2019/12/1より【オフトンはり灸院】としてリニューアルしました

土用と和ぴ世の話

こんばんは。

 

 

今日はいいお天気の一日でしたね。

お布団を干してくればよかった!!

 

最近は雨模様が続き、いつ雨が降るか分からないから、すぐに取り込めない時はなかなか干せません。

 

明日からまたしばらくお天気が崩れる予報です。

風が強くないといいのですが。

 

 

 

 

 

さて、1/18より最後の土用に入りました。

 

一年で一番威力が強いのが、この冬から春にかけての土用だそうです。

 

 

早速当院でも土用の威力を感じまくっております。

電子レンジが壊れたり、和ピーのスマホの画面が割れたり、その他諸々。

 

まあ、物が壊れるくらいならいいのですが、体調も崩しやすいこの季節。

体調不良に伴いメンタルもやられやすいので、できるだけ土用の影響を受けたくないものです。

 

 

なので、享佑先生に聞いてみたのですが

 

東門『土用の影響ってみんな受けるんですか?』

享佑『受けるねー。特に土星の人と天数系の人たちは影響を受けるんだよね。つまり、我々だね!!!』

東門『じゃあどう乗り越えたらいいですか?』

享佑『土用の影響を受けにくいのが1,4,7の人だから、その人たちみたいに優しさを心に抱くことと、何とかなる大丈夫〜みたいな、背中を誰かに預けるように過ごすことかな。あと、判断を誤りやすいから決断することは避けるべき』

東門『そうなんですか』

享佑『干支が地中に埋まってる状況だからね。衛気がないのと同じなのよ。だからダイレクトにダメージを受けてどよーんってなる』

 

 

 

 

 

 

なんですって

 

 

 

 

 

と、なると、衛気をしっかり作れば土用の影響を受けてどよーんとならない   のか?

 

 

 

 

前回のブログで衛気について書いたばかりではないか、、、

 

衛気を更に強めるには、、、

 

 

 

 

呼吸をしっかりするくらいしか思い浮かばない。

 

肺気を強めるために。

 

 

 

 

呼吸をしっかりとするためには、

 

 

 

 

 

 

 

そうだ。

カラオケに行こう。

 

 

 

 

 

歌を歌うためには、必然的に呼吸をしなければなりません。

大自然の中で深く呼吸をするのが一番ですか、そもそも私たちは呼吸をするのが下手です。

なので、強制的に呼吸をすることになる、運動や声を出すことをお勧めしています。

 

お腹からしっかりと声を出すには、お歌を歌うのがいいですね。

選曲は任せます。

 

 

 

私は今、手のひらを太陽にを歌ってみました。

うちの犬がひいていました。

 

 

 

 

 

あとは、、、

どよーんとならないように、嫌な事柄を追わないことですかね。

追うとやはりその事象を獲得してしまうことになるので。

すぐ忘れて、違うことに意識を向けるのがいいかと思います。

 

 

早く寝ましょう。

 

 

 

 

 

あるいは、和ピーに足つぼをしてもらって、絶叫するのもいいかもしれません。

今日も、とても痛かったです。

 

足つぼの施術をし出すと、急に生き生きしだす山本先生は、本当にこのお仕事が好きなのが分かります。

伊達に足つぼ伝道師を名乗っていませんね。

 

 

ちなみに、和ぴーは割れたスマホの画面を見て、だんだんカッコよく見えて気に入ってきた、と言っていました。

独特の価値観すぎて、凡人の私には理解ができませんでした。

 

 

 

 

 

写真は全く関係のない、この間の満月の前の日です。

iPhoneで月を撮るのはなかなか難しいですね。

 

 

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

東門 沙希依

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です