新型コロナウイルスに伴う感染拡大防止の対策と営業に関するお知らせ

タケノコとチンピラの話

こんばんは。

 

 

 

本日は福岡県より不要不急の外出自粛要請があったため、既にご予約をいただいいた、急を要する患者様のご予約のみをお受けさせていただき、午後は休診とさせていただきました。

 

自分たちが感染しないこともそうですが、無症候キャリアとなり拡散しないためにも、今は仕方がないかなと思います。

 

 

しかしながら、出勤する途中には早朝より高齢者達が集ってゲートボールをしていたり、お昼には某有名パスタ屋さんの前にはいつもと変わらぬ長蛇の列が出来ていたりと、みんなもしかして自粛要請が出ているのを知らないのかな?という感じでした。

田舎みたいに町役場の放送みたいなのが必要なのではなかろうか、、、と危機感を覚えました。

 

 

オープントップバスも絶賛稼働中でしたし、たしかに密室では無いにしても、外出自粛要請を出すのなら止めたらいいのになんて思ったけれど。

 

それくらいのゆるい対応で大丈夫と踏まれているのでしょうね。

 

 

 

 

 

午後からお家にこもることになったので、草取りの続きと、タケノコを調理することにしました。

実はタケノコを皮から調理するのは初めてでして、まずタケノコのビジュアルにびっくり。

 

 

めちゃくちゃロックな見た目ですね。

 

 

トゲトゲが生えてるわ

ハラコみたいな質感の皮だわ

下には紫色のびょうがうってあるわ、、、

おまけにアクを抜かないと食べられないとか、食べられたくない気満々ですね。

 

 

それが、ゆがいてアクを抜いて皮を剥ぐと、柔らかくて美味しい中身が現れるなんてたまりません。

 

 

 

うちではタケノコは、いつもこんにゃくと豚こま一緒にお味噌で炊く感じだったので、やっぱりそれを再現したくなりますよね。

 

はてさて、美味しくできるのか。

今冷ましているところなので、ワクワクです。

 

 

 

 

タケノコを剥きながら、衛気についてぼんやり考えました。

 

定期的にご来院いただく患者さまから、今日はいつもより痛く感じるとか、いつもより痛くないとかいろいろと感じ方をご質問いただくことがあります。

 

これはその時の体調によるものです。

 

 

体調が悪い時は、その悪い部分を治す為に気が使われます。

元々気がたっぷりあれば、そこに気を使われてもあまり影響はありませんが、気を消耗していると、生命維持にはそこまで関係のない衛気が薄くなります。

そうすると、外からの刺激をよりダイレクトに受けるようになります。

なので、いつもと変わらぬ刺激も痛く感じるのです。

 

 

よく、映画なんかで、チンピラみたいな人が向こうから来る相手と肩と肩がぶつかって、『痛ぇじゃねーかコラ』と因縁をつけるシーンがありますね。

あの人たちは、衛気が薄くなってしまっているので、ぶつかったら本当に痛いらしいんですね。

 

痛いので怒っているのです。

 

さながら、タケノコの柔らかい中身が剥き出しになっているのと同じです。

 

普通なら肩がぶつかるくらいなんてことないのですが、彼らは護ってくれるバリア的な衛気がめちゃくちゃ薄いので、すごく痛く感じている。

不規則な生活や、ストレスフルな環境が彼らの気を消耗させているのでしょう。

だから、心から安心できる環境で生活すれば、ストレスにより激しく気を消耗することはありませんし、健康的な生活を送ることができれば自然と気が増え、楽になります。

あのように、強ぶる必要がなくなるのです。

自分を守ってくれるバリアのようなものがなければ、自分自身が強く見せることで自衛をしなければなりませんからね。

 

あの人たちにとっては、あれは必死の自己防衛の手段なのです。

 

 

だから、チンピラでなくても、触れるもの全て傷つけるような攻撃的な人がいたら、優しくしてあげてくださいね。

安心することができたら、タケノコの皮のように、少し衛気が張れるようになるので、その相手の雰囲気が変わってくるはずです。

 

相手は必死なんですよ。

なんせあのやわやわな可食部が剥き出しなんです。

 

こちらの方が余裕がありますので、是非安心させてあげましょう。

 

 

心休まる環境で、心に良いことをすること

衛気をしっかり張る、つまり免疫力を上げる為のコツです^_^

 

 

ちなみに、分かっているのに悪習を繰り返すことは、心の消耗に繋がるので衛気が薄まりますよ。

例えば、ダメと分かっているのにゴミをポイ捨てする、とか。

自粛と言われているのに、集まってお花見するとか。

どうでもいい見栄を張るとか。嘘をつくとか。

 

良心を咎める事柄はしない方がいいと私は思います。

 

道徳的に未成熟で、善悪の区別がつかないのなら仕方がありませんが、それは大人としては恥ずべきことですね。

お子さんたちの方が意外と道徳的には上かもしれません笑

 

 

 

さて、明日はどんな一日になるでしょうか。

無事に生きて日常を送れることに感謝し、今日を終えたいと思います。

 

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

東門 沙希依