新型コロナウイルスに伴う感染拡大防止の対策と営業に関するお知らせ

ヒスイカズラと奇想天外の話

こんにちは。

 

 

 

風が気持ちがいい水曜日です。

今日は調子の良い方が多そうですね。

 

 

潮干狩りが捗る季節。

私は潮干狩りはしませんが、帰ってあさりの佃煮を作ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

先日、午後に少し時間があったので、大胆に仕事を中抜けして、5/19より開園している福岡市動植物園に行ってきました。

 

 

なぜなら、ヒスイカズラが見頃だからです!

 

 

 

すごい色ですよね。

こういう翡翠色の植物は、ヒスイカズラだけなんだそうです。

 

福岡市植物園の温室に咲いています。

 

 

こちらの温室はなかなかの充実っぷりで、一日中過ごしても飽きません。

 

特に、サボテンエリアが個人的には推しエリアです。

 

 

“奇想天外“という世界三大珍種と呼ばれる不思議な草があります。

 

生涯で2枚しか葉をつけない植物で、地面の温度が70度ほどになるナミビ砂漠で2000年くらい生きるそうですよ。

 

 

 

なんともスケールが大きいですね!

 

 

 

 

まだ来園者もまばらな感じだったので、ゆっくりと観てまわることができます。

動物園の方はちびっこ達がまあまあいましたが、いつもと比べるとだいぶ少なかったです。

 

 

 

 

園内を歩くのはなかなか骨が折れますから、本格的に暑くなって歩くのがしんどくなる前の、今の時期がちょうどいいかもしれませんね。

 

ちなみに、動物達は夏バテしますので、暑くなると活動性が低下するそうです。

そういったことを加味しても、今の時期の方が良さそうです笑

 

 

 

休園中暇をしていたのか、動物達が寄ってきてくれるので、写真撮り放題ですよ!

 

綺麗なオスのクジャクがいたので、ずっと見つめていたら、彼も暇だったのか羽根を広げて見せてくれました。

クジャクさん、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市動植物園は、大人600円の入場料で両方まわれるという、とてもお財布に優しいスポットになっております。

赤坂からであれば、バスで10分程度で着きました!

意外と近いですね♪

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

東門 沙希依