲が良いチームで、意思疎通が素晴らしくても、ノーヒットノーランを食らえば勝ちようがありません。
逆に、嫌われてる四番バッターでも、試合に入れば、どれだけ打点を稼いだかが大事になってくる。
ピッチャーに野手が

「バックを信頼しろ!」

とかよく言うけど、アウトを取るのに最適なのは、三振であるっていうのが紛れもない事実。

「応援が力になりました」

とか言うけど、それも確かなんだけど、応援がボールを後押しすることはないわけで。
応援を受けてても、ちゃんと芯で捉えなきゃ、ホームランにはなりません。

でも、野球選手は孤独ではありませんね。
チームメイトに囲まれ、ファンに囲まれ。
でも、打席では、マウンドでは一人。

これをきっと、孤高というのだと思います。
来年の三碧木星の人は、こういった「孤高の存在」になります。
楽しみな一年ですね。
こういった内容を含めた「己亥八白土星の一年の流れDVD」も撮影を終えました。
年末年始には、こういった類のセミナーが多く開催されると思いますが、この時期にすでにここまでやっているのは、日本でも少ないんじゃないかな?と思います。w

まぁ、ともかく。
僕は友達が少ないです!
でも、寂しくないです!!
それでも、飲みには誘ってください!!!

ってことが言いたいわけです。
行けないことも多いけどね。w

そんなこんなで、毎日を過ごしていますけれど。
マイメロまみれの毎日で、僕の中の清涼剤になってるのがコレ↓

いやー、良いですわ〜。
動画の編集(ほとんど妻がやって、僕はちょっぴりお手伝いしてるだけだけど)って、楽しいもんです。
もう一個作んなきゃいけないから、がんばっちゃいます。

人の恋愛を無責任に語るっていうのも悪くないですね。
まぁ、無責任にとはいえ、ちゃんと鑑定はしてるわけですけれど。
それでもこんな感想を頂くと、嬉しいもんですね。


占っていただきありがとうございます!
相談者のYです。

今、仲良くさせていただいている男性との間に諸問題があり、それでも突き進んでいいよ!と背中を押してもらいたくて相談させていただきました。笑
相性はいいとのことでまず安心。

「相手の男性に懐かしさを感じる。」に納得。
「私の言っている事は相手には伝わらない」に爆笑でした。

そうそう!
遠慮して言葉を選んで伝えてはいますが、それが余計に相手に伝わらなくしていたんだなーと、石川先生の言葉で目が覚めました。
例え、相性が悪くても突き進んでしまうのが恋愛だと思いますが、 ただ相性の良し悪しだけでなく、何に自信をもって、どこに気をつけてお付き合いを続けていけばいいのか、指標となるものをいただけた事が、とても心強かったです!

人と信頼関係を築くことは本当に難しいーー!!
その過程で、努力すべき方向を石川先生に指し示していただき、本当に感謝です!頑張ります!


熱いメッセージです。
熱すぎて、なぜか僕が感涙の涙を・・・流しませんでしたが。
こういった感想は嬉しいので、これからもがんばります。
当店のフェイスブックページやインスタなどからメールもらえれば、抽選で毎月数名(適当)様のお悩みを鑑定します。
メールくださるときは、嘘でもいいので、

「いつもマイメロディ九星占いを使っております。
毎日読むのが楽しくて、早く日付が変わらないから、なんて思ってます。」

というのを最初に入れて頂ければ、あまり宣伝臭くならずに動画で喋れるのでありがたいです。
文章は、多少工夫してくださいね。
やらせっぽくならないように。

えっと、整体のこと、一言も書いてないけど、そろそろ終わらなきゃ。
早く店に戻らないと、山本先生かわいそうなんで。。。

そうそう、特別セミナーが今週末もあります。
家相の基礎を二日間で集中的に学びますよ。
来月は10/13、14(土、日)にまたがって姓名鑑定の集中講座もあります。

どっちも来たい!という方は、ぜひぜひ。
どっちかしか行けない!という方は姓名鑑定の方がいいかな?
家を建てる予定!なら家相。
子供生まれるんだけど!なら姓名鑑定。
もう面倒だから、両方受ける!ってなってくれたら最高です。

というわけで、最後に妻が書いてくれた講座案内を転載しておきます。
僕の説明だと意味わからないかも知れないけれど、妻の説明なら確実です。
では、どうぞ。

———————————————————————————————————————-

今週末の講座のご案内です♪

九州方面ではなかなか珍しい本格的な風水講座です。

まだまだまだまだ参加可能ですのでお待ちしております。

【家相1stステージ】
9/29、30(土、日)
各日10:00〜17:00(二日間の講座です)
会場:福岡商工会議所303号会議室
料金:64,800円

*家相は、中国から伝わってきた風水(環境相学)を日本で独自にまとめた精密な理論です。
気学と易学の集大成ともいえる家相の基礎を学んでいきます。
家の持つ「気」が個人の「気」にどのように影響してくるか?を知る、とても実践的な学問です。
家相講座は、今後、月々で行う予定はございません。

 

 

講座の受講料は振込となっております。
お申込みの際に振込先をお伝えします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
(TEL:092-406-6199 担当:石川紗里)

———————————————————————————————————————-

易経が放つ光を見てみませんか?

いつもありがとうございます(^o^)
OFFTOOONの享佑です。

【易経基礎集中講座】
9/22、23(土、日)
各日10:00〜17:00(二日間の講座です)
会場:福岡商工会議所303号会議室
料金:64,800円

*易は伏儀により提唱され、数千年のときをかけ洗練され、孔子によって近代的な文書として完成されました。
その後は儒教の根本聖典や人倫の書として用いられてきました。
日本では朱子による解釈を基にした易が徳川幕府により用いられたことで長い間誤解され続けてきた学問ですが、易学教室では本来の易経に接することで易の理論と根底に流れる人生観や世界観を捉えた鑑定法を学びます。
学んでいくと、自身の潜在意識を形として表してくれる卦を手掛かりに、自身と社会の関わり方のヒントをご自身の手で得られるようになります。
当店で二〜三年くらいかけて学ぶ内容を二日間で学ぶことが出来ます。


この易経という儒教の経典というのは、学べば学ぶほど面白いものです。
だいたい成立から5,000年くらい経っている書なのですが、まだまだ未解明な部分も多い書で、その点が愛好家の心を掴んで離さないのでしょう。
5,000年くらい経っているとはいえ、現在の形に完成させたのが孔子です。
孔子(とその弟子たち)が易経の十翼を著し、現代的に解釈を進めていきました。

そこからさらに2,500年程度経ち、現在でも我々の手元に残されているわけですが。
孔子のような頭の良さを持ち合わせていない僕にとっては、非常に難解な書で、日々格闘中なわけです。
毎日毎日、折に触れて易を開き、文字を追い、解釈をしていく。

めちゃくちゃ地味な作業です。
でも、とても好きな時間でもあります。
開くたびに新しい発見があり、そのたびに、奥深さを感じさせられます。

とにかく、僕はこの易経という書が大好きなわけです。
だから、一緒に学ぶ人がたくさん増えたらいいな、と思うわけですね。
ただ、読むためにはいくつかの法則やテクニックを学ぶ必要があります。
それを学ぶのが、この講座なわけです。

これらは、一度学んでしまえば、一生モノです。
その後はずーっと自分一人で易経を深めていくことが可能になります。
だから、とてもオススメ。

最初を独学でやってしまうと、取り返しのつかないくらい、易経の本質から外れてしまいますから…。
最初だけ、我々がガイドしますから。
ぜひ、この講座に起こしください。

振り返ってみれば、僕はこの書に出会わなければ、3〜4回は命を落としていたかもしれません。笑
絶望の淵に立たされたとき、この書を開き、

「こんなところで負けてたまるか」

と明日への希望と活力を頂いていたものです。
そんな経験があるからこそ、僕はこの書を学ぶことを真剣にオススメしています。

僕は易の本の中に、占筮したことなどを書き込んでいます。
そのおかげで、僕の本はボロボロになり、とても読みにくくなっておりますが。
久しぶりに、色々と過去の占筮を読みかえしておりました。

どうやら、僕が人生で最初に立てた卦は

「火風鼎」の上爻変

だったらしい。
そのときは、自分では解釈できず、当時師事していた先生に解釈してもらったのを覚えています。
占筮した内容は、当時赤字がひどかったお店を撤退しようか迷っていたので、このまま継続させてもいいのか?という内容でした。
先生は

「このまま継続させなさい」

とおっしゃってくれて、何がなんだか分からないまま、とりあえず店を続けました。
この卦は非常に良い卦なのですが。
詳細な解説は、どこかの勉強会でやれたらいいな、と思うわけですが。
とにかく、そのときは分からなかったけど、すごい卦だった。笑

でも、その当時はこの卦を得たときに、何をすればいいのか?よく分かっていませんでした。
この鼎という卦は組織活動においては最高の卦と言っても過言ではない。
その良さを活かしきれたか?と言えば、Yesとは言えないな…。

あのとき、もっともっと学んでおけば、僕はもう少し良い組織作りが出来たかもしれない。
まぁ、「タラレバ」なんて通用しないのが経営という世界なわけだけど。
それでも、もう少し変わったかな?とか思うわけです。

今、もし当時の僕にアドバイスが出来るとしたら、

「あーしたらいいよ」
「こーしたらいいよ」

なんて言うことが可能なのだろうけど。
当時の未熟さを情けなく思うと同時に、ここまで成長出来たことに感謝の一念です。
だからこそ、もっともっと学ぼうと思うわけですね。

でも、何にも分からなくても、たしかにそのとき、僕は易に勇気をもらった。
信じられなくても、言われたとおりにやってみてよかった。
あれから長い時間が経った今、その店はまだ存続していて、今日もお客様に喜んでもらっている。
それが全てを表している気がします。

僕は浄土真宗の家に生まれて、浄土真宗の保育園に勤める母に育てられました。
浄土真宗では、蓮如上人が著した「歎異抄」という本を勉強するのですが。
その中に親鸞さんの

「善人なおもて往生す。いわんや悪人をば」

という、日本仏教史上かなり有名な言葉があります。

「善人でさえ極楽浄土に行けるのだから、悪人が行けないわけなかろう」

という意味の言葉ですが。
まぁ、強烈な一言だから、かなり誤解も生まれて批判も受けたようです。
それは良いとして。

ここでいう善人っていうのは、自力作善といって、自力で物事を解決できちゃう人のことです。
自力で解決しちゃうのだから、阿弥陀さんの力なんて借りる必要がない。
そんな、阿弥陀さんからそっぽ向いちゃう人でさえ、阿弥陀さんは救っていく。
だとしたら、自力で何にも出来ない愚かな人はもともと阿弥陀さんに救われるしかないのだから、阿弥陀さんが救わないはずがないだろう、ってことなんです。

僕は、易の放つ光に阿弥陀さんを見た気がするんですね。
解釈出来ていようが、出来ていまいが、ちゃんと救ってくれる。
この「易」というものに触れた人をぜーんぶ救ってくれる。
易を学ぶ過程において、様々な奇跡を目の当たりにしてきた僕にとって、本当に易というのは「神秘的」な存在なわけです。

もちろん、学んでいけば、ロジカルで、「なるほど」と思わされることも多いんだけど。
でも、やはり易の神秘性というのも僕を魅了していて。
易のロジックとともに、その神秘性も感じて頂ければいいな、と思う次第です。
あー、今から週末が楽しみになってきた。笑

ところが、残念なお知らせ。笑
諸事情から、おそらく当社主催のこの易の集中講座は今回が最後になります。
だからこの機会を逃すことなく、ぜひ一緒に学びましょう。
そして、あなたも僕が感じることが出来た、易経が放つ「絶望を救う光」を感じて見ていただきたいものです。
学び終えた後は、我々と同じ学問を学ぶ同士として、切磋琢磨出来たらいいな。
そんな風に思うばかりです。

講座の詳細についてはコチラをご確認ください。
ではでは、みなさまのお申込みお待ちしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
(TEL:092-406-6199 担当:石川享佑、石川紗里)

近況報告および、ゴリけんさん九紫火星だったよ、って話とetc

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です♪
うだるような暑さは少し落ち着き、風が心地良い福岡です。

さて、またここ数日バタバタと過ごしておりました。
「7月は落ち着いて過ごすひと月としよう」
と考えていたものの、結果的には慌ただしく過ごすこととなってしまいました。
でも、あまり飛び回ることもなく、お店でじっくりと様々な作業と向きあうことが出来たのは良かったなと思います。

また、家のことや店のことも大わらわで。
店のプリンターが連続してボコボコ壊れるし。
慌てて持ってきた家のプリンターも壊れるし。
その壊れたプリンターを燃えないゴミで出したら、誰かに持ってかれるし。
それ、壊れてるけど、いいのかな?笑

まぁ、そんな話はさておき。
仕事の話。

8/29(水)、8/30(木)で「九星気学風水基礎集中講座」を久しぶりに開催します。
二日間で気学のイロハのイを徹底的に頭に詰め込むこの講座。
たぶん二年ぶりくらいに開催です。
気になる方はぜひ。

あ、8/22にリビング福岡さんで「顔相講座」もやります。
顔相は今は講座もないし、あまりお伝えする機会もないけど、今回は依頼が来たのでがんばります。
前回は前座が長くなり(笑)、今回はもう少ししっかりと顔相のテクニックをやろうかな?と。
まぁ、2時間なので、出来る範囲は知れてるでしょうけど、一生懸命やります。

他には、まだ放送日程は決まってないのですが、先日取材が入りました。
色々決まり次第、こちらでも報告しますが、とりあえずゴリけんさんが来てくれました。
九紫火星の人でしたね~。
顔相を使って、色々お話をさせて頂きました。
放送が楽しみだな~(多分、かなりカットされてる、諸事情で。笑)

そんなこんなで、毎日まぁ楽しく忙しくお仕事させて頂いております。
んで、その合間にDMとかも出しました。
コレ↓

届いてますか?
届いてない方、ごめんなさい。
全員には出してませんので、ご了承ください。
かなりお得です。
山本先生が出勤の日に来てくださいね、マジで。
二人同時に出来ない日もあります(明日とか)

あとね、マイメロですね。
みなさま、ダウンロード頂けましたか?
これね、毎月20万字くらい書いてます。
ちょっとした作家ですね。
本当に気合いを入れて毎日書いてるので、ぜひダウンロードしてください。

レビュー見るとね

「動画広告が長い」
「動画広告がうざい」
「動画が消せない」

ってありますけどね。
これ、「タダ」なんですよ?!
動画くらい見ようよ。
いや、見なくてもいいじゃん。
その間に出勤の準備とかすれば。
30秒くださいってだけなんですよ。
ご理解くださいませ、そこをなんとか。

↓月の運勢は特に力入れて書いてます。
あと、課金になっちゃうけど、恋愛についてのアドバイスとかもかなり力入ってます。
だいたい、語尾が僕っぽくないってだけで、萌えるレベルで力入ってるって、課金して読んでくださった神様たちには分かって頂けますよね、きっと。

さぁ、今すぐダウンロードですよ!!
↓ ↓ ↓
★ App Store (iOS)

https://itunes.apple.com/jp/app/id1363830115

★ Google Play (Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gl3inc.MymeloFortune

まぁ、そんなマイメロですけど。
こんなレビューも頂いたりしてます。

甘さ一切なし。
シュガーレスです。
それではちょっと、女性に嫌われるなってことで、9月分からは乙女チックに寄せてます。
たぶん、全然寄せれてないけど。
まぁ、楽しみにしててください。
そして、

「シェア機能使ってください!!」

大事なことなので、もう一度言います。

「シェア機能使ってください!!!!!」

マイメロアプリには、シェア機能ってのがあるんですよ。
上の写真の右下にありますね。
コレ押すと、TwitterとかFacebookとかinstagramとかにすぐ投稿出来ちゃうんです。
運勢を独り占めしないで!!(格言)
よろしくお願いします。
Twitterで「#マイメロ」で検索すると、悲しいほどに僕しか出てきません。
あと山本先生とか。
内輪で楽しんでるだけ。笑
助けて、ほんと。

あとね、「ウラナイステーション」のTwitterも最近力入れてます。
不定期だけど、毎日2、3個のニュースとかをピックアップして、鑑定とかしてます。
フォロワー、驚きの

17人。笑
ほとんどいない。
あまりにいないので、昨日マイメロの公式アカウントをフォローしてるひとをフォローしまくりました。
ほとんど許可されませんでしたが。。。

でも、本当に面白いことつぶやいてると思います。
とりあえず、大阪市長の「学力テストの結果を教員の査定に反映」なんてのには大反対。
あんなことされたら、僕が教員なら、クラスの下から1/3くらいを全員休ませます。

でも、そんなことはおかしいでしょう。
落ちこぼれをださないようにするのが政治の本質ですよ。
まぁ、悪気はないんだろうけど、弱者に対する思いやりとかを全く感じない政治家ですね。
大阪市、これからもっと沈没していきますよ。
橋下さんを選んでおけば良かったのに。
みたいなことをグッと濃縮させてつぶやいてます。
(このネタは今考えたので、つぶやいてません)
ぜひ、フォローしてね。

ウラナイステーションのTwitter

そんなこんなで色々トライしていた7月も終わり。
またくそ忙しくなる8月に突入しました。
今月は名古屋への出張はありませんが、やることはめちゃめちゃ多い。
HPの変更とかも控えているし、考えることは多いです。
でも、風邪ひかないようにがんばりますね。

もちろん、整体もやってますよ~
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

さて、マイメロ先生の締め切りが迫ってますので、戯言はこのくらいにして、書き進めます。
もはや、修行に近い。

そういえば、師匠:故村山幸徳先生が立ち上げられた社会運勢学会のHPが出来ました。
お知らせが来て、

「おぉ~!」

と思って開いたら、トップページに僕。笑
光栄すぎて、なんかすみません。

そういえば、お知らせでもかきましたけど、8/13~15はお盆休みです。
普段は休みは転送かけるけど、国外逃亡の予定なので、でれませんのであしからず。

変われるという能力

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です♪
ここ数日、ほとんで眠れない日が続きましたが、やっと一段落つきまして。
いや、また明日から月末まで眠れない日が続きそうな予感もせんでもないような。。。
とにかく、昨日はぐっすり寝て、元気です。

好評頂いている「マイメロディ九星占い」ですが、現在8月分の監修のラストスパートで。
いや、実はブログなんて書いてる場合じゃないんですけどね。
まぁ、気分転換も必要なんで。

とか、言い訳してたら、マイメロにおこられた。w
はい、やります。
喜んでやりますとも。

★ App Store (iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1363830115

★ Google Play (Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gl3inc.MymeloFortune

そういえば、いくつかレビューをもらっているのですが。
その中に「説教じみていて的外れ」と言われておりまして。
たしかに説教くさいね。w
ただ、的外れではないとは自負してますけど。w

というわけで、8月からすこーしだけ、文章の雰囲気に変化を加えています。
いや、僕はいつも通り書いているので、制作のグッドラックスリーさんが、想像を超えるがんばりをしてくれているんですけどね。
ありがたいことです。
監修していても「読みやすくなったな」という感覚があるので、ずいぶん一般の方にも理解して頂きやすい文章になったんじゃないかな?

僕としては、鑑定の質は下げずに、どのようにより多くの人に親しんで頂けるかということを考えていて。
でも、僕は文章を変えるのは難しいので、そこは出来る方が頑張って頂けると嬉しい。
そういう8月分からはまた少し良くなっているかな?と思います。

こういう変化を、受け入れることは人生において大切で。
変化っていうのは十干で言えば「庚」「辛」が主に担当する。
これは西の星だから、経済運に直結するんですよね。

「○○一筋○○年」

と聞くと、本当に尊敬してしまうのだけど。
それで、成果が出ていないのであれば、何かを変えることが必要です。
「変えない」と「変われない」は全く異質なので、気をつけたいですね。

僕自身、ここまで何度も人生をリセットしてきたという自負があります。
数年前に僕がアプリをリリースするなんてことを予想した人は、僕を含めてほぼいないはずです。
だいたい、気学を教えること自体、考えてもいなかった。

一生整体師として、生きていくつもりでした。
でも、いつの間にか、吉方をとり、姓名を整え、家相を整え。
そうしているうちに、不思議と心が切り替わってきて、今こうして活動している。

8月になったら、また色々と変わりますよ。
目に見えるもの、見えぬもの。
色々と変化を出してまいります。

変化は「辛」で「辛い」。
でも、その辛さを越えていかなきゃ。
辛さを越えて、自分自身を変えることに成功したら、経済運も向上しますから。

そんなことも、気学の基礎で学んでいきます。
たぶん、そういう基礎を教えているところは少ないと思うんです。
気学を方位学とか、テクニック的なものとして捉えるとそうなります。
僕は、そういうとらえ方をしません。

気学というように、学問ですから。
学ぶのには時間がかかります。
労力もかかります。
三年くらいかけて月一回時間をかけて学ぶのですから。

だけど、その先には、一般の書籍やネットで拾えるようなものではない。
もっと深い哲学性を持った世界が広がってきます。
ただ、いきなり哲学とかいうととっつきにくいですから。
まずは、マイメロディ九星占いで九星の世界に親しんでみてくださいね。
ほぼ無料で楽しめますから。
学んでらっしゃる方には、参考資料としても楽しんで頂けるのではないかと。

もちろん、整体もやってますよ~
ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

妻が担当する個人コンサル「自灯明」。
今日も14時からお一人セッションしているそうです。
すでに4件モニターさんの申込があり、残りは6名です。
こちらもぜひご活用ください。

 

がんばっているという言い訳

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です♪
久しぶりの投稿になってしまいました。
いちおう、元気です。笑

今日は、息子の部活の夏の大会がありまして。
妻が応援に行ってくれました。
負けてしまったようで、残念ですが。

昨日、息子と昼ご飯を一緒に食べたのですが。
そのとき、久しぶりにゆっくり話をしました。
あんまり普段、こうして話すこともないから反省。

息子はベンチに入れないんだそうで。
まぁ、別にそれはそれでいいんだけど。
息子はベンチに入りたいみたいですね。

だったら、何をしなきゃいけないか、なんですね。

僕:「どうしたらベンチに入れるの?」
息:「もっと練習をがんばらないといけない」

まぁ、それはそうなんだけど。
これでは、たぶん、1年後もベンチには入れません。

がんばるには、「どう?」がんばるか、が大事なんですね。
それを自分で考える力をつけなければなりません。
何も考えずに、ただグランドを走っていてベンチ入りできるわけがないんです。

僕:「レギュラーの中で一番層が薄いポジションは?」
息:「レフトかなぁ?」
僕:「レフトって、何が一番大切なの?」
息:「サーブカットだと思う」
僕:「君はサーブカットは上手いの?」
息:「下手だね」

こうして会話をしていけば、今一番やるべきことが見えてくるわけです。
ベンチに入りたいなら、サーブカットの練習を徹底的に行うべきですね。
サーブカットって何か?は知らないけど。
ちなみにレフトってどこか?もよく知りません。
セッターしか分からん。笑

細かい話はよく分からないけど、やるべきことは見えてくる。
もう少し僕がバレーに詳しければ具体的なアドバイスも出来るだろうけど。
とにかく、やるべきことは見える。

現状を正確に認識して。
課題をあぶり出して、解決への具体的なアクションを見つける。
これ、経営とかでも同じなんです。

僕はスタッフの

「がんばっています」

という言葉が嫌いです。
正しい努力をしていたら、必ず成果は出るんです。
だから、がんばっているなんて言わなくても、こっちは分かる。

では、正しい努力と正しくない努力を見分けるにはどうしたらいいか。
簡単です。
正しい努力はあまり疲れません。
だから、イライラすることもない。
誰かに何かを言われても、

「がんばってます!」

と声を荒げることもない。
成果に直結するから楽しいんです。
やるほどに楽しくなってくる。
道楽ってやつです。

怒りが生まれれば、それはただの慢心です。
だから、自分自身で正しい方向性にあるかどうかなんてのは、簡単に見分けられる。
だけど、そういった教育をあまり受けていないから困ったものです。

息子の通知表が返ってきました。
案の定の成績で、何にも言う気は無かったのですが。笑
数字のとなりに、いくつかの種類のカタカナが書いてありまして。

「-カ・・・課題の提出が出来ていない」
「-オ・・・ノートが整理されている」

とかそんな感じ。
課題の提出は分かります。
ノートの整理が評価されるって、何なの?笑

ノートが整理されてたら評価されるっておかしくない?
ノートって、思考を整理するためにある。
そのために重要なんだけど、それはあくまでも手段に過ぎない。
ノートを評価されるために、ノートをがんばって綺麗に書くって、手段が目的化される最悪な評価だと僕は思うんですね。

僕はお世辞にも字はきれいではない。
うちの叔母は書家だったし、母も叔母に師事していたので、字がかなり上手い。
それに比べて、僕の字は汚い。
だけど、ビジネスの多くの場面において、それで困ったことはない。

そりゃ、ノートが綺麗なことに越したことはないでしょうけど。
ノートってほとんど見返さなかったじゃないですか。
書くことで思考はまとまって脳に定着するから、そこでノートの役目なんて終わってしまう。
そんな使い捨てのものを評価に入れるとは。。。
学校教育の矛盾を感じた次第です。

中学のとき、隣に座っていた女の子はペンを十色以上いつも持っていて。
綺麗にまとめていたけど、テストは全然だったしね。
それでも通知表は4とかとってたな。
テストの点だけで人を評価するのも変だけど、テストの点よりもノートが綺麗ってのを評価することの方が、学習の目的という点から見れば変だと思う。

日本の労働生産性は、先進国の中でもかなり低いんですよ。
1位の国の半分くらい。
1時間あたりの生産付加価値は46ドルくらいだったかな。
1時間で5000円くらいの利益しか出せないんです、日本人は。
これ、平均ですからね。
出来ない人は1時間1500円とかにもならないんじゃないか。

これで時給を上げようってのも無理があるんですね。
だったらどうするか。
無駄なことを出来るだけ排除して、労働時間を短くするしかない。
で、「がんばっているから」なんていう査定の項目を捨てて、成果にどれだけ近づく行動をしているか、をきちんと評価する必要がある。
「あいつはいつも残業してがんばっている」なんて、能力の低さを美化しているようにしかみえないわけです。

もちろん、付加価値では評価できない職種もあります。
保育士さん、看護師さん、学校の先生。
どれも大切な仕事ですね。
そういった職種の方は、それぞれに必要な評価基準があるでしょうけれど。

だけど、商売をしている場合。
損益計算書が通知表です。
もちろん貸借対照表も。

つまり、数字から目を背けてはいけない。
どんなに偉そうなことを言っても、利益を出せなければ、その年の経営者としての評価はマイナスです。
もちろん、必然的にマイナスになってしまう最良手もあるので、その辺りもきちんと説明する必要があるのですが。

商売をするなら、数字から逃げてはいけない。
売上目標を立てたのなら、それを必ず達成出来るような行動を考え抜かなければならない。
もちろん思ったとおりに全部が進むわけではない。
だから軌道修正も必要。
つまり、ずっと考えては行動の繰り返し。

そうすれば、ほとんど成果は出ます。
なぜか?
ほとんど考えずに生きてる人が多いから。笑
考えるだけで、頭一つ抜けることが出来ますよ。

だけど、いきなりは難しい。
息子が、僕との会話の中でやるべきことに気づけたように。
誰か一緒に考えてくれる人がいるだけで、思考はまとまりやすい。

そんな想いで、今回新しく立ち上げたのが

自灯明

というプログラム。
ぜひ、商売をされている方、人生をより豊かにしたい方、お問い合わせください。
現在モニター価格にて募集中です。
すでに2件が確定しているので、残り8名様です。
一緒に成果を出していきましょう。

こんなことを考えて、今日もマイメロ占いを開いたら、シンクロした。笑
がんばっているなんて、何の言い訳にもならないのだ。

★ App Store (iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1363830115

★ Google Play (Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gl3inc.MymeloFortune

 

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

そうそう。
マイメロディ九星占い、様々なメディアで紹介されてるようです。
「何となく怪しい気がするから、ダウンロードするの躊躇しちゃう」
という方は、一度下記のサイトをご覧ください。

https://apptopi.jp/2018/06/29/mymelody-uranai/

https://app-liv.jp/1363830115/

JITOMYOのロゴ。
妻が作ったのだけど、やっぱりかっこいい。
ロゴってのは、哲学を表現する。
見た目、大事。

台風一過

こんにちは、福岡市中央区大手門の整体&気学サロン「OFFTOOON(オフトン)」の享佑です♪
台風一過。
まだ少し風は強いですが、気持ちよく晴れた福岡です。

さて、今回の台風でも九州では被害が出たようです。
九州豪雨からちょうど一年。
復興の最中のこの台風。。。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

さて、このブログを書き始めたのは午前中だったのですが。。。
メールやら問い合わせやらが重なり、気づけばこんな時間。
お客さんなら良かったんだけど。w

やらなければならないことは多く、時間がどれだけあっても足らないですね。
そういった使命がたくさん落ちているのは、ありがたいことなんでしょう。
ふと、

「今日の運勢、どんなんだったかな?」

と思って、マイメロディ九星占いを開いたら、こんな結果。w
我ながら、よく当たってる。www

まぁ、当たっているかどうかは別として、毎日を生きるヒントとして活用いただければ嬉しいです。
以下からダウンロード出来ますので、ぜひお願いします。

★ App Store (iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1363830115

★ Google Play (Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gl3inc.MymeloFortune

今回は、大衆向けアプリということで「占い」とつけられていますが。
実際は九星気学は一般的な占いとはちょっと違う指向性をもっているんですね。
やはり気学で語られるのは、壮大な宇宙観であって、個人の生活のみに焦点をあてているものではないというのが大きいです。
だから、マイメロディ九星占いをダウンロードして見ていただければ分かっていただけると思いますけど。

「こうなります!!」

とかじゃなくて、

「こういう事態が考えられるから、こう対処してはどうですか?」

というニュアンスを大切にしています。
だいたい、生まれた日で人生の結果が決まってはたまらないでしょう。
でも、生まれた日で、そのときの世の中の気の構造が人にも影響を与えるのは間違いない。
だから、結果は決まらないけど、原因は確定する。

そういった生まれ持った気質というものをどのように活かすか?が大切なんだと思います。
僕だって、生まれはそんなに良くない。
いわゆる生まれながらの強運体質なんかではないわけですけど。

それでもこうして、多くの方に自分の鑑定を評価いただけるところまでは来ました。
これは、自分というものを見つめ、一方でゴールを見つめ。
その間にあるギャップというものを一生懸命埋めていった結果なのだと思います。

もちろん、僕一人ではここまで歩むことは出来ませんでした。
多くの人に生かされ、こうして歩むことが出来ている。
だけど、応援していただくには、自分が精一杯生きる必要がありますね。

まだまだ道半ばです。
これからも精一杯がんばりますので、応援お願いします。

それにしても、空が綺麗だ。
一番好きなのは秋の空だけど。
この時期の空も青が濃くて良い。

今日も大きな空に包まれている。
人間関係ではガタガタとすることも多い。
思ったように事態が動かないことも多いし、つまらないことで心を揺さぶられることも多い。
そんなときは、空を眺めるのが良い。

空は色々な風景を見せてくれる。
それこそ昨日なんて、荒々しい表情だった。
休みだったんだけど、店で執筆を進めていたのだけど。
店の前の木の枝がバンバン店の窓に当たって。
本当に割れるかと思いながら見ていたくらいです。

そうかと思えば、今日は穏やかで。
雲の動きものんびりしている。
暑さはともかく、気持ちいい空です。

でも、ですよ。
飛行機に乗ると分かるんですけど。
下から見た空はさまざまだけど、雲を超えてしまえば、それはもう静かで悠然と広がる空がいつもそこにあるんです。
僕はその空が大好きなんですね。

普段は怒ったり微笑んだり。
だけど、その奥にはいつも変わらぬ愛がある。
飛行機に乗ると、いつも母を思い出すんです。
いや、母に会うために飛行機乗ってるんだから、ちょっと変な気がしますけど。
それでも、空は僕にとっては母なんです。

今年から、名古屋での仕事を月一回に変更したので、母に会うのも半分になりました。
福岡においでと言っても、いつも首を縦にふることはありません。笑
まぁ、遠くない将来、一緒に住む可能性もなきにしもあらずと僕は思っているんですけど。

誰でも、心にそんな空をもっていると思う。
フランクルは「夜と霧」の中で、生きる意味こそが生きる源泉だと説いた。
そして、その生きる意味は自分自身で見つけるしかないとも述べている。
さらに「苦しみは真実への案内役だ」とも言っている。

苦しいとき、思ったようにいかないとき。
誰だっていっぱいありますよね。
僕も最近、やっとウォーキングを始めたのですが。
すぐに痩せるだろうとタカをくくっていたのに、全然痩せなくてまいってます。

自分の体でさえ、思い通りにならない。
だとしたら、他人なんてもっと思い通りにならない。
だから、商売をしていたら、迷い・悩み・苦しみの連続なんです。

でも、それはフランクルによれば、真実への案内役なんだって。
だから、僕は悩んだときに、

「ここから人生はどんな真実を見せてくれるのだろう?」

って考えます。
なかなか真実なんて見えてこないですけどね。
本当、この世はわかんないことばっかだ。

W杯で日本がベルギーに敗退しました。
惜しかった。
本当に惜しかったです。

内容のうんぬんは僕はサッカーの素人だから分かりませんけど。
日本の選手は泣いていました。
あれだけの接戦だから、当然でしょう。

でも、彼らにとってもこの苦しみが真実の案内役なのだと思う。
西野監督も、昔食らった批判をバネにしてここまで来たとか言ってた。
日本代表のみなさんも、この苦しみの先に、自分の生きる意味を探すことになるんでしょうね。
ロシアは今日、晴れているんだろうか?
僕も彼らも、同じ空の下に生きている。
それでも、それぞれの目に映る空は全く違ったものだろう。
どうか、彼らの見つめる先にある空が光り輝いていますように。
そして、そのさらに向こう側には、みんなを優しく見守るそれぞれの大空が広がっているはず。

さて、執筆しよ。

ご予約はこちらから〜!!

btn_yoyaku1

LINE@で毎月の運勢が読めますよ〜!!

下のボタンから友達に追加していただき、ご自身の本命星をトークで送信してみてくださいね〜!!

(ご自身の本命星がわからない方はコチラから確認ください)

友だち追加数

そうそう。
マイメロディ九星占い、様々なメディアで紹介されてるようです。
「何となく怪しい気がするから、ダウンロードするの躊躇しちゃう」
という方は、一度下記のサイトをご覧ください。

https://apptopi.jp/2018/06/29/mymelody-uranai/

https://app-liv.jp/1363830115/

1 2 3 4 5 40